沖縄旅行2泊3日の予算相場とおすすめプラン~その①~ | オキナワノオト~沖縄移住者のリアルな体験ブログ~

オキナワノオト~沖縄移住者のリアルな体験ブログ~

沖縄移住、沖縄旅行、沖縄グルメ、子育て、などについて、東京から沖縄に移住した私のリアルな体験談を書きます。

沖縄旅行に毎年来ていた、沖縄移住者の私が2泊3日の沖縄旅行の予算相場~格安で行く方法~おすすめプランを紹介します。

 

2泊3日の場合にはスケジュールもタイトですので計画が重要です。紹介するプランを元に楽しめるプランで旅行に行ってみてください。

インスタで沖縄の写真をUPしていますので良かったら参考にしてみてください。

 

>>Instagramはコチラ

2泊3日の沖縄旅行の予算相場と格安で行く方法

予算相場と格安で行く方法について解説します。

 

相場については私独自の見解ですが、多くの人は無駄にお金が掛かっていると思っています。もっと安くする方法もあるので参考にしてみてください。

 

予算相場は5万円

 

2泊3日の予算相場は5万円!

 

予算相場としては、旅費(飛行機、ホテル)で5万円程度(と思っています)。当然、かかる金額は時期やホテルのグレードなどによって大きく変わります。

 

まともなホテルでもシーズンでも1人5万円以内に抑えられると思いますし、もっと安くすることも十分可能です。

 

格安、お得で行く方法

格安・お得に沖縄旅行に行く方法は別の記事にて詳しく解説していますので、ここでは基本的なことだけ書きます。

単純に徹底的に料金を比較するだけなのですが、その際の多くの人は比較する選択肢が少ないです。

 

早割を使う!

「早割」これだけで全然違います。

また、「格安航空券 + ホテル」の組合せはオススメしないです。最安値にならないばかりかグレードも低いので結果、満足度が下がります。

 

普通にツアーの早割の方が「JALかANA + まともなホテル + レンタカー + オプショナルツアー」などどう考えてもコスパが良いことが多いです。

 

 

おすすめツアー会社

JALダイナミックパッケージ
るるぶトラベル
Tトラベル
楽天トラベル

 

 

私は大手企業が基本好きではないのですが、旅行に関しては大手が間違いないです。

 

理由は、まとめて仕入れているので安いのと保証などの安心感です。小さい会社だと一時事件にもなったようなツアーが中止になるなどのリスクが意外とあると思っています。

 

 

 

2泊3日のモデルプラン3選

沖縄旅行2泊3日のモデルプランを3つ紹介します。

 

沖縄旅行の中で楽しむための選択肢は多いですので、ある程度絞れるようにプランを考えましたのでこれを参考に旅行の計画を立ててください。

 

 

モデルプラン3選

①男同士にオススメ!那覇に2泊で夜遊びもガッツリ出来るプラン!
②カップルや家族連れにオススメ!本島北部でゆったりとした時間を過ごすプラン!
③宮古島でずっと思い出に残る旅を!2泊3日で行く離島プラン!

 

 

「那覇に宿泊」と「北部に宿泊」で分けているのは、沖縄は南部に長いのと那覇の繁華街以外はあまり賑わっていないからです。目的に応じて那覇で夜を過ごすか、北部で夜を過ごすか検討してみてください。


この記事では、那覇に1泊北部に2泊のプランも紹介しています。

 

プラン①男同士にオススメ!那覇に2泊で夜遊びもガッツリ出来るプラン!

 

男性グループにオススメのプラン!

 

男性グループなら那覇に2連泊するのも良いと思います。理由は、夜遊びが那覇なら出来るからです。北部までの移動して戻るのが若干だるいかもしれませんが、体力のある男性ならば問題ないと思います。

 

▼プラン概要
・那覇を拠点に泊まり、行きたいスポットまで都度移動して夜は那覇に戻ってくる
・夜は那覇の繁華街で遊べる

・夜も繁華街で十分楽しめる

・那覇から北部への移動時間がかかる

 

男同士で旅行に来たならば、ワイワイ思いっきり飲んで騒いで夜遊びもしたいと思います。北部に泊まるとそういった楽しみは半減するので、那覇を起点に昼間は北部まで頑張って移動するプランです。

 

 

▼スケジュール感

1日目 11:00 那覇空港着
12:30 ウミカジテラス
14:30 首里城
17:30 ホテル着
19:00 国際通りへ
2日目 10:00 シュノーケリング
13:30 古宇利島
17:00 アメリカンビレッジ
18:30 ホテルで休憩
20:00 民謡居酒屋
3日目 10:00 水納島行フェリー
10:15 水納島着
13:45 水納島出発
14:15 沖縄そば
17:00 道の駅豊崎
19:00 空港発

