ここのところ、
毎日、新幹線か飛行機に乗っていて
自分でも、
「昨日は、どこにいたんだっけ?」
というほど、全国各地へ移動の日々。

でも、行くところ行くところ
吸い込む空気の
湿り気や匂いの違いに
日本という国の広さと多様性を知る。

梅雨真っ只中、
夏の始まりのこの季節、
色鮮やかな緑は、
どこに行っても、心揺さぶられる。

昨日、今日は、
移動しながら目に入る
秋田の「緑」に、
心奪われ、癒される。




「緑」も、空の「青さ」も
どこに行っても、
同じなようで、
でも、どこも違う。


それって、なんて、
素敵なことなんだろう…
と改めて、思う。


東京に帰ってきました!
おやすみなさい。