高林家視察

テーマ:
岡下昌平です。
重要文化財である高林家宅を視察しました。
築460年以上となり安土桃山時代に建立された個人所有の重要文化財は至るところが傷んでいました。
この茅葺き屋根の補修工事には約2500万円の費用がかかり、国が75%補助していますが大阪府は補助をカットしています。
従って、高林さんが残りの費用を拠出されています。
このままでは大阪府から重要文化財が姿を消していくことになりかねません…
早急に対応していかなければならない課題であると判断し、今回視察させて頂きました。