てだこまつり2019の情報と昨年に行った体験談 | オキナワノオト~沖縄移住者のリアルな体験ブログ~

オキナワノオト~沖縄移住者のリアルな体験ブログ~

沖縄移住、沖縄旅行、沖縄グルメ、子育て、などについて、東京から沖縄に移住した私のリアルな体験談を書きます。

沖縄県浦添市のお祭り

てだこ祭りの時期がやってきました。

 

今年も行きたいと思います!

 

ちなみにてだこは、

太陽の子という意味です。

 

 

 

浦添てだこまつり2019の概要と最新情報

 
 
開催日    2019年10月19日(土)、20日(日) 
時間 未定
※2018年
1日目 9:00~21:00頃
2日目 15:50~21:00頃
場所 ・ANA SPORTS PARK浦添(浦添運動公園)    
・浦添市てだこホール
・屋富祖通り
住所 ・ANA SPORTS PARK浦添
沖縄県浦添市仲間一丁目13番1号

 

・てだこホール
沖縄県浦添市仲間1丁目9−3

交通 那覇空港から車で30分程度

駐車場 なし
近隣の有料駐車場等を利用
公式HP     浦添市HP
渋滞 それほどしていなかったです
打上数 未定 約15分間
来場 約19万人
その他 小雨決行(荒天時は中止)

 

 

てだこまつりは、

会場が複数あります。

 

 

メインステージは

ANA SPORTS PARK浦添の

陸上競技場のところです。

 

てだこホールも

メインステージから歩いて行けます。

 

 

屋富祖通りは、下記地図です。

 

 

 

 


プログラムの詳細等は

浦添市の公式HPに掲載されています。

 

⇒ てだこ祭り詳細

てだこまつり2018の体験談と行って感じた注意点

 

浦添てだこまつりは

浦添市のお祭りで、

毎年7月に行われていましたが

 

2018年は10月に

時期をずらしての開催となりました。

 

 

2018年10月に沖縄に移住して

すぐのタイミングで、

 

このてだこまつりが

開催されることを知り、

 

地元のローカルなイベントが

どんな感じなのか気になって行ってみました。

 

この辺りがメイン会場です。

 

 

 

浦添てだこまつり2018のプログラムと会場

10月27日(土)、28日(日)の

2日間開催されました。

 

10/26(金)には前夜祭が開催されましたが

内容は不明です。

 

 

 

 

 

 

 

浦添市HPより

 

 

陸上競技場がメインステージとなります。

 

 

 

 

 

 

駐車場は近くの有料駐車場に!

 

てだこまつりの会場に

駐車場はありません。

 

 

ANA SPORTS PARK浦添に

駐車場はあるんですが、

お祭りの当日は閉鎖されています。

 

 

19万人が来場するので

混乱してしまいますからね。

 

 

2018年はどうしたかというと、

初日は車で行き、

 

2日目(最終日)は

タクシーで行きました。

 

 

駐車場は

近くに病院があるのですが、

 

そこが有料駐車場として

機能していました。

(平常時は無料)

 

駐車料はたしか

500円くらいでしたので、

都内に比べれば安いモノです。

 

 

地元の人は

歩いてくる人が多い印象でした。

 

帰りのタクシーから、

かなり遠くまで歩いている

親子とかも見えましたので

たくましいです。

 

 

2018年の経験から、

時間帯にもよると思いますが

 

有料駐車場が

空いていないという状況は

あまりなさそうです。

 

 

 

会場の様子と混雑レベル

 

 

 

メインは夜なので、

それまでは結構空いています。

 

 

 

 

夜になると人が増えてきますね。

有料駐車場とは言え、

難なく入れたのは時間帯が

早かったせいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

約19万人が来場するということで、

ハンパでない混雑かと思いましたが、

そうでもないです。

 

 

東京だと

行きたくないレベルで

お祭りって混むんですが、

 

それと比べると

程よい混雑というのが

個人的な感想です。

 

 

人は多いんですが、

それ以上に会場が広いです。

 

ベビーカーは

持っていかなかったですが

東京の感覚で言えば

大丈夫なレベルですね。

 

 

沖縄の人からすると

激混みくらいかもしれません。

 

 

 

子どもが遊べるものもあります↓

 

 

 

てーだこホルへ歩いて行けます。

 

 

 

浴衣を着てる人はそこまでいない

 

お祭りなので、

浴衣の人も多いかなと

思いましたが、

 

そんなに

多くなかったですね。

 

 

もちろんいるにはいましたが、

本当に若い子ばっかりですね。

 

 

 

舞台芸能を見ました

普段見る機会のないもの

でしたので、

 

てだこホールで行われていた

舞台芸能を拝見しました。高齢の方が多かったです。

 

 

 

夜は冷える

10月下旬くらいなので

昼間は割と暑いんですが、

夜は結構冷えます。

 

 

風を通さないアウターが必要です。

 

 

 

シークレットゲストはモンパチ!

シークレットゲストは

モンパチことMONGOL800でした。

 

シークレットゲストは

当日ライブまで分からないのですが、

浦添高校出身ということで

出演が噂されていました。

 

生ライブが聴けて良かったです。

 

 


 

 

帰りのタクシーはつかまる

帰りのタクシーが

つかまるか心配だったんですが、

 

地元の人は

歩いてくる人が多いのと、

 

太い国道330号が

すぐ近くにあり、

車も流れています。

 

 

タクシーは

それほど並んでなく

すぐにつかまりました。

 

バスは

まあまあ混雑している様子でした。

 

 

呼ぶことも出来ます。

 

 

 

 

てだこまつりのまとめ

浦添てだこ祭りに行って

感じたことと

次回の注意点をまとめます。

 

 

 

・それなりに混雑して活気がある
・駐車場は近くの有料を利用
・タクシーはつかまる
・夜は冷える

 

 

 

てだこ祭りは、

地域のイベントですが

約19万人が来場する

大きなお祭りです。

 

浦添市の人口が

11万4000人程なので

外部からも多くの人が来る

イベントのようです。

 

 

実際、活気があって

個人的には

昭和の懐かしい感じがして

とても良かったです。

 

屋台も昭和な感じで

子どもの頃を思い出しました。

 

 

この要因って、

沖縄には子どもが多いからかなと

思いました。

 

やっぱり子どもが

本当に多いんですよね。

 

東京のように

子連れで出かけるのが

ちょっと億劫になるようなことは

ないと思います。

 

 

ママさんは1人で

3人の子どもを連れて

出かけるとか普通ですからね。

 

 

子育てしやすい環境ですし、

沖縄はこれからますます伸びると思っています。