沖縄中古車個人売買の仲介389オートサービス

愛車を個人売買し、買う人も売る人も満足価格で誰も損をしないシステム。


テーマ:
こんにちは、沖縄で中古車個人売買の仲介・お手伝いをしている389オートサービスのアグニです。
今回は、「廃車無料引き取り・格安引き取り」の話題です。

私は前回、現状販売・格安中古車の看板がかかったお店から中古車を購入したと紹介しましたが、
それまで乗っていた車の処分もあったわけです。

どのようにしたかといいますと、自分で廃車(永久抹消)にしました。
理由は簡単で、まず下取りではお金にならず、かといって無料で廃車をお願いしてもおいしくないとわかっていたからです。(17年落ち、15万キロ超。不具合多々)


下取りでお金になるようなら手放しませんし、無料で廃車手続きまでやってくれるのは一見ありがたいように思いますが、それは違います。
無料でやってくれるって、そんな虫のいい話あるわけがないです。

実はいま鉄が高騰しているのをご存知でしょうか?オリンピック特需でバブルだからです。
そう、4年に一回、いや、東京で行われるのは50年ぶり?とかいうスパンですから、今だけってことですね。

前回の北京オリンピックの時も、大量の鉄が必要となったため同じような現象が起こりました。

そのためいま金属はどんな状態であれ、お金になるんです。
廃車はその典型的な恰好の獲物!即現金化できるオイシイネタです。
だから業者が「面倒な手続きも無料でやります!」とか、「どんな状態でも高く買い取ります!」と言います。「高く」とは本来ゼロ価値だけど、1万とか2万にしてあげるよってこと。

ちなみにこのクルマ、いくらになったと思いますか?
何と6万円近くになりました!!
自分で廃車手続きするには、引き取り業者に持ち込む作業と後日陸運事務所での永久抹消手続きというめんどくさいことをしなければなりませんが、それでも数万円が入ってくることを考えれば人任せにするのは、もったいないことだと思いませんか?

不動車でキャリアカーなどでないと移動させられない状態なら仕方ないですが、自走できるとか牽引すればどうにかなるレベルなら、自力でやることをお勧めします。
素人でも丁寧に教えてくれますので、もしそういった機会が訪れたならチャレンジしてみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、沖縄で中古車個人売買の仲介・お手伝いをしている389オートサービスのアグニです。

今回は、最近よく目にする「現状販売車」や「格安中古車」の話題です。

 

元々中古車を求める最大の理由はズバリ「安いから」

その中でも「格安」という言葉にはかなりの集客効果があります。

クルマを安く買いたければ、ヤフオクや個人売買だと実現しますが、やはり個人で購入するとなるといくらか不安はぬぐえないものです。

しかし一般の中古車店だと、どうしても「安い」という実感が得られない。

そこで、店舗でありながら、「現状販売」「格安」などのうたい文句を目にすると、ついつい足を止めて見てしまうのではないでしょうか?

 

私は最近その「格安現状販売店」から下記の中古車を購入してきました。これまで乗っていた車が、車検を通すことが難しい状態(高額)になり、新年度自動車税が課税されるギリギリのタイミングだったこともあって、緊急的になったためでしたが、もちろんお金の工面の問題もあってのことでした。

 

車種は、下記画像の平成15年式ステップワゴンスパーダです。

プライスボードの20万円、スライドドアの大きな凹みが目を引きます。(笑)

この格安店は、地元中古車情報媒体のネットにも掲載されていたので早速下見にいき、即決しました。なぜか、20万円のプライスボードのはずなのに、価格は14万円とのこと。

スタッフさんの運転で試乗に同乗させてもらい、検討している素振りを横に「車庫証明をお客様がやるなら、更に1万円値引く」とのことで13万円で購入できました。

車検残りは1か月、画像の凹み以外にも、ボディ(躯体)も大きな凹みがあり、フロントバンパー下部を中心にサイドステップ等にも割れや小傷にスレ、ラジエータークーラーント液漏れ、タイヤ1本はほぼミゾ無し、他は銘柄が同一でなく、あとルーフに500円玉大の浮きさび、走行距離は18万キロといった状態でした。

 

車検残のため、車庫証明が下りれば名義変更だけですぐ納車できるはず(1週間の予定)でしたが、お店の都合(名変手続きは委託の行政書士に依頼)というものがあり、納車は私の考えていた予定より遅い2週間もかかってしまいました。車検が1か月しか残ってないのに、納車に2週もかかってしまったのはかなり痛手でした。

 

さて、こんな状態のクルマ たぶんフツーは手を出さないですよね。

いくら安いとはいえ、あれこれ直したり交換したりすれば、結局フツーの中古車店で買うのと変わらない金額になるのはちょっと考えればわかるはずです。

しかし買う人っているんですよー。この私なんですが(笑)

 

このステップワゴンは、現行型からすると3代前の古い古いモデル。

しかし町中ではまだよく見かけます。私はパッと見ていいなと思いました。凹みは残念だけど、付いている純正エアロがよく似合っていたしいわゆるひとめぼれ。人生初ホンダ(笑)

で、なんだかんだで引き取ってみてびっくり。いろんなハプニングがあったので、そのことを書いてみようと思います。

 

車検切れが近いこともあり、早速知人のいるカー用品大手「自動後退」さんへ出向き、車検の見積もりを取りに。

ドアの凹みもさることながら、その躯体(ボディ)の凹みを見て、タイヤの著しい偏減りを重大な事故ではないかと。「これ、タイヤ変えてもダメじゃないかな。バラしてみないとわからないけどハコが歪んでたら、まっすぐ走らないからタイヤ変えても偏減り止まんないはずよ」と。

「ワオー マジ?せめて車検通して2年は乗りたい。それもムリ?」

「まっすぐ走んないクルマは車検通せんよ!」と。

うわっ、参った。マジで?どうしよ。

とりあえずタイヤ外してアームとかブッシュ外して見てみるよと言われ、預けました。すると、「ホイールロックナットアダプターは?」と。

あ、そういえば聞いてなかった。早速購入店に電話してみたら、驚きの回答が。「アダプターは最初からないですよ。」

「いや、困ります。あれがないとタイヤ外せないんですけど」

「仕入れた時からないので、すみません。」

はぁー?よし、こうなったら家にある今までのヤツで試してみる

しかし合うはずもなく…。先ほどの知人に泣きついたら、「どれどれ、こんなのよくあるよ。見せてみろ」と、無数のロックアダプターを見せ、一つ一つ合うのを探し、ドンピシャ合うアダプターを発見。これでホイールは外すことができました。

クルマを預ける事1日、回答は「アームまでは行ってないみたい。たぶんこのままタイヤ交換だけで大丈夫だと思う。」と。

オッケー、じゃ車検申し込みます!で入庫。

クーラーントが漏れてるのは当然ラジエーターがダメで、修理は高額だから社外の新品をネットで調達。13,000円也。脱着工賃は修理も交換も同じだから安心のため新品だと心強い。

他にもキーレスが効かないので、電池交換で解決かと思ったらドアロックアクチュエーターがダメになっていて、ヤフオク中古で自分で交換。この交換作業は素人ではかなり困難だった。二度とやりたくない作業だった。

タイヤは4本交換だったけど、前車のを皮だけ変えてもらって実質無料。

そんなこんなで車検も無事取得し、13万円ほどかかりましたが部品代等々2年車検含めて総額約30万円となりました。

んー、これは安く買えたことになるのだろうか…。

 

あの大きな凹みのスライドドアは、中古で交換することにしたのでそれに4万円かかるとのことだから、34万円かー。ん?安くはないぞ。その金額なら探せば中古車店でも買えたんじゃなかろうか…。

 

ということで、皆さんも「格安・現状販売」の店舗から購入する際には、くれぐれもよく考えて、「ぜんぶ自己責任」を100%受け入れる覚悟で臨んでください。クレームは一切なし、都合よく解釈しても絶対ダメ。

なぜなら、「格安・現状販売」だからです。フツーに持つかもしれないし、その日でダメになるかもしれない。すべての中古車に言える事ですが、この種の場合は決してお店が悪いわけじゃないんです。

安い理由=一切の自己責任 これに尽きます。

私がそれでも購入に踏み切ったのは、急ぎもありお金の問題もありでしたが、セカンドで所有している軽カーがあまりにもイイからです。

というのは、5年前に購入した平成11年式プレオが今24万キロ走行してますが、バリバリ現役です。このクルマを買ったのも格安現状販売店でして、18万キロ走行していたのを16万円で購入したものでした。

同じ理由でやはり緊急的・かつ金銭面でのことでした。

沖縄県は、低所得なので中古車ニーズは根強く、その中でもやはり「格安」という文字には飛びつきたくなるものだと思います。

しかしこの手のジャンルに関しては、クルマに多少詳しいかもしくは整備工場等に融通の利く知人がいる、ネットで部品調達し自分で交換できるといった環境があれば、恩恵を受けることができるのではないかと思います。逆に、「ただ安いから」というだけで飛びつくのはハイリスクだったり、大きな失敗となる可能性があります。やはりいくら安いとはいえ、十万円単位のお金が生じるものですから。

 

そして、中古車の個人売買に関してはそれらの心配はかなり軽減されることを添えておきます。

中古車というのは確かにいつどんなトラブルが起きるかは、だれにもわかりません。しかし売り手と買い手が納得した上で売買が成立するのが個人売買なので、どんな乗られ方だったのか、ウィークポイントやコンディションなどはそのクルマのオーナーから聞けるのは一般の中古車販売店にはない情報といった理由が挙げられます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、沖縄で中古車個人売買の仲介・お手伝いをしている389オートサービスのアグニです。

クルマの買い替え(あるいは売却)をお考えの方に、ご検討いただきたいと思っています。

あなたがもしクルマを売りたいと思ったとき、どうしますか?

大抵の方は、買取店かディーラーに出向くかと思います。もしくは、そこの営業マンを呼ぶのではないでしょうか?

もしくは、ディーラーで次のクルマに買い替えをすることがハッキリしているのなら、下取りになるでしょう。(余談ですが下取りは、値引きの陰に隠れてハッキリしないこともあるので、明細書をよく確認したいですね。)

そこで、愛車がいくらで買い取ってもらえるのか?という話になりますよね。

そのとき提示された金額よりも、30万円高く売れる事がハッキリしているのだとしたらどうしますか?

もちろん、少しでも高く売れる方にしますよね。

中古車には相場というのがあって、全国の中古車査定機関などが取り決めを行っています。
ですから、ある程度は値段というのが決まっているものです。
もちろん、状態や経年、走行距離、グレード、色、仕様など様々な条件によって価格の幅はありますが、ある程度の幅で金額が決まっているというものです。

買取店やディーラーはこの相場(買取・下取り相場と販売相場)というのを知っていて、金額を提示してきます。
商売ですから、当然利益が出るように足し算引き算はしますよ。

買取店やディーラーが大きく立派な企業や店舗なら、それらを運営するために莫大な経費が掛かります。広告宣伝費や人件費、クルマを展示しておくスペースetc...。

本当の値段(相場)は100万円のクルマが、80万円、70万円と提示されてしまうのは、ちょっと考えればわかるコトですよね。

でも、そういった相場だとかいうことを知らない方がほとんどですから、まぁいいかーとハンコを押してしまうわけです。

買取ったお店は、当然販売相場の金額に経費やら何やかんやをつけて販売するわけですね。

私のような個人はどうなんでしょうか?

大きな店舗、立派な看板、広大な展示場、雇っている社員、何にもありません。ヒトリですから。

そこで私は買取り相場と販売相場の中間で価格設定をすることができるのです。
すると面白いことになります。

売却する人は、本来の相場価格に近い金額で売ることができ
買いたい人は、本来の相場価格に近い金額で買うことができる

という、売る方も買う方も損をしない、得をする という両者WIN-WINとなるわけです。
実例でいいますと、↓

●平成23年式 トヨタ クラウンアスリート

下取価格 1,890,000円
販売相場 2,800,000円
仲介価格 2,345,000円
※下取価格はトヨタ買取相場データより
※販売価格はヤフー自動車より
※仲介価格は下取価格と販売価格の中間

売り手のメリット
買取店に売却した場合 1,890,000円
中古車仲介で売却した場合 2,345,000円
買取店と仲介の差額 455,000円
仲介手数料 ▲117,250円(私の場合、仲介価格の5%設定)
売り手が得した金額 +337,750円(189万円でしか買い取ってくれなかったのが、234万円で売れた。45万円高く売れてそのうち、私の取り分である仲介手数料5%11万円を差し引きますから、それで約33万円のオトクというカラクリ。)

買い手のメリット
販売店で購入した場合 2,800,000円
中古車仲介で購入した場合 2,345,000円
販売店と仲介の差額 455,000円
仲介手数料 ▲117,250円(私の場合、仲介価格の5%設定)
買い手が得した金額 +337,750円(280万円出さないと買えないのが、234万円で買えた。46万円安く買えてそのうち、私の取り分である仲介手数料5%11万円を差し引きますと約33万円のオトクというカラクリ。)
※私の加盟先である中古車ビジネス実践会 広瀬氏メルマガ引用。

いかがでしょうか?
なぜ愛車が30万円以上も高く売れるのかがお分かりいただけたでしょうか?
なぜ欲しい車が30万円以上も安く買えたのかがお分かりいただけたでしょうか?

もし売却をお考えの方は、こちらまで。

メールでのお問い合わせ等は、hirobe329●ybb.ne.jpまでどうぞ。(●を@に変えて下さい。)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。