奉祝! 皇太子殿下 御誕生日

テーマ:

(平成29年11月19日(日) 【第41回全国育樹祭】 開会のお言葉)



............ひろのみや.....なるひと......しんのう
皇太子..浩宮徳仁親王..殿下
御誕生日

皇太子殿下の御誕生日をお祝い申し上げ、
東宮家皆様の御健勝と
御皇室の幾久しい
弥栄を祈念致します。

平成30年02月23日


御尊影: 平成29年11月18日(土)~ 11月19日(日)
【香川県行啓、第41回全国育樹祭ご臨席】 報道画像
RNC ニュース / RSK 山陽TVニュース
TSC ニュース / FNN・OHK みんなのニュース



平成29年11月18日(土) 高松空港 御着
空港ターミナル前で奉迎の人々に手を振られる両殿下

平成29年11月19日(日) 第41回全国育樹祭 開会式
(香川県 仲多度郡まんのう町 満濃池森林公園)

緑を愛し、守り、育てる心を養うことを目的に活動する 「全国
緑の少年団」 の入場行進に拍手を送られる両殿下

開会のお言葉



皇太子殿下による御手入れ
平成元年に今上陛下、皇后陛下が植樹されたヒノキ・クロ
ガネモチを御手入れ (枝打ち) される皇太子殿下

両殿下による御手植え

妃殿下による種お手まきの後、土をかけられる皇太子殿下

式典終了後、式典に参加した 「緑の少年団」 の子供たちと
お話される両殿下。

全国植樹祭・全国育樹祭
終戦後間もなく、敗戦によって荒廃した国土に緑を取り戻すため、国土緑化
推進機構の前身 「森林愛護連盟」 の結成を経た1948年(昭和23年) に開
催された全国植樹祭の前々身 「愛林日記念植樹」 に臨席された昭和天皇
が御自身で苗を御手植えになり、以後も毎年、緑が溢れる国土を取り戻すた
め、全国各地で自ら植樹された昭和天皇の御心が今上陛下、御皇族に受け
継がれ、現在に至る 「森を守り育てることの大切さを普及啓発し、国民の森
林に対する愛情をつちかう」 ことを目的とした全国植樹祭(春季)・全国育樹
祭 (秋季)における開会のお言葉・御手植え・御手入れへと繋がるとともに、
国土緑化運動の発展、及び 「鎮守の森」 の再生に繋がっています。

戦争の激化により1944年(昭和19年)に中断された 「愛林日植樹」 は元々、
初代神武天皇の建国の御偉業を偲ぶ 【神武天皇祭】(4月
03日) を中心に
した毎年4月2日から4日までを 「愛林日」 に定め、1934年(昭和
09年)から
農林政務・山林関係者による全国的な植樹が実施されました。

戦後から再開され、天皇・御皇族がご臨席された「愛林日記念植樹」 は、「国
土緑化推進委員会 (現、国土緑化推進機構)」 が結成された1950年 (昭和
25年)より、「植樹行事並びに国土緑化大会」 に改称。
1970年(昭和45年)第21回より、現在の 「全国植樹祭」 に改称されました。
<参照・引用>
関東森林管理局 (全国緑化行事発祥の地・植樹祭の歴史、等)
国土緑化推進機構 (全国植樹祭・全国育樹祭、歴史・沿革、等)
入江相政氏著 「宮中侍従物語」 (1985年出版 角川文庫)



天皇御譲位.(皇位継承) 】
平成31年04月30日..今上陛下第125代天皇御退位
平成31年
05月01日..皇太子殿下第126代天皇御即位
平成31年
05月01日..改元(新元号施行)

平成29年11月19日(日) 第41回全国育樹祭会場 御着
(西日本放送 RNC ニュース)



御即位以来、常に国民を案じて下さり、全身全霊で国民に
寄り添い頂いている今上陛下、皇后陛下におかれましては
太上天皇
.(上皇).陛下、上皇后陛下として国民をお見守り
頂きながら、皇太子浩宮徳仁親王殿下、同妃殿下雅子様を
天皇皇后両陛下に仰ぎ、新たな御世を迎えますことは慶賀
の至りです。




