勤労感謝の日 「新嘗祭」

テーマ:

11月23日勤労感謝の日
勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝し合う
日です。
(国民の祝日に関する法律第2条)

にいなめさい
新嘗祭
勤労感謝の日は古代から第2次世界大戦終戦まで、御歴代天皇と民衆が
一体となって
自然の恵みと五穀の収穫に感謝する国家祭祀「新嘗祭」の日
でした。

古代より御歴代天皇が「
日本民族の最高位の祭司」として、天地の神々に
その年に収穫された五穀の新穀を奉納、自然の恵みと五穀の収穫に感謝
され、国家・国民の安泰を祈られる宮中祭祀に合わせ、全国各地の神社で
自然の恵みと新穀の収穫に感謝し、集落と民衆の安泰を祈っていました。


古代日本の民族信仰から発祥した新嘗祭



【民族祭祀(神道)の根源
原始時代から山岳部などで狩猟・採取生活、平野部で稲作をして暮らして
いた人々が太陽・自然・水源など生命の恵みに感謝し、おそれ敬う感情か
太陽・山岳・自然などを神格化し、崇拝の対象とした信仰が日本古来の
神道(しんとう、かんながらのみち)の元となる民族祭祀の根源になりま
した。
(下記リンク)


【田神信仰(民族祭祀)の発祥】
約6000年前(縄文時代)から稲作が始まり、弥生時代にかけて集団農耕が
ひろがるとともに、山裾の集落などで「
春になると水源を司る山の神が降臨
し、稲作を守護する田の神になり、秋の収穫を終えると山に戻る
」という田神
信仰
が生まれ、集落ごとに春は一年の五穀豊穣を祈る祭祀(祈年祭(下記)
の起源)、秋は
新穀の収穫と自然の恵みに感謝する祭祀(新嘗祭の起源)が
行われるようになりました。


【新嘗祭 「宮中祭祀」の起源
7世紀後半、第35代、皇極天皇(女性天皇、御在位:642年~645年)の御代、
集落ごとに行われていた祭祀
(前述)国家行事.(祭儀).とされ、春に一年
の五穀豊穣を祈る祈年祭
(きねんさい)、秋に新穀の収穫と自然の恵みに感
する新嘗祭(にいなめさい)が宮中で執り行われるようになりました。

【新嘗祭 「国家祭祀」の起源
皇極天皇が国家行事.(祭儀).として執り行われた祈年祭・新嘗祭は、以後
御歴代天皇が.日本民族の最高位の祭司.として代々継承され、皇祖神と
天地の神々をお祀りした宮中
.(皇居).の神嘉殿(しんかでん)で、その年に
収穫された五穀の新穀を皇祖神、天地の神々に奉納、御告文
(おつげぶみ)
を奏上された後に天皇御自身も食され、特に一年の収穫を感謝する新嘗祭
は、
国家・民族の安泰を祈られる宮中祭祀の中で最も重要な祭祀(大祭)
なりました。

以降、祈年祭(春)・
新嘗祭(秋)とも宮中祭祀に合わせ、全国各地の神社で
統一して執り行われ、天皇と民衆(国民)が一体となって春は五穀豊穣を祈
り、秋は収穫に感謝
する
国家祭祀になりました。



【架空思想の普及と終戦、国家祭祀の廃止
古代より天皇と民族が一体となって自然に感謝し、国家・民族、集落・民衆
の安泰を祈っていた国家祭祀(旧、祭日)は、近代の明治政府が国威高揚
のために普及した「天皇は人の姿で現れた神」という、御在位中の天皇は
日本民族の最高位の祭司」という本来の神聖さからかけ離れた、架空の
現人神
(あらひとがみ)思想、建国の歴史・理念などとともに、天皇の御心
から大きくかけ離れ、本来の理念を押し曲げられて後々の政府・軍部によ
り国民・軍隊の戦意高揚に利用されたため、第2次世界大戦後に連合国軍
最高司令官総司令部(GHQ)の占領領政策により廃止されました。

