以前予告した患者さま満足度アップのための、


投資第6弾を発表いたしますドキドキ


口腔内3Dスキャナー『iTeroエレメント5D』ですビックリマーク

  超最先端ラブラブ!


凄すぎて興奮が止まりませんドキドキ


なにが凄いかっていうと、まずかっこいいビックリマーク


見るからに最先端風の佇まいです


それはさておき、本当に凄いのはここから。


この最先端スキャナーで何ができるかというと、


①光学印象

従来は歯の型取りをする際、シリコンや粘土のような材料を使用していましたが、これが結構苦しいあせる

↓従来のシリコンで取った私の歯型。

iTero5Dを導入したことにより、お口の中をスキャンするだけで立体的な歯の形状をデータで記録できます。

現在は保険適用外ですが、データから被せものなどを製作することが可能です。


②近赤外線画像による虫歯のチェック

従来の方法では見つかりにくかった歯と歯の間や歯の内部で広がった虫歯を、簡単にチェックすることが可能です。

太陽光に含まれる光のため、被曝がなく安全に使用することができますビックリマーク


実際、ひろや先生が、見た目正常、レントゲンでもはっきりしなかった虫歯が見つかりました

盛り上がるスタッフたちと落ち込むひろや先生。笑



③口腔内カラー写真の撮影

内蔵の口腔内カメラにより、スキャンと同時に口腔内カラー写真を撮影し記録することが可能です。

歯ぐきの状態や歯石の有無などをモニターで確認できます。


④時間の経過による歯や歯ぐきの変化の比較

定期的に記録することで、どの程度歯肉が退縮したのか、どれだけ歯がすり減ったのかなどを比較することが可能です。


⑤噛み合わせの状態の記録と比較

咬合クリアランスツールにより、歯のどの部分が噛み合っているのかを分析、記録することが可能です。

定期的に記録することで、歯のすり減りによる噛み合わせの変化などを確認できます。


⑥矯正治療のシュミレーション機能とマウスピースによる矯正治療

読み取ったデータを元に、マウスピース型矯正装置による歯並び矯正の治療予測ができます。

矯正治療によりご自分の歯並びがどのように変化するのかのシュミレーション、治療計画、矯正用マウスピースの作成までの一連の作業が可能です。



以上の様々な機能があるので、


定期クリーニング時にうまく活用することで、


皆さまのお口の健康をより高いレベルで管理していけるようになると思いますドキドキ



後日ひろや先生の虫歯を治療しました。


スタッフにもiTeroの近赤外線画像で虫歯が見つかったので、


近々スタッフたちの虫歯の治療もしたいと思いますあせる


現在、苦痛を与えず素早くスキャンできるように毎日練習しておりますので、


定期クリーニングで使用できるようになるまでもう少しお待ちくださいませドキドキ


これまでの設備投資もご覧ください↓

副院長nobuko