今久しぶりにブログ書こうとしたら


バナーに表示しているタイトルの一部、漢字間違ってるのに気がついて


バナーの元画像も無くしたし、仕方ないからデザイン変更。6年ぶりに。


テーマ:
十年前の今日、私の人生において多分最大級のルート分岐点があった。

いや正確には昨日かな、まぁ十年前の今の時間も眠れず起きていた。
あの日の夜中、明け方までずっと雨が降っていて、今も降っている。

あれから十年、いろいろあって曲がりなりにもどうにか就職して、結婚して結婚式もやって、いろいろ大変な事もあって、子供が出来て、またいろいろあって今に至る。

そこで、今までの大小いろいろな人生の分岐点は、全てこの子のためにあったのだと、さっき思った。

何かの歯車が少し違って、この子が生まれなかったとしたら…そういうルートもきっと無限にあったんだろうけど、そうならなかったのが何よりの一番の幸せであり、つまり無限にあった私のいろんな人生パターンの中で、今生きているこのルートが唯一の大正解なのだと思う。
私にくっついて寝る娘を見て、そう思った。

今日はいつも通りの日を過ごした。
クッキングパパのモツ鍋カレーとかいうレトルトカレーを食べた。
結論から言うと大変微妙で、コンソメをぶち込んだモツ鍋カレーみたいな感じ。感想が難しい。
これ650円くらいだったらしいんだけど、
レトルトカレーの中ではかなり高いほうなんじゃない?

今、私の中で一番好きなレトルトカレーは、ヤマモリのグリーンカレー。
あのよく分からないけど多分タイのスパイスが効いた緑色のサラサラのカレー。
あれマジでうまい。
うまいけどカレーではないかな。
いやカレーなのは間違いないんだけど。

書いてたら一時を回ってしまった…寝る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の記憶が正しければ、今日で
このブログを始めて10年が経った。

いや、確か…2007年の5月8日火曜日に
最初の記事を書いたけど
文字の小ささが気に入らず
普通に文字サイズを変えれば良かったのに
なぜか一旦記事を消して、
本文はメモ帳に貼り付けて
デザインを変えて
同月10日木曜日にメモ帳から本文を貼り付けて
同じ記事を書いたような
そんな記憶がある


大学四年生だった。
2007年5月8日は、朝から自動車教習の最後の試験があって
いや、その前に早朝からゼミの課題で
何かの写真を撮りに出かけていたはず
写真を撮って
家で当時よく食べた塩胡椒スパゲッティを作って食べて
教習で無事になんとか合格して
普通に学校に行った
そのあと、ちょっとまぁ色々あって
なんとなく帰りに森山直太朗の最初のアルバムを買ったなぁ
まだ持っていたはず
その少し後に残念な事があったかもしれない

10日は確か…就職活動で東京に行った
上で書いたように、最初の記事は
その直前に学校で作成(8日のを復活)した
何の会社を受けたのかは覚えていない
それから、東京からそのまま藤野駅っていう駅で降りて
そのまま当時のバイト先の人と旅行に行った
一泊して確か…江ノ島とか…横浜中華街に行ったなぁ。

しかしすごいバイタルだった。


今、私は31歳。
肩書はシステムエンジニアで
全く寝ようとしない2歳の娘を寝かしつけながら
iPhone5sを使ってこの記事を書いている。

最近は二時間くらい寝ないし
朝も昼間も夕方も、娘にテレビを見せるか
絵本を読んであげるか
外で遊ばせるか、寝かしつけるしか出来ないので
テレビやパソコンを使った娯楽が全く出来ず、出来るとしたらスマホをいじるくらいしかない。
映画も観られないなぁとか、
ゲームも出来ないなぁとか、
考えていたらふと、あ、今日で10年だな、となんとなく気がついて
スマホを手に取った。
ここまで書く間に、娘は寝た。



1997年から2007年と同じ時間が経ったんだなぁ。
この10年で何が変わったかなぁ。
少なくとも私は自分の性格や性質を少しずつ分かるようになってきたと感じる。
遅いんだけどね本当。
だんだん自分がどういう人間なのか
これからどうなっていくのか
だんだん分かって来たように思う。
2007年に思い描いた姿にはもうなれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年こう…

このテーマで年の終わりにブログを書くのをやってるけど

振り返ったらだいたい2010年くらいから毎年やってたみたいだね。

このブログはもうおおむね放置しているけど、この記事だけは続けるよ。

だって毎年のだいたいの記憶を残しておくのって素敵やん?

