岡下昌平です。
衆議院宿舎に前日の夜に投函される衆議院公報。
この公報を参考にして自民党の国会議員は翌朝から断続的に開催されている部会に参加しています。
↑ちなみに自民党の部会だけで2ページ分。
↑野党側の勉強会。
見にくいかもしれませんが一行や二行しかない政党もあります。
↑例えば本日9:30からの国土強靭化推進本部での勉強会はこんな感じで開催されています。
各省庁から資料をもとに報告を受けた後は国会議員は自由に発言することが許され地元での現状を各省庁に伝えることができます。
ちなみに今朝の国土強靭化推進本部で私からは都道府県管理の河川、特に大阪府が管理している河川の現状をお伝えして、各省庁から都道府県に対して国土強靭化の観点からしっかり浚せつ等の予算化を行うよう指示や通達を出すようお願いしました。
このように自民党本部では様々な問題や課題について意見が交わされ霞ヶ関と地元の乖離を指摘すると共に予算化等も踏まえた真剣な議論が土日以外は毎日行われています。
議員は「働かざる者食うべからず」と考えます!