リアゲート バックドアの損傷 ①交換したほうが安い場合 | 車の板金塗装 安く直すには?

車の板金塗装 安く直すには?

自動車の鈑金塗装って一般的に高いイメージありますよね?
それは現場の職人とお客様の見解の相違があるからだと思います。
見積もりをみてビックリしたことある人たくさんいると思います。
修理を安く済ます参考にしてみてください。内容は玄人の方向けではありません

車の後部ドアを

リアゲートまたはバックドアと呼びますが

記事ではリアゲート(画像①)で書かせていただきます

 

最近、

前を走っている車がリアゲートにヘコミがあるままのを

よく見かけます

それをみるたびに思うんですが

たぶん見積したら交換と言われて金額に驚いた人が多いと思います

しかし保険使うには微妙な金額だし

自腹もキツイので、そのまま我慢して乗っている人も多いと思います

 

うちの工場に着てくださるお客様もディーラーや他店で取替と言われた方が多数いらっしゃいます

 

 

 

画像①リアゲート(ハッチバックタイプ)

リアゲート

 

画像②トランク

 

一昔前はトランク式(画像②)の乗用車が多かったのですが

最近はハッチバックタイプ(画像①)が主流となっているようです

 

 

どちらにも言えることですが

損傷の程度にもよりますがリアゲートもトランクも交換をおすすめする工場が多いです

 

理由としては

修復の限界の場合と金額が合わない場合だと思います

 

さらに細かく分類すると

 

①交換したほうが安い場合

②損傷がひどく技術的に無理

③修理してクレーム率が高い部位だから

④納期の関係

⑤実際の作業着判断でなく見積り担当者の判断の場合

⑥忙しいから交換のほうが早い場合

⑦その他

 

 

具体的にどうゆうことか説明していきます

 

まず

①交換したほうが安い場合

この場合は交換した場合と鈑金塗装した場合の二通りの見積を作成して

どちらが安いのか差額がどれだけあるのかがポイントとなります

鈑金の場合は損傷程度の難易度や作業時間により工賃が高くなります

新品パネル代が安価の場合やトータルでいくらかかるかで鈑金工賃のが上回る場合は交換したほうがいいです

 

車種によっては新品の部品代が安い場合もりますが新品に交換の場合は

付属部品が必要だったりガラスを入れ替えなくてはなりません

よくお客様で勘違いされてるのは全ての部品が付いた状態で色付きの部品がメーカーから

出されているとおもっている方がいますが新品はパネルだけで塗装もされてませんしガラスもついていません

詳しくはこちらを参照してくださいモビリオ リアゲート交換

 

 

極論から言いますと

同じ色の中古部品があれば安くなります

 

ただし最近ではリアゲートの場合は中古部品が高いです

新品パネルより高いです

 

ガラスがついてる状態で同色で塗装しないで使えるような中古部品でないと

安くなりません

 

運よく安価でリアゲート中古の同色でそのまま使用できるのであれば

新品部品を使用するよりはトータルでは安く済みます

 

 

次の記事で

②損傷がひどく技術的に無理

この場合を投稿いたします

 

 

 

 

鈑金 塗装
小川自動車工場
茨城県結城市結城614-5
tel 0296-33-2508

平日   AM8:30~PM21:30
日曜祭日 AM11:00~PM17:00 

http://ogawa-tel0296332508.com