平成31年02月24日 今上陛下、御在位30年記念式典 (国立劇場) 開催
平成31年04月30日 今上陛下、「退位礼正殿の儀」 (皇居 「松の間」)
第125代天皇 御退位
平成31年05月01日 皇太子殿下、「剣璽等承継の儀」 「即位後朝見の儀」
第126代天皇 御即位
平成32年 秋篠宮文仁親王殿下 「立皇嗣の礼」 (仮称)

以上、日本国憲法で定める 「国事行為」 として開催・挙行。

天皇御即位に関わる古来の儀式 「賢所 (天照坐皇大御神)・皇霊殿 (御歴代
天皇)・神殿 (国内全ての御祭神) に期日奉告の儀」「即位礼当日賢所大前の
儀」「即位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀」「即位礼正殿の儀」 などは日本国憲
法で政府が関与できないとし、御皇室 (天皇・御皇族) 内の 【宮中儀式】として
挙行されるとのこと。
(平成30年02月20日政府方針決定)



平成25年07月26日
岡山後楽園御視察
園内ご視察後、お声かけ頂きました!!
(右側手前.=.伊原木岡山県知事)



私の右隣の方とお話された直後


お声かけ頂き、ご挨拶申し上げた直後


お話を思い出して声をかけたお子さんに振り返り、お話する殿下


東京勤務を含め30年間、天皇皇后両陛下・御皇族・国内外の要人が来岡・
来日された時は、ほぼ
,必然的に,お仕事だったのでこの日と前日人生
で初めての奉迎、奉送
!!

お迎え(後楽園御着)の時も、お見送りの時.(園内御視察後).も、警察官の
動き・配置で察し、お迎え・お見送り区画早々と最前列に一番乗り!!

お見送りの時.(園内御視察後).は報道陣の方々も全員撤収され、警察の方
からも.「お帰りは門をお出になってすぐご乗車される」.と説明を受けていま
したが、門の近くに停められていたお車を通り過ごされ、門から離れた場所
に設置されたお見送り区画内の私たちのところまでお越しになり、炎天下
猛暑の中、一人一人にお声かけ、お言葉を下さいました。

テレビでしか見たことがなかった光景に夢心地!!
皇太子さまが近づかれる
ごとに心臓バクバク!!!!
胸元で構えたカメラのレンズをノーファインダーで皇太子さまにお向けして、
隣の方とお話されるまで連写していたカメラを瞬間的にパッと下げ・・・
夢心地と興奮の中、「お越し頂き、ありがとうございました
.と、短くご挨拶
させて頂きました。




皇太子殿下、岡山後楽園御発




殿下がお車に乗られる際は、合図があったわけでもなく自然に皆さんが.「あ
りがとございました―――ァ」
.と、日の丸の小旗を高らかに振ってお見送りし
ました。

この日と前日
、人生で初めて奉迎・奉送させて頂きましたが国民に寄り添い
頂く殿下の御心
と、御皇族を純真に仰ぎ、感謝する人々の心を肌身で感じ、
心が熱くなりました。


平成25年
07月24日(水)~ 平成25年07月26日(金)
連日30℃を超す猛暑の中、三日間の午前と午後、岡山市内・玉野市内各所
(御日程:下記リンク) を御視察され、後楽園の御視察を最後に、大分県高校
総体開会式御臨席のため、JR岡山駅より新幹線で九州に向われました。


岡山後楽園御視察

新規ウインドウで開きます。

晴れの国おかやまの観光情報はこちらから

観光・グルメ・イベント情報
盛りだくさん
岡山県マスコットうらっち(左)・ももっち(右)


岡山の風 サイト運用規程 (リンク・個人情報・著作権)
ホームページ版 「岡山の風」 閉鎖につきまして
読者登録・なう・Twitterフォロー等につきまして
ペタ帳閉鎖 (2016年 2月29日) 等につきまして
背骨の悪友(頚椎症性脊髄症、等)につきまして