岡山市南区築港栄町

2018. 4.28 6.2

Nikon COOLPIX A900
(歪み修正・色調補正:GIMP Portable Ver.2.6.11 使用)




入院 : 2018. 4.26 6.2

入院生活・退院ご報告

新規ウインドウで開きます。




病室、及び病棟 (共用部廊下) から撮影させて頂いた窓外風景、デイルーム
(談話室) から望む古代ロマン溢れる児島の山々をご紹介します。





神さまの走り書き

群青の空に描かれた白き線条の袂、病院の道向かい・・・
♪o(^v^)o コロも 満タンに\(^▽^)/
♪(o^v^)o
コ・ス・モ 石油 o(^v^o)
岡山市出身女優、桜井日奈子さん (2017年 3月23日、新イメージキャラクター
起用) のCMでおなじみのコスモステーション。

私の心は、先生・看護師さんによる日々の回診、看護・介護・清掃スタッフ皆様
による手厚い看護と入院生活の全てに関して至れり尽くせりのフォローに
幸せ
満タン
の入院生活でしたo(^v^)o



日々刻々変様する天空に映える架線の影画









デイルーム (談話室)から望む児島の山々

児島半島最高峰 「金甲山」 (中央・奥) と、岡南富士 「怒塚山」 (右・手前)


~児島の神話と歴史ロマン~
国生み神話「古事記」、日本最古の歴史書「日本書紀」など
数々の歴史書に記され、古今和歌集などにも詠われてい
いにしえのロマン溢れる児島。

児島半島最高峰「金甲山」 (きんこうざん)
岡山市の最南端と玉野市の境界に位置し、1934年(昭和 9年) 日本で最初の
国立公園に指定された [瀬戸内海国立公園] に属する児島半島最高峰の山。
(標高:403m)

古くは神之峰(こうのみね)と称され、伊奘諾(いざなぎ)・伊奘冉(いざなみ)の
御子、建日方別 (たけひかたわけ) が 「吉備児嶋」 (現、児島半島) を司る神
「国魂(くにたま)」 として鎮座されたとされ、古代から内陸の吉備中山・高倉山
と並び、神が鎮座・降臨する神奈備 (かんなび) の山として崇められ、中世は修
験道の山岳として信仰されていました。

建日方別は、後の「吉備国」 を守護する国魂神として、大吉備津彦命による吉
備国平定・仁政の地、吉備津宮 (現、吉備津神社) の他、各地の神社に勧請、
奉祀されています。


数世紀を経た現代、NHK・民放各局のテレビ・ラジオの送信所・中継局舎等が
連立、テレビ塔・巨大アンテナが林立している山頂 (展望台横) に古代祭祀の
貴重な遺跡 「金甲山の神籠」 が大切に保存、整備されています。
祭祀遺跡ご紹介記事 (ページ中段) / 児島半島の歴史・伝説 (記事一覧)]





岡南富士「怒塚山」(いかつかやま)
金甲山に次いで児島半島で2番目に高い山。(標高332m)
現在の瀬戸内海が形成された約7000年前 (縄文時代) から1618年 (江戸時
代) まで 「児島」 が浮かんでいた吉備の穴海 (現、岡山平野~児島湾~児島
湖) の海岸線からそびえ立ち、現代の岡南地域に雄々しい姿を魅せています。

吉備の穴海に浮かんでいた古代児島を開拓し、備前国児島郡三宅郷(現、郡~
東児地域一帯) を治めていた土豪 (首長) 三宅氏の一族、宇多見氏の居城、
室町・安土桃山時代の城跡 「怒塚城」 跡 (土塀・堀切) が山頂にあります。
戦国時代に岡山の礎を築いた宇喜多直家・秀家は、古代児島を開拓、統治した
三宅氏族の末孫とされています。

(記述 : 1524年編纂 「宇喜多和泉能家入道常玖画像賛」 他)

次回投稿予定 (2ページ)

天空にひろがる夕照の芸術

山稜に沈みゆく落陽の輝き
各ページ構成でき次第、投稿・ご紹介させて頂きます。

晴れの国おかやまの観光情報はこちらから

観光・グルメ・イベント情報
盛りだくさん
岡山県マスコットうらっち(左)・ももっち(右)


岡山の風 サイト運用規程 (リンク・個人情報・著作権)
ホームページ版 「岡山の風」 閉鎖につきまして
読者登録・なう・Twitterフォロー等につきまして
ペタ帳閉鎖 (2016年 2月29日) 等につきまして
背骨の悪友(頚椎症性脊髄症、等)につきまして