最後は身近な人を大事にしてほしい | 老舗ニット会社三代目社長岡崎博之の自分らしく事業承継

老舗ニット会社三代目社長岡崎博之の自分らしく事業承継

東京の下町・墨田区・両国で、糸とセーターを売っている [丸安毛糸]の3代目社長です。 経営者の視点、後継者の視点、アパレル業界人の視点・・で気づいたこと、そして、自分らしく事業承継していく方法を書いています。みんなで一緒に元気になれるようにお伝えしていきます!


テーマ:

おはようございます。

今朝の朝礼は、クレド#1に戻りました。

クレド#1

私たちは健康を一番に考えます。
毎日の健康管理、自己管理を行い、いつでも明るく、元気な笑顔で、自分の
ベストな状態を作ります。

スタッフからは、それぞれの自己管理の話や健康感の話を聴くことが出来ました。

それぞれ、自分なりの健康管理、自己管理の方法があります。
減量して体調を整える人、ジムへ行く人、睡眠をとる、、、
個人差があるし、年齢差もある。

これがいい! これをやりなさい!!
なんて、言うつもりはないし、それは個人で考えることです。

ただ、職業人としては、仕事をする上で最低限の自己管理は当然。
それで、お客様の為に毎日頑張るんです。

ところが、病気となると、ちょっと話は違います。

いくら健康管理をしていても、病気にはなるんです。

最近は、「癌」の話がよくニュースになっています。
気がつかない、自覚症状がないところで、進行する病気。
これには、「健康管理がなっていない!」なんてことではありません。

その場合は、お客様優先ではない。 
私はそう思う。

お客様の為に、仕事を休めない、手術しない、延期する、、、

朝礼でも言いましたが、スタッフの皆さん、
そうなったら、休んで下さい。手術をして下さい。治療して下さい。

とにかくそれを優先して下さい。

身近な人を悲しませないで欲しい。
家族だったり、親兄弟だったり、友人だったり、、、
悲しませてはいけない。

最後は身近な人を大事にしてほしい

私はそう思います。


応援ポチッ、よろしくお願いします ↓ (この四角をクリック!)

老舗ニット会社社長の「みんなで一緒」ブログ-ランキングバナー・ニット赤 



お客様


糸とセーターのプロ集団★ニットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります