ラス20回でウェブログ更新…の独自ルール発動

テーマ:

本日この瞬間より、ラス20回ごとにウェブログを更新する。

 

なんとなれば、ついさきほど七段復帰=鳳凰卓に戻ったからである。

 

今から3ヶ月前の8/18、宮古島での合宿中にわたしは七段から六段へと降段した。

 

哀しかった。

悔しかった。

そして情けなかった。

 

鬼神のごとき形相で打ちまくりおよそ1日半で1000pt獲得、過去最速の七段復帰と思いきや…昇段を目前にして急遽大失速。

 

そこからはまさに地獄であった。

 

押せば放銃、退けばアガリ逃し。ラスラス3着ラス…といった戦績でひたすらポイントを減らしまくり、ふと気づけば六段→五段の降段戦である。

 

「特上卓では100%勝ち組」の私が、はたして五段に落ちることがあるのだろうか。

 

いや、あるわけない(反語)。

 

結句、5回くらい降段戦をやっただろうか。そこから超じわりじわりとポイントを増やし、丸々3ヶ月かけてようやっと本日七段復帰と相成った。

 

先日、(なにかの間違いで)六段に降段してしまった日本一有名な麻雀ライター/第六期天鳳名人位の福地誠御大も一時期残り数百ポイントまで減らされたらしいが、やはりというか当然というかそこからある程度挽回されている。

 

福地さんの実力/スキルはみなさんご存じのとおりである。当然のことながら、これまでどおり普通に打てば100%の確率で七段復帰→九段~十段の位置までは必ず戻られることだろう。

 

麻雀とは究極の「運ゲー」である。

 

しかしながら長いスパン(1000~2000Gくらい)で見ると、ほぼ実力どおりの結果に落ち着く(可能性が極めて高い)。

 

つまり私は、Bランクの特上卓では(トータルで)ほぼ負けないが、Aランクの鳳凰卓では(トータルで)ほぼ負ける実力なのである。

 

哀しいかな現時点ではそれが紛う方なき真実/現実なのだが、私はあきらめない。いや、あきらめてはならない。

 

今回で何度目の鳳凰卓チャレンジだろう。もはや数えるのもイヤになるくらい六段→七段→六段→七段…という段位移行を繰り返している。

 

そこで、だ。

 

「ラス20回ごとにウェブログ更新」という罰を自身に与えることで、少しく「流れ」を変えてみることにする。

 

最高位戦の瑞原明奈プロ(ID=みかん太)のように牌譜専用のツイッターアカウントを作ろうと思っているのだけれども、イマイチやり方がわからないので誰か教えてたもーれ。

 

※当方デスクトップのiMac/Flash版で対局しております。

 

1ヶ月=300~400戦近く打つので、おそらく1週間~10日に1回くらいのペースで更新することになるはず。

 

なお、この文章もそうだが、あくまでもこれは自身への罰なので文章に関してはアバウト&ファンシーである。

 

更新のほとんどが生きることのつらさを語る=グチになると思われるので、内容に関してはあまり期待なさらぬやうに。

 

ではさっそく久方ぶりの鳳凰卓で鉄板強者に揉まれてきやす!

 

嗚呼、ネット麻雀界最高峰の卓で打てる幸せ。

俺はいま、生きている。

いとうれしきかな。アイムハッピー。

 

(・〜・)b うっひょーー!!!

 

※簡易推敲しかしていないので誤字脱字があっても無視して丁髷。

AD