後書きですが、3年間こじらせ続けたオタクが気持ち悪いこと喋ってるだけなので読まないほうが良いです。なにより、何言ってるかを理解できる人は恐らく僕だけです。

ではどうぞ↓



初めて推しに会ったのは3年前の夏コミ(C90)。

3月にTwitterで挨拶を交わしてから、とても楽しみにしていました。

紆余曲折あり、2018WF冬を最後に一年が開いてしまった今年の3月、ふと思い立って大洗へ行こうと思いました。(for you)

自力で大洗へ行ったのは、これが2回目でした。

それから6月、9月、そして今回と、大体3ヶ月に一度のペースで通いました。
正直言って、交通費に宿泊費、なによりお店で飲み食いする費用はバカにならないんですけど、空いた一年が辛くて仕方なかったので気にはしていません。

これを書いてる今では、一年間、あるいはもっと長い時間推しのお顔を見ることができないのがとにかく辛いです。

通うのは今年だけと決めていたので、遅くても12月(実際には11月でしたが)には終わってしまうことに気持ちの整理をつけられないままです。

まあ、決して二度と行けないというわけではないですが、慣れというのは怖いもので空きの期間が長くなればなるほど気持ちがぐちゃぐちゃになります。ある種の依存症のようなものかも知れませんね。

とはいえ、3年前にやっていればよかったと後悔していたことも片付けましたし、今では新たな友人もできて完全にリスタートできたと思います。

次は、早くても内定が決まったら行くことにします。それまでは、どうあっても我慢。できるかな…?



ではまた。