【中央例会】沖 中央例会 9月 特選句 | 航海日誌

航海日誌

創刊50周年「沖俳句会」公式ブログです。
主宰 能村研三 創刊主宰 能村登四郎

 

沖 中央例会 9月

月見

紙上句会

特選句

 

 

能村 研三 選

≪特 選≫

 宿坊の矩形正しき新豆腐      座古 稔子

 

【評】宿坊は、もともと寺院の参拝者や修行僧らが宿泊する施設で、参拝者もただの宿泊として考えてはいけない。宿泊することも修行の一つで夕食に出された精進料理の新豆腐も矩形正しきもので身が引き締まるものがあった。

 

 

≪準特選≫   

 キャンプの灯ゆれて家族といふ単位  菊地 光子

 

【評】ファミリーキャンプ場での光景か。思い出作り、家族との交流を深めるため休日を利用してキャンプを体験する人は少なくない。家族ごとのキャンプファイヤーが楽しげに揺らいでいた。

 

森岡 正作 選

 

≪特 選≫

 土鈴置く小さき座布団冬隣     齊藤  實

 

【評】句集には春夏秋冬の句があって、何時読んでも違和感はないが、こうした秋口の句会で「冬隣」の句は、読んでも興が乗りにくい。そんなことを抜きにして敢えて選んだ。飾り物というか置物の土鈴で民芸品であろう。棚か本棚の上にあって、ふと目が行った時は、見つめていて心が落ち着くのである。季語の「冬隣」も動かない。

 

 

≪準特選≫

 草市や発電機より灯火得て     大沢 美智子

 

【評】心を打たれるとかという句ではないが、詠むべきことをしっかり捉えている。お盆を前にして草市は空き地や広場などに特設される。電気が引けなければ発電機、泥臭くても人々の知恵、生活の知恵で成り立つ。人々の生きる力を感じる。