沖縄の空手道と古武道をかながわで

沖縄の空手道と古武道をかながわで

小林舘協会は沖縄空手本来の技術を追及しています。

試合に使えるような技ではないので試合はありません。
いざというときに使う技を、楽しく、シビアに稽古しています。

そんな稽古をしたいというあなた、いつでも体験入門にお越しください。

from いんなん

 

歩法は教えない!って、

耳にしたことありますよね。

 

 

同じ技術を身につけられてしまうと、

体格差や筋力差での勝負になるので、

技術的な内容、

特に歩法は教えないと言われたりしますよね。

 

 

そんな歩法、習ったことあるか?

と疑問を持つのはあなただけではないようです。

 

 

この土日、稽古の流れで、

そんな内容をやることになりました。

 

 

 

一番反応がおもしろかったのは猫足さん。

 

わたしの長女に教えたあとくらいに登場。

 

長女は知っているけど、

猫足さんは知らない状態。

 

猫足さんが、長女に脇差しサイズの木刀で打ちかかります。

 

長女、すっとよけます。

 

猫足さん、

『あれ?すかされた?』っという表情。

 

次はいいところを見せよう!

と少し気合いの入った表情になり、

打ちかかります!

 

長女、ちょっとよそ見してしまった瞬間だったらしいですが、

結果は同じ。

 

 

さらにもう一回やりますが、

すかされてしまった精神的ダメージの方が大きく、

『もういい』

という感じ。

 

 

で、猫足さんは何をやられたのかを必死に考えている様子。

 

『これじゃないか?あれじゃないか?』

といろいろ聞いてくるので、

 

『安心してください。

3分後にはできます!』

 

と言うことでインプット開始。

 

 

そして、1分程度で猫足さんもできるようになりました。

 

誰に試そうか考えているようで、

笑いが止まらない感じ。

 

やはり教えるべきではなかったのか。。。

 

 

 

何をやったかというと、

いつも通り、こだわりの基本です!

 

自然立ちになり、

前足の踵を中心につま先を開き、一歩出る。

 

という説明をしたときの猫足さんの反応は、

『がぁー!またか!』

 

そして、さらに

『いろんな型にしっかり入ってますよ』

と伝えると、、、

 

『本当だぁー!』

『全然気づかんかった!』

 

 

そしてここでも、

言葉で説明すると、その通りなんだけど、

ここまで深いとは。。。

 

となったようです。

 

 

その内容とは、

『相手の動きに合わせて、つま先を開く!』です。

 

この細かい感覚を、手渡しで伝えただけです。

 

 

これができたメンバー全員、

『言葉で表現すると、確かにその表現になるんだけど、、、

絶対伝わらない!』

という自信満々のコメントをのこしてます。

 

 

故仲里周五郎先生がおっしゃっていたように、

伝統は信頼関係だと思います。

 

信頼関係なかったら、さらっとした説明で終わりにします。

伝わらなくても、わたしが損をすることはないですし。

そもそも、信頼関係築けないと思ったら入門許可しません。

 

 

 

こんな技術をこっそり身につけたいというあなた!

こちらからご連絡ください。

http://ameblo.jp/okinawa-syourin-kanagawa/entry-11457016516.html

 

 

まずは軽めにやってみようかなと思ったあなた!

朝日カルチャーセンター横浜教室でお待ちしています。

トライアルというのもあるようです。

沖縄空手 | 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター (asahiculture.jp)

 

 

 

 

 

沖縄空手道小林流小林舘協会 神奈川支部

印南 雅隆

 







━━━【 お知らせ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『入門者の声』はこちら。↓↓↓ 
http://oirano.tyonmage.com/comment.html


▼ 稽古日・時間
【 厚 木 道 場 】毎週日曜日 10:00~12:00
【 横 浜 道 場 】毎週水曜日 19:00~21:00
【湘南茅ヶ崎道場】毎週土曜日 19:00~21:00

詳しくは「今月の稽古日」でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

from いんなん

 

力をうまく使うというのは

よく耳にしますが、

納得したことってどのくらいありますか?