深呼吸からのよっしゃ(これ去年も言ったような)

「一番面白かった」とか「一番おいしかった」だと難しいから。
あくまで印象で。
あくまで私が受けた印象で。
インパクト重視で。
今年一番印象に残ったものものを書いていくよ?
なお、フォーマットは初代2010年の同タイトル記事を引用プラスαして書く。

懐かしい。

 

 


<今年一番印象に残った映画>

 

「シン·ゴジラ」

 

 

う〜ん、今年は「君の名は」とか

「この世界の片隅に」とか

すごく素晴らしい映画があったし、君の名はに至っては半端ないヒットだけど

個人的にシン·ゴジラに感動しすぎて残り二つが霞んじゃうかなぁ。

でもこれ残り二つもすごい良かったよね…。
 

シン·ゴジラは本当、ずっと見たかった人間対ゴジラをやってくれたので

もう最高で…。

ゴジラもこう「子供の味方」感が一切なくなった

マジモンのキチガイ怪物に成り下がってくれてて(褒め言葉)

もうほんと、こういうのを見たかったんだよ…。

やっぱりフィギュア買おうかな…。



<今年一番印象に残った漫画>

「殺し屋1」
ポプテピピックも相当印象深いけど、

内容が面白かったのでこっちの勝ち。勝ち…?

内容はまぁ…ひどいいじめにあって心に傷を負った少年が

めちゃくちゃ頭のいい黒幕にすごい上手にけしかけられて

その怒り、復讐心を黒幕と敵対する893に向けて爆発、

893が一つ解体するほど活躍する話。

 

感動したのは、一見、一方的に被害者のその少年も

どうしようもない深刻なサイコパパスっていうか(ぬわーっ)

すごいどうしようもない無自覚の変態異常者であることと、

敵対する893の親玉もまた凄まじい変態異常者であること。

変態と変態、無自覚と確信犯、互いの変態哲学がぶつかり合う。

作中の誰かが言ったが、これはラブストーリー。

こんなの初めてだよ。

 

ちなみに去年書き忘れたけど、去年最高に面白かったのは

「竹光侍」

これもちょっと殺し屋1に似てる所ある気がする…。
自分の中になんらかの世界を持った…ちょっとそういう人同士が

互いにぶつかり合うやつが好きなのかもしれん。

 


<今年一番印象に残った音楽>

「コーヒールンバ」
元は古い曲で、井上陽水もカバーしたらしいんだけど

NHKのフックブックローっていう番組で流れたのを聞くという形でおぼえた。

子供用の音楽番組みたいなやつだね。昔のハッチポッチステーションの系譜の。

情緒的でかっこいい…。しびれるような香りか…。

いや別にコーヒー嗅いでもしびれないけど…。大麻でも入れてたのかな?

 

そういえば、多分今年だったと思うけど大麻入りビールをもらって飲んだよ。

↓これ

 

なんか…粘土っぽい味わいがあったような…。

あれが大麻の味なのかな…。

 


<今年一番印象に残った本>

「星を継ぐもの」
私もなんかこう、人並みに本を読まないと一生語彙がアレでやばいなぁ…。

そう考えて、なんかこう本を読むようになったんだよ。

だいたい今年で10冊くらい読んだ気がする。

その中で一番最高だったのがこれ。星を継ぐもの。

本読まないもんで知らなかったんだけど、これ有名らしいね。

いや、本当最高だったよ。読後感がフワフワして…。

舞台は人間が木星とか行けるくらいに科学が発達した世界で、

月面で石とか掘ってたら、偶然、宇宙服を着た人間らしい遺体を発見するんだけど、

この遺体を調べると2万年前の遺体で…

持ってた日記とか未知の文字が書いてあって…

そこからもう、いろんな科学者が議論をぶつけ合って

最終的に衝撃の結末に至るまで、もうワクワクが止まらない展開の連続で

本当にマジに面白かった名作だった。ヤバいっていうか。

これ3部作の1作目なんだけど、残りの2作も楽しかったよ。

でも個人的にはこの1作目が最高かな。

 