 

 

実際に男友達と沖縄旅行に行った際のスケジュール感に近いものになります。

1日目

那覇空港着

ウミカジテラス

首里城

ホテルチェックイン

国際通りへ

 

1日目のルート、位置関係は下記です。

那覇空港に着いたらレンタカーを借りて空港から一番近い島の瀬長島にあるウミカジテラスに向かいます。

瀬長島ウミカジテラス

ウミカジテラスと瀬長島のビーチ、風景

 

ウミカジテラスでは、飲食も出来ますし、綺麗な海も見ることが出来ます。気軽に来れる場所なので沖縄についたら取り合えず行きたい場所です。

 

 

首里城

 

首里城首里城

 

世界遺産の首里城はとりあえず行っておくことをオススメします。無料で見学出来るエリアもありますので、有料ゾーンに行くかどうかは行ってから決めても良いと思います。

 

 

ホテル

ダブルツリーby ヒルトン那覇首里城

 

ダブルツリーby ヒルトン那覇首里城(画像は公式サイトから)

ダブルツリーby ヒルトン那覇首里城

 

私が男友達と行った際には、首里城近くのダブルツリーby ヒルトン那覇首里城に宿泊しました。

ちょっと休憩してから国際通りへ!ホテルから確か100円くらいでバスが出ていました。

 

国際通り

国際通りはにぎわっているので男同士で来たならば夜はここで飲みたいです。

 

2日目

シュノーケリング(真栄田岬)

古宇利島

アメリカンビレッジ

ホテルで休憩

民謡居酒屋

 

2日目のルート、位置関係は下記です。

 

2日目はオプショナルツアーのシュノーケリングの予定だったんですが、あいにくの雨でした。でも、雨でも出来るのがいいところです。

シュノーケリング

青の洞窟の予定だったんですが、天候が悪くポイントが変更となりました。それでも十分に楽しめました。

ウェットスーツを着るので寒くはないです。

 

古宇利島

古宇利大橋~古宇利島は定番です。

古宇利島と古宇利大橋

古宇利島のお店でランチを食べるのもいいです。

 

アメリカンビレッジ

アメリカンビレッジは男からするとあんまり興味ないかもしれません(笑)それでも旅の思い出に行ってみるのも悪くないでしょう。

アメリカンビレッジはシティリゾートで、エリア全体のことを指します。アメリカンビレッジのエリアは広く東京ドーム5個分ほどです。もちろん自由に出入り出来てその中でカフェやショップ、ビーチまであります。

 

民謡居酒屋

沖縄に来たら民謡居酒屋は必ず行きたいです。沖縄に来た感じがして本当にテンションが上がります。

 

国際通りにある海音(みおん)は民謡居酒屋としてオススメです。

海音(食べログ)

 

 

3日目

最終日も北部まで行き水納島でシュノーケリングをしました。なかなか移動が大変です。

水納島

沖縄そば(きしもと食堂)

道の駅豊崎(お土産)

那覇空港

 

3日目のルート、位置関係は下記です。


水納島へは渡久地港からフェリーで行きます。

水納島

水納島へは渡久地港からフェリーで15分程です。

水納島、フェリー、海の写真水納島

 

▼フェリー時刻表

時期 渡久地港発 水納島発
1/1~3/31
12/1~12/31
 8:30
13:00
16:30
9:00
13:30
17:00
4/1~6/30
9/21~11/30
 8:30
10:00
13:00
16:30
9:00
10:30
13:30
17:00
7/1~9/20 約1時間ごとに運航
※公式サイトで確認してください。
7/1~7/19
7/20~8/31
9/1~9/20

▼フェリー料金表

  大人 小人
往復料金 1,710円 860円
片道料金 900円 450円
 
沖縄そば(きしもと食堂)

渡久地港の近くに沖縄そばがあるので、海水浴後の腹ごしらえに最適!

 

きしもと食堂(食べログ)

 

道の駅豊崎

 

道の駅はお土産品を買うのにオススメです。道の駅豊崎は空港からも近く、オリックスレンタカーなどの返却場所のすぐ近くにあるので立ち寄りやすいです。

 

道の駅豊崎道の駅豊崎

 

以上が、【プラン① 男同士にオススメ!那覇に2泊で夜遊びもガッツリ出来るプラン!】の那覇に2泊するパターンです。

 

チェックアウトでバタバタしますが、

 

プラン②との混合で初日は那覇に泊まり2泊目は北部に泊まるというのもアリです。

 

沖縄旅行2泊3日の予算相場とおすすめプラン~その②~