人生初の長岡花火大会に
行って来ました!

それも
「ココロのバリアフリー計画」の
仲間たちと。


花火大会でも、
「みんなのココロのバリアが
なくなりますように」と
願いを込めて、
みんなで、同じTシャツ着て観覧。







長岡花火大会…
すごいとは聞いていたけれど、
想像以上の素晴らしさ。
スケールが違いすぎて、
初めから
圧倒されっぱなし。

夜空を埋めつくし
降ってくるような花火に
感動で涙が出てしまう…


そして、
15年目の
中越地震復興祈願花火
「フェニックス」は、圧巻でした。



実は、
花火大会の前に、ご縁があり、
長岡市役所で
市長に表敬訪問させていただいたのです。

花火大会当日のお忙しいなか
お時間作っていただき感謝。

「ココロのバリアフリー計画」
の活動についてお話しを聞いていただきました。




ご自身の障害者支援の取り組みや
お考えを示してくださいながら、
「ココロのバリアフリー計画」代表の
池田君江さんの話に
聞き入ってくださる磯田市長。

磯田市長は、
落ち着いたソフトな語り口のなかに
静かな情熱と誠実さを
感じさせられる方でした。



そして、
同席いただいた
五井市議。


次々と繰り出される
ユーモア溢れるトークに
みんな
笑いっぱなしでしたが、

花火大会の雑談のなかでは、
「フェニックス」のエピソードと
地元の思いをお聞かせいただき、
その夜は、より一層、
フェニックスの輝きと素晴らしさを
体感することができました。




夜空を彩る花火に魅了されながら、
「感動」や「思い」は、
やはり、共有すること、なのだ…
共有してこそ、なのだ…
と、
改めて、感じる最高の夜でした。