 

 

力を集中してとか、力を効率よくとか、

よく聞きますよね。

 

 

残念なことに、

大抵はその人の気持ちを表現しているだけで、

同じように真似してもできないということ多くないでしょうか。

 

講師や先生が、

『こうすれば簡単にできる!』

と言うので、その通りにやってみるが、

どれだけ言われた通りにやってもできない。

 

そして、

やっぱり自分は、、、

と思ってしまうかもしれません。

 

 

しかし、

冷静に考えてみると、

もし、本当に技術なのであれば、

その通りにやれば、ある程度はできるはずです。

もちろん、精度の差はありますが、

少しはできるはずですよね。

 

精度の差が年季の差です。

それを腕力やスピードでごまかすのであれば、

残念ながら技術的に未熟と言わざるをえないかなと。

 

 

と言う以上は、精度の差を、何らかの形で、

本人が認識できるようにするための手段も必要です。

 

 

この土日にやった、

そんな内容の一つをご紹介します。

 

相手にあなたの胸ぐらを掴んでもらいます。

もちろん、しっかり掴んでもらいます。

 

あなたには、相手の手首を掴んで、

胸ぐらから外すことにチャレンジしてもらいます。

 

あ~小手返しね!

 

残念ながら違います。

片手で相手の手首を掴んで、

そのまま引き離します。

 

このパフォーマンス、

初めて経験する人は、

『???』

という表情をしながら、

『ちょっともう一回』

と、再チャレンジ。

 

結果は同じです。

さらにムキになって、

少し外れにくくなっても、だいたい外れます。

 

 

本当のことを言うと、

一つだけ嘘をついています。

 

『相手の手首を掴んで、』

と書きましたが、掴んでません。

人差し指一本を引っかけただけです。

 

 

『そんな馬鹿な!』

 

と嘲笑気味になる人もいるでしょう。

 

しかし、それが自分の身に降りかかったとすると、

その表情、見てみたくなりませんか?

 

 

しかも、それが、結構簡単にできるとなると、

興味わいてきますよね。

 

 

人差し指を引っかけると言うと、

『そんな小さな力で?』

と思うようですが、

人差し指を見くびってます。

 

柱に人差し指を引っかけつつ、

少し倒れ込んでみてください。

 

あなたの人差し指は

斜めになったあなたを支えられるくらい強いんです。

 

次に、

あなたの胸ぐらを掴んでいる相手の手に注目します。

 

相手の手首が動かなければ、

あなたが勝たなければならないのは、

相手の指の力です。

 

対するあなたが使うのは、

身体の力です。

 

まあ、なかなか負けないでしょう。

 

 

どういうことかというと、

あなたが動くと、

胸ぐらを掴んでいる相手の手もついてきます。

 

しかし、あなたの人差し指が、

傾いたあなたを支えるくらいの強さで

相手の手首を止めながら、

あなたが動くとすると、

相手は、指の力だけで、

あなたの身体を止めないといけなくなります。

 

 

ご想像通り、

全員が10回以上やっても納得できないくらい、

簡単に外れます。

 

 

それが納得できたら、

同じ力の使い方で相手の手首を押すだけです。

相手の力が強かったり、体重があったりすると、

自分の方が動きますが、

それほどの差がなければ、

人差し指一本引っかけただけで、

相手の手をポーンっと外したように見えます。

 

ぜひ試してください。

 

 

どうせ、このブログを読み続けてくれいるあなたですから、

シェアなんかしないと思ってます。

 

こっそりできるようになって、

周りの方々の唖然とした表情をたのしんでください。

 

 

そして、さらっとできたら

『この力を、技や武器にのせるんだよ!』

と言いながら、

心の中でガッツポーズしてください。

 

 

 

こんな技術をこっそり身につけたいというあなた!

こちらからご連絡ください。

http://ameblo.jp/okinawa-syourin-kanagawa/entry-11457016516.html

 

 

まずは軽めにやってみようかなと思ったあなた!

