[メンタル]思ってみたことのない道が、まだまだある | 15分早く帰れる!【オフィス仕事術】

15分早く帰れる!【オフィス仕事術】

仕事悩みに即効のヒント満載。効率よい仕事の進め方は? 机周りの片づけと整理整頓のコツとは? 使える職場の人間関係対処法は? 楽な仕事術で自分の時間が増える増える!

【働くためのTips】へようこそ! →目次


調べてみると、2003年に佐川急便とヤマト運輸が上海での宅配事業宅配に乗り出しています。


当時はテレビテレビでその経緯やルポが放映されていて、何度か目にしました。その中で印象に残っている出来事が1つ。


どちらの会社かは忘れてしまったのですが、上海での顧客を掴むために現地の物流会社や大口の配送を必要とする企業の責任者を集めて、説明会を開いていました。


中国にない新しいサービスで、いかに早くて便利か。このためにいかに効率的なシステムを組んでいるのか。人員をどう配置してそれを可能にしているのか。


日本側は半分社運をかけるような気持ちで、熱くメラメラ説明。


一通りの説明が終わった後、質疑応答の時間になりました。中国側の一人が手を挙げて質問。


なぜ翌日に配達しなければいけないんですか?


…日本側絶句。


乗り込む方はそれが当たり前で、世界中でそのサービスが享受できるように身を削って現地で準備を進めてきたのですが。


よく考えてみれば、「届くなら別に3日後でも5日後でも構わない」という考え方や文化も存在します。


文化や考え方は、今まで自分がいた環境や周囲の人、社会の影響を色濃く受け継いでいるもの。逆に言えば、そこを離れてみるとまだまだ想像したことのない考え方や文化もあるわけです。


今、悩みがあって「出口がどこにもない!」と思っていても、必ず自分の想像外の世界が見えない場所に広がっています。そこに行けば何かがあるかもしれません。


外に出るのがしんどいときもありますが、自分の頭の中では必ず限界があります。きっかけや方法は何でもよいので外に出て、違う人や文化の知恵を借りると楽になりますよ。


自分はこの番組を見ていて「世界って広いんだな…おー」と思いました。留学をしてみよう、と背中を押してくれた小さなきっかけでもあります。