【国民の祝日「勤労感謝の日」制定】
以後、天皇と民族が一体となって自然に感謝し、国家・民族、集落・民衆の
安泰を祈っていた、現在の「正月三が日」の由来となる、1月1日の四方拝
(しほうはい)・歳旦祭(さいたんさい)、1月3日の元始祭(げんしさい)から
始まる数多くの国家祭祀(旧、祭日)は、御皇室の祭祀として執り行われる
ようになり、新嘗祭の日は1948年(昭和23年)に国民の祝日「
勤労感謝の
」に制定されました。

【今上陛下(きんじょうへいか)、御皇族による宮中祭祀】
戦災の苦しみ、悲しみを共にされ、国民に寄り添われた昭和天皇の御心を
受け継がれ、諸外国との恒久和平を願われ、常に国民の生活を案じて下
さっている今上陛下は、 時代に即した御皇室を築かれながら、
日本民族
の最高位の祭司
として古代より御歴代天皇が執り行われてこられた祭祀
を大切に継承され、毎年元日早朝の 「四方拝
(しほうはい)」から大晦日の
「大祓
(おおはらい)」まで、陛下御自身が祭祀を行われ、皇太子殿下、御皇
族方が御拝礼・参列される大祭、陛下が御拝礼になる小祭(年間24件) の
他、毎月1日・11日・21日に陛下が御拝礼になる旬祭
(しゅんさい)等の御
皇室祭祀(宮中祭祀)、伊勢神宮への御親拝におかれ、天地の神々へ国家
国民の安泰と健勝をお祈り頂いています。

御皇室祭祀(宮中祭祀)の中でも最も重要な 「新嘗祭」は、古式の御装束
にお着替えになられた陛下御自身が、皇居の神嘉殿
(しんかでん)で御告
(おつげぶみ)を奏上され、天地の神々へ自然の恵み、新穀収穫の感謝
と、国家国民の安泰をお祈り下さいます。

<リンク>
御歴代天皇による政祭の理念..【日本建国の理念】
自然の恩恵に感謝し、畏れ敬う日本古来の信仰の中で、御歴代天皇が
日本民族の最高位の祭司として天地の神々を祀り(祭)、国家・民族の
繁栄と安泰を祈りながら国を治めてこられた政(まつりごと)の理念。
日本の古代祭祀と神社の起源
太陽・自然崇拝、山岳信仰・海神信仰、田神・水神信仰など、民族信仰
の発祥、祈年祭・新嘗祭、神社の起源など。


勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝し合う日。
産業・職業・働き方が多岐に亘る現代において、その勤労を尊び、生産を
祝い、感謝し合う国民の祝日「
勤労感謝の日」は、古代より御歴代天皇と
民衆が一体となって自然の恵みと五穀の収穫に感謝し、
国家・集落・民
衆の安泰を祈っていた国家祭祀「
新嘗祭」の理念が息づいています。
勤労することを尊び、勤労できることに感謝する心。
勤労する人々を尊び、勤労する人々に感謝する心。
勤労の成果を祝い、勤労の成果に感謝する心。
社会でいそしむ人々、家事・育児にいそしむ人々など

お互いを尊び、お互いを労い、お互いに感謝し合う心。

(^○^) いつもありがとう
(^○^) お疲れさま (^-^) お疲れさまです
(^○^) ご苦労さま (^-^) いつもご苦労さま
(^○^) できたァ (o^O^)/\(^O^o).やったァ
(^○^) ありがとう
(^○^) いつもありがとうございますets ets ets
食材の命と恵みを頂く感謝、頂いた感謝の心と言葉。
その食材・料理を口にするまでの食事に携わられた
全ての方への感謝の心と言葉
・・・

(^db^)いただきます
(^db^)ごちそうさまでした
と同じく、常に持ちたい心、大切にしたい言葉です。

晴れの国おかやまの観光情報はこちらから

観光・グルメ・イベント情報
盛りだくさん
岡山県マスコットうらっち(左)・ももっち(右)
岡山の風 サイト運用規程 (リンク・個人情報・著作権)
ホームページ版 「岡山の風」 閉鎖につきまして
読者登録・なう・Twitterフォロー等につきまして
ペタ帳閉鎖 (2016年 2月29日) 等につきまして
脊椎症・脊髄症の手術・施術 (ご案内) につきまして
AD