ちなみに、他に読んだ中では

「アドルフ·ヒトラーの青春」

がすごく良かった。ヒトラーの唯一の友達だった人が

青年時代のヒトラーの事を書いた本。

歴史ってすごいよな。この本の感想もいつか書きたい。



<今年一番印象に残った食べ物>

「近所のトンカツ屋で食べたカツ煮定食」
1350円だった。ちょっと高級な感じ。

 

このお店、2008年にここに越してきたときから

ずっと気にはなってたんだけど、

ほら、社会人なりたてとか、ちょっと個人経営のお店って

入るの勇気要らない?要るんだよ。

そんで、全然入らなくて、社会人になってだいぶ経ったいまも

なんとなく入る機会がなかったので、こないだ思い切って入ってみた。

カツがおいしかった。

おつまみもいろいろあるので今度また行こう。



<今年一番印象に残った「やっちまった」と思った事>

は〜特にないかな…。

今年は特に何もやっちまってない気がする。いい事だね。


<今年一番印象に残った出来事>

「娘が歩くようになった」
去年のブログで、「うちの娘はハイハイなしでいきなり立つ気がする」
というような事を書いていたけど、おおむね当たったね。

尻をずりずり動かして移動する技を編み出してから、

1年ちかくそれで移動してたけど
ついこないだの夏頃からつかまり立ち、秋頃から普通に歩き始めたよ。

今は階段もまぁギリギリ登れるようになってきた。

子供が歩くようになるのって、思っていたよりもずっと衝撃的で

これを境に赤ちゃん時代をハッキリと卒業してしまったような気がする。

あぁ〜成長しちゃうんだなぁ…。

 


<今年一番印象に残った言葉>

「やっぱりカップヌードルは凄えよ!」
ファイナルファンタジー15の、あるサブクエストで発せられたセリフ。

このゲーム、メタルギアのカロリーメイトみたいに

カップヌードルを思いっきり登場させてて、ゲーム中でも買って食べられるんよ。

もうこれが妙に美味しそうすぎて、ここ1ヶ月でカップヌードル何回食べたかな。

5回は食べたな。ちなみに今日もお昼に食べた。

 

ほらめっちゃ美味しそうじゃんこれ…。

グラフィックに力入れすぎだろ…。

 


<今年一番印象に残った生物>

 

なんだこの括りは…。
「娘」
ですね…。明日で1歳10ヶ月になるよ。

ていうかなんだこの括り。


<今年一番印象に残ったゲーム>

「ファイナルファンタジー15」
今年もいろいろあったよね。
発表から10年。ついに発売されたこれが今年のナンバーワンだよ。

カップヌードルうまそうだし。

内容?いや、これが意外と面白かったよ。

確かに、確かに中抜け感はものすごい。

これでAmazon星5はつけられない。星1の人の気持ちすごいわかる。

でも、途中経過がすごく楽しかったんだよ!

これ買う予定無かったのに体験版が面白くてつい買ったもん。

そして体験版でやってたような内容がすごく面白いんだよ。

ドライブ中にパーキングエリアによってガソリン入れて、

ついでに薬類(ポーションとかエリクサー)も買って

また車に乗って…こんなRPG見たことない。
ストーリーっていうか、ストーリーそのものはすごくいい。

ただ映画とか…宣伝とか…アニメとか…

そういうの作る前に本編もっとやれなかったのかなっていうのは、ある。

あるけど、私はこれ楽しめたので全てOK!

全てOKだぞ!



<今年一番印象に残った飲み物>
 

「エグゼクティブ·スタウト」


 

これ。

これっていうか、自分である程度カスタムしたネストビールを作れる

「手作りビール工房」とかそういう名前のやつがあるんよ。

これ去年も書いたな?今年もラベル作りがんばったよ。

自分で燻製したコーヒー豆と、生姜スライス(これあんまり意味無かった)

そしてバニラビーンズを入れてもらって作りました。

バニラコーヒービールっていう感じに仕上がったよ。足し算的というか。

まだ残ってるな…。明日とか飲もうかな…。

 


<今年一番印象に残った世の中の出来事>

「大和くん行方不明事件」

 

