正しい姿勢?のチェック法~ほんのちょっと細かいバージョン~ | 腰痛&肩こりを根本より改善させます!西新宿おくがわ整体院blog 新宿 西新宿 中野 渋谷
2012-06-18 18:41:10

正しい姿勢?のチェック法~ほんのちょっと細かいバージョン~

テーマ:姿勢
こんにちは、奥川です

以前に「正しい姿勢のチェック法~簡単バージョン~」という記事をアップしましたが

それより、ほんの少し細かい方法を取り上げてみたいと思います。

なぜか?と言いますと、簡単バージョンでは


上の写真の様に骨盤を後ろに傾けて、腰の隙間をなくそうとする
間違った姿勢の矯正法をする方が多いからです。

$西新宿 おくがわ整体院blog-矢状後傾

骨盤を後ろに傾けると確かに腰と壁の間の隙間はせまくなりますが
骨盤に合わせて、背筋が丸まり「猫背」になり易くなってしまいます。

骨盤を後ろに倒す事自体は悪い事ではないのですが、骨盤の角度にも正しい角度と言う物がありまして、その角度より後ろに倒す事はあまり望ましくありません。

さて、その骨盤の角度のチェック方法ですが

股関節の少し上の辺り、骨盤の先端の出っ張り部分(ズボンをこし履きした時に引っ掛かる所)

「上前腸骨棘」と言います

そして、みぞおちからお腹の真ん中腹筋をず~っと下に下っていくと骨の盛り上がった部分に当たると思います。
そこを「恥骨」または「恥骨結合」と言います。

左右の上前腸骨棘と恥骨結合を結んだ三角形を「ペルビックトライアングル」といい
この三角形が立位では、垂直面上に並ぶのが正しい骨盤の位置と言われています。

$西新宿 おくがわ整体院blog-ニュートラル


この三角形が斜め前に傾いていると、骨盤は「前傾」傾向にあります

$西新宿 おくがわ整体院blog-前傾
この三角形が斜め後ろに傾いていると、骨盤は「後傾」傾向にあると言えます。

$西新宿 おくがわ整体院blog-後傾

この三角形が垂直面にあり、なお且つ腰の隙間が手のひら一枚分だと身体に負担の少ない良い姿勢だと言えると思います。

$西新宿 おくがわ整体院blog-矢状ニュートラル

ちなみに専門家はこのほかにも「胸骨柄の高さ」「肋骨の高さ」「首の湾曲の高さ」などなど、もっと細かくチェックするのですよ!

「専門的にチェックして欲しい!」「姿勢改善方法を知りたい!」と言う方は当院でも構いませんし日本コアコンディショニング協会の認定マスタートレーナーでしたら、皆さん細かくチェック出来るので宜しければお住まいの近くのマスタートレーナーにコンタクトを取ってみてくださいね^^

(お住まいの近くのマスタートレーナーをお探しの方はJCCAの事務局にお問い合わせ頂くか→こちら またはお住まいの近くの体験会に足を運んでみてください→こちら

*私も一応マスタートレーナーですよ~(^-^)コンタクトは↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おくがわ整体院 HP
http://www.okugawaseitai.com/

施術に関するご予約・お問い合わせは

おくがわ整体院 完全予約制
TEL 03-6805-9343

施術予約フォーム

営業時間 月~土 10時~22時30分(最終受付21時)
*午前中の施術予約は前日までにお願い致します
休診日 日曜・祝日

〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-3 ハイブリッジビル2A

肩こり・腰痛改善請負人 奥川洋二さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