体幹トレーニング まず体幹を「ゆるめる」 体幹をゆるめる簡単なワーク | 腰痛&肩こりを根本より改善させます!西新宿おくがわ整体院blog 新宿 西新宿 中野 渋谷
2018-05-17 01:31:13

体幹トレーニング まず体幹を「ゆるめる」 体幹をゆるめる簡単なワーク

テーマ:TOP

こんにちは

 

院長の奥川です。

 

当院では体幹トレーニングも教えています。

私は数年前まで体幹トレーニングを普及する協会

日本コアコンディショニング協会のマスタートレーナーの資格を保持し

なおかつ、トレーナーを育てる講師のお仕事もしてましたので

 

一応整体や筋トレ以外にも体幹トレーニングもそこそこ(?)教えることが出来ます。

 

厳密には世間一般で言われている体幹トレーニングというのと、私の所属してます日本コアコンディショニング協会が普及している「コアコンディショニング」は違うものなのかもしれませんが…

 

元々はそれらのルーツは腰や骨盤帯の外傷後のリハビリから産まれていますので

やっている事の科学的な理論背景は大体同じなのです。

 

名前に捉われるのって余り良くないですが、本当は背景にある原理・原則が大切であると知っていても

人はそんな傾向がありますよね^^;

 

話が少し脱線しましたが

 

日本コアコンディショニング協会ではコアコンディショニングを進めていく時に

3つの段階があると考えまています。

 

①コアリラクゼーション

②コアスタビライゼーション

③コアコーディネーション

https://coreconditioning.jimdo.com/#4

 

上記のリンクにて詳しく説明されていますので、詳細はそちらでご確認ください。

 

英語が苦手な方向けに超意訳しますと

①体幹を「ゆるめる」

②体幹を「締める」

③体幹の「協調性を高め、動けるようにする」

 

といった所ではないか?と思います。

 

まず、ゆるめるというのが大切なのですが

 

これが結構手ごわい^^;

 

古今東西「ゆるめる」ことが身体操作の奥義だとおっしゃる方が多いですが

本当に身体をゆるめることは難しい

 

幸運にも私は数名世界でもトップレベルのアスリートの身体をケアしたことがありますが

みなさん「ゆるめる」のが上手でした

 

筋肉を最大限に「ゆるめる」ところから、最大限に「固める」事で爆発的な力を発揮するのでしょうね…きっと

 

とはいえ、私達のような凡人には

そもそも、ゆるめようと思うとかえってゆるまないという部分もあります

その辺は文章で説明するだけでは分かりにくいので

 

気になる方は当院にお越し頂ければ体感を通じて説明致しますが…

 

そんな、本当にゆるんでいる方たちを見ると良く分かります。

ゆるめる事が身体操作の極意の一つだと

 

しかし、人間のゆるみ方はトップアスリートでも彼らと比べればまだまだ赤子のようなものなのです

 

彼ら?それは誰でしょう

 

それは猫です!

 

彼らこそ「ゆるみ」マスターと言っても過言ではない!(?)

なぜって?

時々猫が何かにぶら下がっている様子を見たことがないですか?

異常に身体が伸びてますよね

 

例えば、こんな感じ

 

倍くらいの長さになっていますし

ガラケーよりぴったり折り重なっています

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

日本コアコンディショニング協会ではストレッチポール®を使っての体幹をゆるめるエクササイズとして

「ベーシックセブン」というエクササイズを推奨しております。

 

 

 

これはめちゃめちゃゆるみますし

骨の配列も整いますし

気持ち良いし

良い事づくめなのですが…道具がいります^^;

しかも結構高いです^^;

 

そこで、今回は特に道具も使わず、どこでも出来る簡単な体幹をゆるめるワークを紹介します。

 

腰くらいの高さのイスかスツールを使います。

 

早速道具使ってるじゃねぇか!と突っ込みが入りそうですが

もたれかれるものなら何でもよいです。

 

座面のところに体幹のお腹のあたりが丁度あたるように

うつ伏せにもたれかかります。

あとはゆっくりと呼吸を繰り返してください。

 

息を吐く時に

 

頭蓋骨と腕と太ももが飴細工のように地面に向かって伸びていくイメージを持つと

よくゆるみます!

 

もしくは猫さまのぶら下がっているイメージでも結構です

 

ビフォー&アフターで身体の動きを確認すると効果が良く分かりますよ!

 

<注意点>

腰や首が今時点で痛みがある方は止めてくださいね

今時点でどこも痛くないという方は試してみてください

でも、違和感が出てきたらすぐに中断してください。

 

エクササイズの実践は自己責任でお願い致します。

 

 

肩こり・腰痛改善請負人 奥川洋二さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス