ここ数日の朝は、この前過ぎた夏の熱気より、迎える冬の冷気を思い浮かばせるほど、肌寒い。
秋の代表、金木犀が、あわてて芳香を漂わす本日、
車で2時間、佐世保市郊外に位置する物件へ。


スクスク生茂った草たち。


草を1本抜くと、やめられない、止まらない、3時間。


そのあと、びしょ濡れの体で、美味しく弁当を食べる。
ひとり町を眺めながら。


好きな草刈は、
やめられない、止まらない
私です。