大和くんのお父さんには悪いけど、今年これが一番面白かった。

結果も無事だったし。

なんかミステリーを感じてテレビの前でワクワクしちゃったよ。

正直お父さんが埋めたのかと思ってた。謝らんといかん。すいません。


<今年一番印象に残った「人にやさしくしよう」と思った出来事>

なんなんだよこのフォーマットは…。

別にないよ…そこそこ優しい方だよ…。


<今年一番印象に残った「人にやさしくした」出来事>

↑の内容と矛盾するけど別にないな…。

もっと人に優しくしよう…。



<今年一番印象に残った「人にやさしくされた」出来事>

「近所の居酒屋の常連の人が自分でボトル入れてるお酒を」
ちょっと飲ましてもらったりするんだよ。

そう、今年初めて「いきつけの居酒屋」的な居酒屋を

親戚の紹介みたいな形で見つけて、たまにいくようになったんだよ。

平均年齢すごい高いのでちょっと浮いてる気はするんだけど、

たま〜にこういうちょっといい思いをするのでgood。



<今年一番印象にのこった芸能人>

「ベッキー」
これ何を考えてんのかなぁ。


<今年一番印象に残った酒>

これ↑のほうと重複するね。

酒を日本酒と解釈すると、木内酒造さんのこれかな

 

妻が誕生日プレゼントで買ってくれてた。

あと、クリスマスにもこの酒造さんの別のお酒もらったからこれから飲む。



<今年一番印象にのこってないゲーム>

 

「コールオブデューティーBO3」
未来戦はいいんだけど精神世界とか意味不明。


<今年一番印象に残った買い物>

「洗濯機」
今年の初めころに洗濯機が壊れて…。

予算5万くらいのつもりで電気屋行って8万くらいの買って来た。

10キロのやつ。まぁ思い切って大きくていいの買って正解だった。


<今年一番印象にのこったつまみ>

「高いかまぼこの板わさ、安いかまぼこの板わさ」
高い(200円)
安い(100円)

比べてみた。味は同じだった。

 


<今年一番印象に残った暖房器具>

 

フォーマットが意味わからなくなってきたけど
「灯油ストーブ」
これ、うちにはないんだけど先日、たまたま見た。

灯油ストーブの独特の匂いが好き。冬だなぁって感じる。


<今年一番印象に残ったお出かけ>

「近場の遊園地」
今年は2回、娘を連れて遊園地に行った。小さいやつ。

動物園にも行ったけど、そっちはあんまりまだわからないみたい。
観覧車に乗った。喜んでいたようにも見えた。また行こう。


<今年一番印象に残った怒られ方>
 

いや特に怒られてないような気がするな今年は。


<今年一番印象に残ったカクテル>

「焼酎お湯割り」
焼酎すごく嫌いだったのに今年くらいから飲むようになった。
昔は毒液としか思え無かったのに。なぜか旨みを感じる。

麦が好きだけど、先日米焼酎というものを初めて飲んで衝撃を受けた。

ほんのちょっと舐めるだけでお米の香りすごい。


<今年一番印象に残った飲み屋>

 

↑のほうでも書いたけど
「いきつけの居酒屋」
を見つけたのでそこ。遅くまでいると賄いが出たりする。

うどんを食べさせてくれるというので、待っていたらこんなの出た。

予想外すぎ。

 

 


<今年一番印象に残った「ああ、俺はもうあの頃には戻れないんだ」という瞬間>

このフォーマットなんだよ…。

でもこれは娘を見ているとたまに思うな。
戻れないというより、戻りたくないけど。








ちょっとはしょったけどこんなもんかな。

 

紅白はどっちが勝つかなぁ。

今日はもうパソコン触らんから更新はなし。

多分、白が勝つんじゃないかなぁ。あ、でももうSMAPいないのか。

SMAP解散はちょっと驚いたけどそんなに印象的じゃない感じ。

休ませてあげようよ…。イヤイヤやる仕事なんてクオリティ低くなるだけだよ…。

 

 

 

よっしゃ締めだぞ

 


去年同様、
この更新を読んだ人が
片っぱしから幸せになり、
その一人当たり8%くらいが
私に帰ってきますように。




よいお年を。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書くけど何なの最近…
寒すぎない…?
これ札幌とか人が住めるもんなの?
ロシアとかもどうなの?

