THREEから秋の紅葉をテーマに発表される、
限定コレクション『WHEN THE LEAVES DANCE』
 
まさに紅葉のごとく、北から南に順次発売ですって。
なんだか素敵。
 
まさに秋を思わせるこっくりカラー。
THREEって色合いが奥深くって自然に印象的になれるのが好き。
 
ネイルも限定で4色。
シャドウグリーンという一見グレーっぽいカラーが他にはない色でとてもとても気になる。
チークも限定で2色出るということでコチラもなかなかよかった。
 
メイクもしていただけたのですが、時間がなく断念。
 
秋の装いのフィンガーフードや
 

素敵なドリンク。
 
最近とあるところでTHREEの方と知り合ったのですが今回再会できたし、さくっとでしたが限定コレクションに触れられた有意義なイベントでした。
 
 
AD

 

10月はピンクリボン月間です。

 

って、ピンクリボンって聞いたことあるけれどどんなもの?

と思っている方も多いかと思います、特に男性ね。

 

ピンクリボンとは、

乳がんの正しい知識を広め、早期受診を推進するキャンペーン。

日本だけでなく、世界規模の試み。

 

乳がんって誰でも罹りうる病気、男性でも罹ります。

恐ろしい病気のイメージがありますが、
早期治療が出来ると90%治るといわれているんですって。

そのためには早期発見が大切!
しかしながらね、日本のがん検診受診率は20%台
先進国の中でも極めて低い実情なんだそう。

知らないまま怖がっているのではなく、
正しい知識をつけてきちんと向き合っていかなくては!と
今年もピンクリボンうつのみや主催の
第4回ピンクリボンセミナーに参加してまいりました。

 

【昨年の記事はコチラ】

>>>第3回 ピンクリボンセミナーへ参加!乳がんを本気で勉強してきた話。

>>>第3回ピンクリボンセミナー後、宇都宮セントラルクリニックを見学。最新鋭!!

 

 

 

【セミナー内容】
第1部 

佐藤俊彦先生(ピンクリボンうつのみや理事長)
「遺伝性乳癌と画像診断」

第2部   

奥野哲治先生(Clinica E.T. EAST 院長)
「標準的でないがんや痛みの治療の最前線」
血管からがんを治す、痛みを治す。

第3部 

若月優先生(自治医科大学 放射線科/中央放射線部 教授)
「乳がん治療における放射線治療の役割」

 

どの先生のお話もとても興味深く勉強になりました。

かなり医学的専門的な話も多く、

医療知識のない私には難しい部分もありましたので、

心に残ったお話をとりとめなく書き残そうと思います。

 

まず、第1部の佐藤先生のテーマは、遺伝性乳癌と画像診断

癌は遺伝するとか、罹患率を見ると一番多い病気なんだから

遺伝云々というより誰でもなりうるとかいろいろ聞きますよね。

 

実は、癌は遺伝するんですって。

 

日本人の乳がん生涯発症リスクは9%。

コレに対し、HBOCの生涯発症リスク推定値は40~90%。

 

HBOCとは、誰もが持っている乳がんや卵巣がんの発症と関連している2種類の遺伝子に生まれつき変異があること。

HBOCだと通常遺伝子の人より罹患率がかなり高いんですって。

 

このHBOCの子どもへの遺伝確率は50%!

 

こういった家系図を作ってみるのも大切と知りました。

 

で、検査なんだけれど、コレだけ受けていれば安心!

というものではなく、どれも得意不得意があるから組み合わせがよいというお話でした。

マンモ+MRIがよさそうだなぁ、と。

理想は年1回!とちょっとハードルは高いですね…

でも、健康には代えられないのでしっかり考えなくては。

 

第2部は奥野先生の

「標準的でないがんや痛みの治療の最前線」
血管からがんを治す、痛みを治す。

 

専門的な解説だったので詳細には触れられません・・・

が、大きくまとめると、

癌そのものではなく、その周りの血管を変えていくことで

治療をしていくという新しい発想の先進医療。

 

標準治療で効果がみられなかったがんにも治療効果があったとか。

技術はどんどん進んでいくのですね。

そういった研究をしている方がいるというのはとても心強い!

 

第3部は「乳がん治療における放射線治療の役割」

よく聞くけれど、実際はどんなものかよくわからない放射線治療。

 

放射線とはなんぞや?というところから詳しく解説いただきました。

 

小説やテレビの影響かかなり誤解されることも多い放射線治療。

患者さんには事前にいろいろ説明するそう。

副作用も原則当てたところから、っていうのは考えてもみなかった!

 

以上、とても身になるセミナーでした。
やっぱり学ぶことって大切ですね。
今回のことをしっかり今後役立てていけるよう考えなくては。

 

>>>ピンクリボンうつのみや

 

AD