御即位奉祝 一般参賀
令和元年 5月 4日



(御尊影・画像 :NHK 特別番組・ニュース7、TBSニュース)




先週 5月 4日(土) 午前10時頃から午後 3時頃まで1時間ごと6回、秋篠宮
ご夫妻をはじめ、成年御皇族方と (午後からは秋篠宮ご一家と) ご一緒に
皇居 [長和殿] ベランダに御出ましになり、御即位をお祝いする一般参賀に
臨まれ、天皇陛下よりお言葉を賜りました。(下記)








来入場・参賀者数
開門前まで 05万人来場 (皇居前広場)
宮内庁は参入門 (二重橋、皇居正門) を予定より
20分早め、09:10に開門。
11:30 現在 06万 5,930人 入場参賀 (宮殿東庭)
一日 延べ 14万 1,130人 入場参賀 (宮殿東庭)



御出まし







第1回 午前10時頃
第2回 午前11時頃
第3回 正午頃
第4回 午後01時頃
第5回 午後02時頃
第6回 午後03時頃

3回まで
天皇皇后両陛下、秋篠宮ご一家 (秋篠宮皇嗣殿下、同妃殿下 紀子様、
ご長女 (内親王殿下 )眞子様、ご次女 (内親王殿下) 佳子様) 常陸宮
ご夫妻 (昭和天皇第二皇子、常陸宮正仁親王殿下・同妃殿下華子 (は
なこ) 様)、大正天皇第四皇子、三笠宮崇仁親王妃殿下 百合子様、三
笠宮寬仁親王妃殿下 信子様、寬仁親王ご長女 (女王殿下) 彬子 (あき
こ) 様、高円宮憲仁親王妃殿下 久子様、憲仁親王ご長女 (女王殿下)
承子 (つぐこ) 様
4回以降
天皇皇后両陛下、秋篠宮ご一家 (秋篠宮皇嗣殿下、同妃殿下 紀子様、
ご長女 (内親王殿下 )眞子様、ご次女 (内親王殿下) 佳子様)




当日の気温上昇が予想されていたため、宮内庁は事前に参賀者へ 「十分な
水分補給や帽子着用など熱中症対策をして頂きたい」 と公式サイト・報道機
関等に公開した [御即位一般参賀要領] で注意 [お願い] を呼びかけ、当
日も各参入門 (一般参賀要領案内板) への注意 [お願い] 書き、入場・参
賀者を誘導整理する皇宮警察官も盛んに呼びかけされましたが、熱中症等
で121人が救護所で手当てを受け (皇宮警察発表)、28人が救急搬送 (東京
消防庁発表) されました。


14:00、都心最高気温が6月上旬並みの暑さ [24.8度] を記録。(気象庁)
そのような状況を側近の方からお聞きになった両陛下は、救護所で手当てを
受けた人、受けている人、救急搬送された人を案じられながらお話し合って
(御皇室担当記者談)、第5回・第6回の御出ましの際に、暑さと来場・参賀
者への御心遣いを加えられたお言葉を賜りました。(下記、下線部)



天皇陛下お言葉 (全文)


第1回~第4回の御出まし時
このたび、剣璽等承継の儀、及び即位後朝見の儀を終え
て、きょう、このように皆さんからお祝い頂くことを
嬉しく思い、深く感謝いたします。

ここに皆さんの健康と幸せを祈るとともに、我が国が
諸外国と手を携えて、世界の平和を求めつつ、一層の
発展を遂げることを心から願っております。


第5回・第6回の御出まし時
このたび、剣璽等承継の儀、及び即位後朝見の儀を終え
て、きょう、このように皆さんからお祝い頂くことを
嬉しく思い、またこのように暑い中、来て頂いたこと
深く感謝いたします。

ここに皆さんの健康と幸せを祈るとともに、我が国が
諸外国と手を携えて、世界の平和を求めつつ、一層の
発展を遂げることを心から願っております。










天皇陛下の御心遣い


秋篠宮ご一家との御出ましになられた午後、事前に決められた (離れた) お
立ち位置での御手振りの後、天皇陛下のお声がけで、両陛下、秋篠宮ご一家
がお寄り合って再び御手振りされました。

カメラ・写真がご趣味で、皇太子殿下の頃から公私に亘る国内外ご訪問の際
にカメラを提げられて写真を撮影されていた天皇陛下の、カメラ・スマホを構え
た参賀者への温かく細やかな御心遣いです。

宮中祭祀
そして、両陛下におかれましては本日 5月 8日(水)午前、御即位後最初の
宮中祭祀、5月 1日の[剣璽等承継の儀]同様に神代、建国の御世から継承
され、世々御歴代天皇が執り行われている御大礼 (ごたいれい) 即位礼の
儀式のうち、宮中三殿 (下記) での 【賢所に期日奉告の儀、皇霊殿神殿に
期日奉告の儀】 に臨まれます。

天皇陛下は 【日本民族 (国民) 最高位の祭司】 として [御在位中の天皇]
のみがお召しになられる黄櫨染御袍 (こうろぜんのごほう) の御装束で 5月
1日に継承された剣璽 (けんじ) ととも神前に進まれ、御拝礼、御告文 (お
つげぶみ) を奉上。
今秋に臨まれる御大礼 【即位礼正殿の儀 (10月22日) 大嘗祭 (11月14日
~15日)】 の期日を御奉告されます。

皇后陛下は五衣 (いつつぎぬ) と小袿 (こうちき) の十二単 (じゅうにひと
え) の御装束に大垂髪 (おすべらかし) のお髪型で神前に進まれ、御拝礼
されます。

宮中三殿
日本民族 (国民) の総氏神であり、御皇室の御祖先 (皇祖神) 天照坐
皇大御神 (あまてらします すめおおみかみ) をお祀りする賢所。(中央)
天地全ての神々、国内全ての御祭神をお祀りする神殿。(手前)
御歴代天皇 (皇宗) の御霊、御皇族の御霊をお祀りする皇霊殿。(奥)


岡山の風 サイト運用規程 (リンク・個人情報・著作権)
ホームページ版 「岡山の風」 閉鎖につきまして
読者登録・なう・Twitterフォロー等につきまして
ペタ帳閉鎖 (2016年 2月29日) 等につきまして
脊椎症・脊髄症の手術・施術 (ご案内) につきまして