飲食店様向けの1本鉄脚テーブルの組み立て方について | アンティーク家具とオーダーメイド家具@大阪関西『Grace Furniture』パイン家具/ダイニングテーブル/フランス家具/カウンター/チェスト

アンティーク家具とオーダーメイド家具@大阪関西『Grace Furniture』パイン家具/ダイニングテーブル/フランス家具/カウンター/チェスト

 2014年4月、大阪でオーダーメイド家具とアンティーク家具のお店をオープンします!
フランスアンティーク、パイン家具、アンティーク風家具の専門店です。
起業準備のあれこれや、企画中の商品、お店のコンセプトなど
ひと足お先きにお届けします。ぜひご覧ください!

こんばんは、大阪のオーダーメイド家具の専門店、アンティーク家具、

店舗什器製作も得意な家具工房 『Grace Furniture』 のリョウです。

2月になりました! 2015年の12分の1が過ぎ去りました…

早すぎっっ!!!

みなさんは1月の出来、どうでしたか?

GFは、いいかんじのスタートダッシュを切りましたが、

後半失速した感がありますね…。2月は確定申告がありPC業務が増えるし…。

一日一日大事にして頑張ります、反省…。


さてさて、今日は東京のカフェ様からご依頼いただい鉄脚テーブルの仕上げ。

近頃は一般の方からもご注文いただくんですが、こちらの鉄脚は組み立て式です。

電動ドライバーや工具をお持ちの方は、そちらで組み立てて頂きますと送料が少し

お得です。簡単な組み立てですので、ちょっとご覧ください。

脚本体と柱の2個口で届きます。

天板側の板、脚、柱、説明書、天板を止めるビスが入っています。

必要な工具は、電動ドライバ、19mmボックスレンチ、下穴用の3mmキリ。

柱の上下を確認して、天板側の板、脚を取り付けます。
先に天板側の板をつけると、重い脚パーツが取り付けやすくなります。

はい完成、ここまで5分もかからないと思います。

これが中国製の限界…脚と天板側のパーツの平行が出ません。
天板の取り付け位置を調整すれば見栄えに影響はありませんのでご安心。

ここでGFオリジナルの無垢板天板の登場!

3mm×深さ15mmほど下穴を開けます。
ビスは8箇所ありますが、とりあえず2箇所だけ締めてから天板位置を確認し、
OKなら全部締めるようにしましょう。もし失敗しても残りの6箇所で充分固定できます。

出来上がりました~!
DIYが得意だという方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

こちらの商品は基本的に業者様向けなので、組立前の状態での発送となります。
一般の方には組立済みの状態での発送もしておりますのでご安心下さい。
(送料はちょっと割高になってしまいますが…。)


2015年2月が始まります!

GFの目標は以下の通り!

①ご依頼いただいているテーブル類を1日も早く仕上げること!

②居酒屋さんの内装頑張る!

③確定申告頑張る! やヴぁい

④美容室様、ハウスメーカー様、飲食店様向けの営業資料作る!

⑤新しい名刺兼ショップカード作る!

⑥Google shopping できるかな…。

⑦3月の売上確保 できるかな…。

⑧法人営業 できるかな…。


むひー 

盛りだくさん。 とにかく、頑張ります。

まだ春のお引越しには間に合います!

気になる商品がある方は、お気軽にお問合せ下さいね♪



 
 
 
 
mail : info@grace-furniture.jp
 
tel : 06-6842-9222 / 080-6141-0400