そういえば北方領土帰って来なかったね…
地元の街宣車が北方領土返還!って昔からやってるけど、まぁあの人らは職を無くさず済んで良かったね…

うちの娘は最近すごいよ、もう赤ちゃん時代は完全に終わって、乳幼児時代も終わったかな?
もう完全に子供と呼べる状態になりつつある。
いやまだかな。
一人で歩くし、階段もどうにか登るし(降りるのはNG)、ごはんもまぁ…自分で食べるようにはなってきた。
年賀状に娘の写真を載せて友達に出したよ…年賀状に子供の写真載せる日が来るとは…というのも年賀状に書いた。

一年は早い…。
ほんと早い…。
でも子供がいると少し長く感じる…。

いつも毎年(多分皆勤)やってる
「今年一番印象に残ったもの」の記事も
この勢いで書こうかなって思ったけど明日にするよ。
明日出来る事は明日やればいいんだよ。
明日は蕎麦を自分で打って…蕎麦粉あんまりないから普通の蕎麦も茹でて…
松前漬けつまみながらお酒を飲もうかなぁ
楽しみだね。

ああ〜今年が終わる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメブロのアプリを入れてiPhoneからの更新をしているよ。
アプリ最高。


五年前の今日、私は今日みたいに職場に居て、
あの大きな地震、初めてリアルに机の下に身を隠し、
建物の倒壊に怯え、全力で外に飛び出した。
他の人を気遣う人が居る中、私にはそんな余裕は無かった。

電気が消え、薄い窓の光が埃を照らす室内に立ち
廊下を埋め尽くすキングジムファイルの洪水を踏み
おかしな位置に居る自販機を避け
バックリ割れた白い壁の真っ黒な裂け目に怯え
歪んだ階段を降り
崩れた壁のかけらを踏み
水平でなくなった廊下を走り
そして外に飛び出した。

職場の中庭にて点呼、しばらくして解散。
私は自転車に乗って職場を出発。
車でギュウギュウの道路を横切るべく、いつもの信号機の前に来たが、信号機の電気が消えていた。
この青も赤も付いていない、黒い信号機が未だに強く印象に残っている。
インフラが死んでいるのを感じた。

私が信号機を唖然と見ていると、横断歩道手前の車の中で
人が「いいから渡れ!」と手で私を促してくれていた。
私は会釈をして、反対車線に気をつけて道を渡る。

明かりの無いコンビニや、崩れた石垣を見ながら坂道を登る。
自宅の駐車場に着くと、妻が車の前に居た。

私はこの時、何故か「ここに居ては危険だ」「市の避難場所に行かなくては」と考えた。
実際には、避難場所の市民体育館や小学校よりも自宅の方が標高が高いので津波の危険が低いし、
中はグシャグシャとはいえ布団も食料もあるので、避難する必要は全くなかった。

でも何か避難しちゃった…。
ハムスターのカゴを車に乗せ、更に最悪は火事場泥棒に荒らされてもいいように、パソコンや外付HDD、貴重品、大事な書類をかき集めて車に詰め込んだ。
そして、小学校の校庭に車を止め、中で一晩を過ごした。
サイレンの音や、津波警報の防災無線が絶えず鳴り響く空は不気味に赤黒かった。
この時に一度ブログを更新している。


車の中で色んな事を考えた。
津波が来たらどうやって逃げようか。
このままお店がずっと再開しなかったら何を食べようか。
お酒はしばらくは飲まないべきだな…。
電気はいつまで使えないんだろう。
水はいつまで出ないんだろう。
トイレはどうしよう。
強盗が来たらどうやって戦おう(この時は本当にこれを考えていた)。
友達や家族は大丈夫だろうか。
月曜から仕事はどうなるんだろう。
ハムスターの散歩もしばらくお預けだな(後部座席で激しく檻を齧る音を聞きながら)。
これからどうなるんだろう。


朝、近所の饅頭屋さんが、商品の饅頭を校庭や体育館に居る人に配り歩いてくれた。
私と妻も一つずつ頂いた。甘かった。
この饅頭屋さんには今もたまに行く。
朝になって辺りを見渡すと、校庭は車でビッシリだった。

毎日お風呂に入らないと眠れない私は(寝たけど)、せめて頭を洗う為、お昼くらいに一人徒歩で自宅に向かった。
途中に海が見える崖がある。
海の中腹(?)に、赤っぽい帯が広がっていたのを見た。あれはなんだったんだろう。
大きな余震が一時間に十回くらい来るけど、天気が良くて気持ちは晴れやかだった。
多分、この頃に福島原発が爆発している。


