ポルシェ 930 最終型 車高調整 | オクヤマエンジニアリング 整備ブログ

ポルシェ 930 最終型 車高調整

こちらはブレーキO/Hと、ダンパー交換、車高調整で入庫のポルシェ 930 最終型です目

いつ見てもこのシルエットがたまらないですねアップ

しかもボディもリペイントしているのでピカピカですNEW

 

 

 

 

 

早速作業していきますレンチブレーキの効きが悪いため、確認してみると、ピストンの動きが悪いため、O/Hしていきます目

 

 

 

 

 

 

こちらが外したブレーキキャリパーですひらめき電球このキャリパーは対向2ポットなので作業には通常よりも少し時間がかかりますねレンチ

 

 

 

 

シリンダー内も綺麗に洗浄して、

 

 

 

 

 

ピストンも新品に交換させていただきましたNEW

 

 

 

 

 

 

 

次に前後のダンパー交換をしていきます目

 

 

 

 

 

早速外した画像です笑い泣き

 

 

 

 

今回はこの純正シェルケースをそのまま使います目

 

 

 

 

純正ダンパーはシェルケース自体がオイルケースになっているのでオイルを抜き取った後に綺麗に洗浄します目

下の画像が純正ピストンですビックリマーク

 

 

 

 

 

 

そして純正シェルケースに社外のダンパーカートリッジをスポッと入れて固定しますレンチ

 

 

 

 

 

シリンダー径が全然違いますね目

かなり剛性が上がりそうですねキラキラ

 

 

 

次はリアのダンパー交換ですレンチ

 

 

 

 

こちらは純正と形状は同じですが、タンパーの全長が変わりますね目

 

 

 

 

 

 

次にトーションバーの交換ですレンチ最近はコイルスプリングやエアサスの車が多いので何だか新鮮ですひらめき電球

 

 

 

 

 

 

 

今回、レートアップバージョンのトーションバーになるので、

まず普通に組んで1G状態にしてからフェンダーハイトを測定します目下の赤丸の部分である程度の車高調整はできますが、調整の範囲内を超えてしまう場合、もう一度トーションバーを外してカムをずらした状態で取り付け直して再度車高調整です滝汗

 

 

 

 

 

 

 

 

この作業を前後とも行ったのでなかなか大変な作業でしたあせるリアの画像が無くて申し訳ありませんガーン

 

この作業を考えると、今どきの車の車高調整は車高調付けたらほんと簡単ですよね笑い泣き

 

後はオーナー様と相談しながらお好みの車高に調整して無事に作業終了です爆  笑

 

 

 

 

こちらはライト点灯不良で入庫のローバー ディフェンダーですひらめき電球迫力あるボディサイズとデザインですね目

 

 

 

 

 

早速確認していきますレンチおそらくライトが点かないのだとすればライトスイッチが疑わしいですねキョロキョロ

 

 

 

 

こちらがライトスイッチですひらめき電球間違いなくライトスイッチの不良なのか確認するため、配線図とにらめっこです目うーん細かいあせる

 

 

 

確認の結果ライトスイッチの不良で間違いなかったため、交換させていただくことになりましたNEW

 

 

 

 

こちらが外したライトスイッチです目

 

 

 

 

 

こちらが新旧スイッチですひらめき電球交換後、点灯チェックをして無事に作業終了ですキラキラ

 

 

 

 

 

 

こちらは走行中異音で入庫のフォルクスワーゲン ゴルフ5

R32です目

 

 

 

 

本当に凄い音がするので早速リフトアップして確認してみると、、、、、、、

右リアのハブベアリングがガッタガタで異音が発生していました滝汗

 

これはもう交換するしかないのでナックルを外していきますレンチ

 

 

 

 

こちらが外したハブベアリングです。相当なガタガタ具合でしたあせる恐ろしいガーン

 

 

 

 

 

そしてこちらが新品のハブベアリングです。なんてピカピカなんでしょうNEW

 

 

 

 

 

ハブベアリングの取り付けボルトもサビサビだったため新品に交換させていただきますひらめき電球

 

 

 

 

 

後はバックプレート等を取り付けて、

 

 

 

車両に取り付けて、異音がしっかり消えているか試乗して作業終了ですキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはSRSチェックランプ点灯で入庫のBMWミニですキョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

 

早速テスター診断機MaxiSys(マキシシス)で故障コードを確認していきます。

診断の結果シートベルトバックルの故障ということだったためバックルの交換をしていきますレンチ

スペース的にシートを外さないと交換できないため外していきますキョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが新旧のシートベルトバックルですキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり元通りに車両に取り付けて、テスター診断機MaxiSys(マキシシス)でコードリセットをしたら無事に作業完了ですひらめき電球

 

 

 

 

こちらはATF漏れで入庫のフォルクスワーゲン トゥーランですキョロキョロ

 

 

 

 

すぐにリフトアップして確認してします。

 

 

 

 

これは明らかにATFのオイルパンパッキンからのオイル漏れでしたあせる

 

 

 

 

パッキンの交換が必要なのですぐにオイルパンを外していきますレンチ

 

 

 

 

せっかく外したのでオイルストレーナーも綺麗に洗浄しますキラキラ

 

 

 

 

もちろんオイルパンも綺麗に洗浄しましたNEW

 

 

 

 

あとはしっかり組み付けていき、完全暖気後にオイル漏れがないか確認して無事に作業完了です爆  笑

 

 

 

 

 

 

今回もたくさんのご来店ありがとうございましたひらめき電球

 

 

 

オクヤマエンジニアリングのホームページはこちら!!!!