迷走野党

テーマ:
岡下昌平です。
本日、朝9時から農林水産委員会と内閣委員会の連合審査が開かれTPP関連法案の質疑が行われました。
13時からは本会議。
内閣委員会は一旦休憩となり、本会議でTPP承認案件が緊急上程され賛成多数で可決。
本会議後、茂木大臣が答弁者として出席し再び内閣委員会再開。
そこで前代未聞なことが!
野党の質疑が途中であるにもかかわらず野党側から茂木大臣の不信任案が提出されました!
質疑終結した後に意見が合わないため不信任案提出ならわかりますが質疑が未了であるときに且つ野党の質問時間が残っているにもかかわらず質疑途中に不信任案提出とは何を考えているのか?
18連休しておいて質疑時間が足りないと主張している野党が自らの大切な質問時間を放棄し、茂木大臣の不信任案提出とは呆れるわ!
来週はかなり忙しくなりそうです。