朝日カルチャーセンター横浜教室でお待ちしています。

トライアルというのもあるようです。

沖縄空手 | 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター (asahiculture.jp)

 

 

 

 

 

沖縄空手道小林流小林舘協会 神奈川支部

印南 雅隆

 







━━━【 お知らせ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『入門者の声』はこちら。↓↓↓ 
http://oirano.tyonmage.com/comment.html


▼ 稽古日・時間
【 厚 木 道 場 】毎週日曜日 10:00~12:00
【 横 浜 道 場 】毎週水曜日 19:00~21:00
【湘南茅ヶ崎道場】毎週土曜日 19:00~21:00

詳しくは「今月の稽古日」でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

from いんなん

 

朝日カルチャーセンターでの冬講座最終回でした。

 

題材がナイファンチ初段なので、

紹介したいネタが多く、

油断するとすぐに時間切れになってしまいます。

 

 

この日もかなり大暴走してしまったので、

この日の参加者はかなりラッキーだと思います。

 

 

受けのときの腕の動かし方からスタートしました。

 

ちょっとした違いで受けがものすごく強くなります。

 

次に、受けのときに重要な動き出すタイミング。

相手の攻撃をしっかり見てたら遅すぎるし、

早すぎると相手が反応してしまうし。

 

それを解決するためのコツをしゃべってしまったので、

ついでに、そのときの心構えや歩法まで

細かく紹介してみました。

 

相手の動き出しをとらえないといけません。

かといって、予想だけで動いたら、

早く動きすぎてしまうため危険です。

 

仮に動き出しをとらえることができたとします。

すぐに踏ん張って、、、だと論外ですね。

 

いつでも動き出せるように踏ん張っておき、、、

 

これも出遅れますね。

 

じゃあどうするか。

言うまでもなく「歩くように」です。

細かいコツはいくつかありますが、

まずは歩くように。

 

それだと相手に届かない!

と言われそうですが、

これも重要なイメージがあります。

 

相手はあなたを攻撃してくるんです。

相手の攻撃が届くということは、

あなたの攻撃も届きます。

 

つまり、待っていれば

相手があなたのもとに飛び込んできます。

 

そのタイミングを捉えて、

ちょっとだけ歩み出しつつ受けます。

 

 

もちろん、これで終わりではありません。

 

このあたりはまだ

カルチャーセンターでは

軽めの紹介しかしていません。

 

参加者の習熟度を見ながら、

もしかしたらやるかもしれません。

 

 

やればいいじゃん!

 

と言われそうですが、

これが結構難しいです。

 

ちゃんと技を掛けるということは、

相手が対応できなければ、

簡単に怪我をします。

そうならないように、

身体を作る必要があります。

 

 

危険な技の稽古をやめたという他流の話を耳にした師匠に、

『危ないからその技の稽古はやめましたと。。。

相手に掛けられたらどうすんだ!』

 

と言われながら稽古していたのが思い出されます。

 

 

例えば、両腕が極まった状態で投げられて、

畳に頭突きしたこともありましたね。

 

 

そこまで突き詰めると、

次の日の仕事に支障がでるので、

あまりおすすめしません。

 

型として稽古することをおすすめします。

 

しかし、そうすると

見た目が地味なので

稽古を希望する人数が減ります。

 

どっちにしろ、

これから消えていく文化なんでしょうね。

 

 

 

 

 

こんな風前の灯火のような技術を一つずつ丁寧に気長に稽古していきます。

こういう地味な稽古をたのしめるあなた!

こちらからご連絡ください。

http://ameblo.jp/okinawa-syourin-kanagawa/entry-11457016516.html

 

 

まずは軽めにやってみようかなと思ったあなた!

朝日カルチャーセンター横浜教室でお待ちしています。

トライアルというのもあるようです。

沖縄空手 | 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター (asahiculture.jp)

 

 

 

 

 

沖縄空手道小林流小林舘協会 神奈川支部

印南 雅隆

 







━━━【 お知らせ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『入門者の声』はこちら。↓↓↓ 
http://oirano.tyonmage.com/comment.html


▼ 稽古日・時間
【 厚 木 道 場 】毎週日曜日 10:00~12:00
【 横 浜 道 場 】毎週水曜日 19:00~21:00
【湘南茅ヶ崎道場】毎週土曜日 19:00~21:00

詳しくは「今月の稽古日」でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━