明日 5月 1日午前0時の御代替わり、皇位ご継承に際しまして、御成婚以来
60年、皇太子殿下・同妃殿下であられた頃より、常に国民へ温かい御心をお
注ぎ下さり、常に国民へ温かく寄り添い頂き、世界と我が国の平和、我が国と
諸外国との恒久和平を願われ続けながら、国家国民の安寧をお祈り続け下さ
いました今上陛下、皇后陛下に感謝の真心をお捧げ致します。
平成31年 4月30日




御即位以来30年、時代に即した御皇室を築かれながら古来の伝統を大切に
守られ、日々多忙を極める御公務・諸行事への御臨席などとともに、古代より
世々御歴代天皇が 【日本民族の最高位の祭司】 として執り行われてこられた
祭祀を大切に継承され、元日未明の 「四方拝」 から大晦日の 「大祓 (おおは
らい)」 まで幾多に亘る宮中祭祀、伊勢神宮等への御親拝・御親謁におかれ
まして天地全ての神々へ国家国民の安寧と多幸をお祈り頂きました今上陛下
におかれましては本日30日、国家国民の安寧と多幸をお祈り続け下さいました
宮中三殿への御拝礼で御退位 (【退位礼正殿の儀】の挙行) を御奉告。

夕方17:00から皇居正殿 「松の間」 で国内外に御退位を宣明される 【退位礼
正殿の儀】 におかれまして、
天皇陛下として最後のお言葉を賜ります。(下表)

宮中三殿
日本民族の総氏神であり、御皇室の祖先 (皇祖) の天照坐皇大御神
(あまてらします すめおおみかみ) をお祀りする賢所。(中央)
国内全ての御祭神をお祀りする神殿。(手前)
御歴代天皇 (皇宗) の御霊、御皇族の御霊をお祀りする皇霊殿。(奥)
天神地祇 (天地全ての神々) をお祀りする神嘉殿。(最奥、附属殿舎)


本日 . 4月30日 午前10時~ 宮中三殿
退位礼当日賢所大前の儀
  賢所に祀られる日本民族の総氏神であり、御皇室の祖先 (皇祖)
の天照坐皇大御神 (あまてら します すめおおみかみ) へ御拝礼。
御告文 (おつげぶみ) を奉上され、御退位 (退位礼正殿の儀の挙
行) を御奉告。
 
退位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀
  皇霊殿に祀られる御歴代天皇 (皇宗) 御皇族の御霊、神殿に祀ら
れる天地全ての神々 (天神地祇、国内全ての御祭神) をそれぞれ
御拝礼、御告文 (おつげぶみ) を奉上され、御退位 (退位礼正殿
の儀の挙行) を御奉告。

本日   4月30日 午後05時~ 正殿「松の間」
退位礼正殿の儀
  皇后陛下、皇太子殿下、同妃殿下、成年御皇族、閣僚・衆参正副議
長・最高裁長官・国会議員・都道府県知事・市町村長等と、その配偶
者 (約300人) 参列の中、国内外に御退位を宣明され、国民に対し、
天皇陛下として最後のお言葉を賜ります。

明日   5月01日 午前00時 【改元政令】施行
今上陛下 第125代 天皇御退位
皇太子殿下. 第126代 天皇御即位

(平成31年 4月 1日 【改元政令公布】 NHK 報道特別番組)





明日 5月 1日、上皇 (太上天皇) 陛下、上皇后陛下として国家国民をお見守り
頂く中で、皇太子徳仁親王殿下、同妃殿下雅子様を天皇皇后両陛下に仰ぎ、新
たな 「令和」 の御世を迎えますことは、国民にとりまして慶賀の至りです。

皇太子徳仁親王殿下、同妃殿下雅子様
平成29年11月18日 (土) ~ 11月19日 (日) 香川県行啓


平成29年11月19日(日) 第41回全国育樹祭 開会式ご臨席
(香川県 仲多度郡まんのう町 満濃池森林公園)



式典終了後、式典に参加した 「緑の少年団」 の子供たちとお話される両殿下




ご訪問された都道府県・市町村の印で溢れる日本地図をご覧になる両陛下
(平成30年10月20日 ANN サタデーステーション)

(平成30年10月20日 NNN every.サタデー)

御成婚以来60年、常に国民へ温かい御心をお注ぎ下さり、常に国民へ温かく
寄り添い頂き、国家国民の安寧をお祈り下さいました今上陛下、皇后陛下にお
かれましては御退位、御代替わり後も幾久しく御健康で、御自愛と御静養の日
々を幾久しく過ごされますよう祈念致しております。


晴れの国おかやまの観光情報はこちらから

観光・グルメ・イベント情報
盛りだくさん
岡山県マスコットうらっち(左)・ももっち(右)
岡山の風 サイト運用規程 (リンク・個人情報・著作権)
ホームページ版 「岡山の風」 閉鎖につきまして
読者登録・なう・Twitterフォロー等につきまして
ペタ帳閉鎖 (2016年 2月29日) 等につきまして
脊椎症・脊髄症の手術・施術 (ご案内) につきまして