お絵かきにき 234

テーマ:

もりくん (234)


いちごロールに生クリームを絞る森くんをスケッチ。


細くて繊細な絞りなので、

上半身を丸めて丁寧に絞っています。


あまり力みすぎて、猫背にならないように注意してね。


それにしても、今日は暑かったですね。


もう半袖でいいかも。

AD

よんちゃん


生後6ヶ月のお誕生日ケーキのご注文をいただきました。


ハーフ・バースデイって言うんですか、

少子化で、バースデイケーキの絶対数が少なくなるお菓子屋にとっては、

とってもイイ新習慣ですネ。


ブログで知り合いになった方から、

メールでご注文をいただきました。


今日が誕生6ヶ月のこころちゃんもお店に連れて来ていただいたので、

初対面を果たす事ができました。


でも、ブログでこころちゃんの成長ぶりを時々拝見していたので、

初めて会ったのに、ずっと知っていたような不思議な感覚でした。


オレは今日も風邪引き続行中なので、

可愛いこころちゃんにうつさないように、超短時間のご対面だったのが残念でした。


ところで、ケーキに描いた、

頭から電波を発している男の子は、

西日本放送のキャラクター「よんちゃん」です。


この頃は、どの放送局もキャラクターを作っていますけど、

このよんちゃんは、40年も前から西日本放送のキャラクターとして存在していたそうです。


レトロでのどかな雰囲気は、逆にとっても新鮮ですね。


こころちゃん、6ヶ月のお誕生日おめでとう。

よんちゃんのように、誰からも愛されるわんぱくな子供に育ってくださいね。

AD

お絵かきにき 233

テーマ:

パッション (233)


今日は暖かかったですねぇ。


日中は、初夏って感じでした。


こう暖かくなると、酸味の効いたケーキが食べたくなりますよね。


て事で、爽やかな酸味のケーキ「パッション」をスケッチ。


トロピカルフルーツのパッション、

初めて食べた時は、そのすっぱさを強烈に感じたのですが、

今では、すっかり病みつきになりました。


実はオレ、こんなに暖かいのに風邪をひいてしまい、

今日は、仕事の途中で寝込んでしまいました。


鼻水は出るは、のどは痛いわ。


ゴールデン・ウイーク中で忙しいのに、

スタッフに迷惑をかけてしまいました。


でも、オレがいない方が仕事がスムーズに運ぶようなので、

もしかしたら、迷惑じゃないかもしれませんね。


明日も、のどが痛いようならば、

爽やかな味のパッションでも食べて、のどをスッキリさせようと思います。

AD

子供の日がやって来ますよ

テーマ:

鯉のぼり


子供の日が近づいたので、

和菓子コーナーの壁に鯉のぼりを貼り出しました。


こども


包装台の上にも、鯉のぼりを持った子供の絵を貼ってます。


どうして、こんな物を貼って、

子供の日が近づいている事をお知らせしているかというと、


子供の日のケーキを予約していただきたいからです。


ケーキ

今年は、2600円と3700円のケーキをご用意しています。


子供の日って、ゴールデン・ウィークの終盤にあるので、

ついうっかり忘れてしまいがちです。


でも、男の子だってケーキが大好きです。


男の子のいるご家庭のみなさん。


連休でお小遣いを使い果たす前に、

子供の日のケーキのご予約をお願いしますね。

シャッキングー!

テーマ:

まぐろ


昨日の夜は、よそのケーキ屋のオヂちゃんと、

居酒屋でマグロの刺身をつつきながら会食をしました。


オヂちゃんったら、この刺身の盛り合わせを見て、

「原価率が低い」 だの

「ケーキ屋よりも、居酒屋の方が儲かる」 などと、

商売の話を熱心にしていました。


このオヂちゃん、ケーキ職人としての腕も良いのですが、

経営者としての能力も長けていて、

経理面の数字には、会計士もタジタジなくらい強いオヂちゃんです。


原価率、労働分配率、損益分岐点、減価償却、節税テクニックなど、

むずかしい経理の数字について、オレに次々とレクチャーしてくれます。


でも、このオヂちゃんったら、

数字に強いくせに、頭のネジが1本飛んでいます。(2本かも)


どんどん借金をして、厨房設備を整え、従業員も次から次へと採用してしまいます。


まるでブレーキの壊れたクルマのように、暴走を続けるオヂちゃんは

借金が雪ダルマ式に増えるのと正比例して、

自分の体も雪ダルマのように増量中です。


よく一緒にご飯を食べるのですが、

会うたびに借金の額が増えているので、聞く分には楽しいです。


近いうちにオーブンとデポジッターも買うそうなので、

次会うときは、また借金額が増えていそうでワクワクします。


それにしても、こんなに多額の融資をする銀行さんや、

飽くことなく機械を売りつける商社の営業も凄いですね。


買いすぎて、機械を置く場所がなくなったら、

ウチの店にも分けてくださいね。(もちろんタダで)