[人間関係]「頑張れ」以外の、チカラが出る一言 | 15分早く帰れる!【オフィス仕事術】

15分早く帰れる!【オフィス仕事術】

仕事悩みに即効のヒント満載。効率よい仕事の進め方は? 机周りの片づけと整理整頓のコツとは? 使える職場の人間関係対処法は? 楽な仕事術で自分の時間が増える増える!

【働くためのTips】へようこそ! →目次

よく言われるのが「頑張って」を言い過ぎては逆効果あせるということ。もう頑張り切ってヘトヘトの人には、重荷になってしまいます。ついつい使ってしまう。


でも逆に、「もうチカラなんて出ないしょぼん」と思っているときに、ある一言があっただけで背中を押されて楽になるときがあります。


学生時代に塾に通っている本とき、成績が止まってしまってどうしようもない時期がありました。どうすればいいのかわからない。


そのときに先生がかけてくれた言葉。

Okamuraさんがこんなことで間違えるなんて、珍しいね


…意味をいろいろ含んでいます。「期待しているよ」とか、「君はもっと上をめざせるんだよアップ」とか。「頑張れ」の励ましも混ざっている。


まっすぐそれを言わないけれど、「そう思っている人がここに一人いますよ」ということをさりげなく伝えてくれた一言でした。


いてくれることがわかっただけで、チカラになります。こういう言葉を人にかけられるようになりたい、とも思いました。


マネーの虎で有名なこの方が受けた一言も、深いですよ。