家の中はやっぱりグシャグシャだった。
主に酒ビンを沢山買っていた私のせいだった。
しかもこの頃、自宅でカクテルを作るのに手を出したばかりで(すぐ飽きた)、色々なリキュールが床に炸裂していた。
ブルーキュラソーとメロンリキュールが混ざり合って綺麗だった。
蛇口を開けたが水が出ない。
仕方なくミネラルウォーターを大事に頭にかけ、シャンプーで洗った。
不完全でも、頭と顔を洗うと全然違うものだ。

歩いて小学校に戻る。
ようやくこの辺で、「これ避難の意味ないよな…」と気がつき、妻と自宅に車で帰った。


この日だったか、後日だったか覚えてないが、とにかく自宅で新聞を見て驚いた。

「東 北 地 方 大 震 災」

「福 島 原 発 爆 発」

のような超特大の一面記事。
この頃、まだ東日本大震災に呼称が統一されていないため、新聞によって表記がバラバラだった。うちは読売新聞でした。

ガラスを片付け、リキュールを簡単に拭き、とりあえず派手な新聞を床に敷いた。
電気が無いので、夕方からは何も出来ない。
札幌一番の塩をそのままかじり、ウインナーを生でかじり、ハムスターに餌をやる。
しばらく車のバッテリーで充電したPSPでモンハンP3rdを遊ぶなどしたが、揺れるし落ち着かないので、すぐに寝た。
暗いと、意外と6時とか7時でも眠れるもんだな、と思ったが、ハムスターが超出たがるし何度か夜中に起きてしまった。
このやること無いから寝るしか無い、というのは案外つらいものだった。
ここでモンハンを起動し、イビルジョーに挑み、負けた気がする。


翌朝の日曜日の午後、トイレが流れないのが嫌なのでヤカンに池の水を汲みに行く際、信号機が光を取り戻しているのを見た。
この時の希望感を未だに覚えている。
興奮して家に帰り、洗面所の電気を付けた。なんと、付いた。
たった二日間の停電だったけど、電気があるって素晴らしいという事を実感した。
興奮してトイレのレバーを引いたが、水はまだ出なかった。
また、水を汲みに行く。

その日、炊飯器で炊いたごはんが本当においしかった。のりたまを使った。


その後も色んなものを見た。
スーパーの広い駐車場には、ディズニーかよ…というくらいの長く太い列が続いていた。
並んだが、お店の人が「食料品売り切れ」の札を掲げると、列がパーッと解散した。
昔教科書で見たような青空市をやっているところもあった。そこではパンを買った気がする。
ゲオの入り口のガラスが破壊されていた。人が一人入れるくらいの割り方。
これは本当に火事場泥棒だと思う。やっぱり居るところには居るんだな。
穴場の自販機を見つけた。すでにどこかのお母さんが一人、ジュースを買っていた。
私は隣の自販機でジュースを4本買った。その間も、私が立ち去っても、お母さんはジュースを買い続けていた。
近所にたまたま工事現場があり、たまたまそこで仮設トイレを貸してくれた。
一度お世話になった。たまたま現場の人が居たので、お礼を言えたのが良かった。


小学校には、トイレットペーパー一袋と乾麺のうどんを寄付した(スナオシのうどんはツルツルで最高のためオススメです)。
あと小学校で過ごした夜は、トイレを借りた時におじいさんが居て、暗いので懐中電灯で照らしてあげた。
おじいさんは私にお礼を言ってくれた。
結局、私がこの震災で人の役に立ったのは、たったのこれだけだった。
うどん、トイレットペーパー、トイレ。
本当にたったのこれだけだった。


やがて一週間もすると水道もガスも復旧し、普通の生活を送れるようになった。
それからしばらくの間は、職場の復旧活動が主な仕事になった。
職場がどうにか仕事出来る状態になるまで、わずか2週間程度だった。
復旧を取り仕切る人が素晴らしく優秀だった。

当時は状況に翻弄され、その日にいっぱいいっぱいだったので気がつかなかったが、
後に私は、社会に生かされていると思った。


あれから五年。
今は家族が一人増え、三人で同じ家で暮らしている。
もしも、またあの凄まじい地震が来たら、私達は娘を守れるだろうか。

いや色々書いたけど、結局私の地域はメチャクチャ揺れたし、
津波で破壊された家もあったけど、私自身には結局大した危険もなかったので、
なんかこう書くと大袈裟になっちゃうね。

でも、あれから五年って聞いて、
職場で黙祷して、
家に帰ると娘が居て、
うまそうに納豆おかゆを食べていて、
私は今日、そのように思いました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。