第1章 OSの動作条件とハードウェアの準備(四) | windows8.1のkey

テーマ:
メモリ増設の最大容量を確かめる
 メモリの最大容量はPCの種類によって異なり、いくらでも増設できるわけではない。最大容量は、以下の仕様などによって決まってくる。
●メモリ増設スロットの有無や数
●チップセットの仕様
●BIOSやそのPCの仕様
 装着できるメモリの規格は「DDR3-1600 SODIMM」などとさかれており、DDR3-1600というメモリの規格、SODIMMといった形状の規格に分かれている。基本的には規格や形状が合致していれば問題ないが、派生したメモリの電圧に違いがあったり、一部に小M版といった特殊なものを要求するPCがあったりするほか、最大容ほにも注意しなければならず「これだけを考慮しておけば絶対である」とは言えない。
 最も確実なのは、大手メーカー製のPCに大手メーカー製のメモリを組み合わせる場合で、対応表に従って指定されたものを購入し増設するのが一番安全だ。
 ただし、Windows 8.1 ダウンロード版 登場時点の主流のメモリの規格は「DDR3」だが、以前の規格、例えば「DDR2」といった場合は、容量に対して価格が割高だったりするので、トータルコストをよく考慮してメモリ増設を検討したほうがよい。





関連記事:

okofficekeyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。