image

最近は本業以外に一年に2か月滞在しているモロッコでのお仕事も増えてきました。

未だに月の暦を使い続けるイスラム圏の興味から、

イスラムの知の巨人、哲学や錬金術、占星術などについての知識にも精通していた

イブン・スィーナー。

既に各地で行われていたフラワーウォーター作りですが、

その蒸留法の精度を高める発見をしたとして知られています。image

 

CREAWEB 岡本翔子のバラ蒸留体験記

image

 私は毎年、GW直前にモロッコに入り、

1年にたったの2,3週間した花を咲かせないダマスクローズの蒸留にハマり、はや4,5年。

蒸留工場に泊まり込んでリサーチをしたり、その体験をWEBマガジンで発表したりしています。

 

 蒸留工場がオープンするのは、1年のうちにたったの2週間だけ。

それが日本のGWにばっちり当たってしまうので、

エアチケットがいつも高くなってしまうのが悩みの種でした。

とはいえ今年もGWに重なっているので、料金は高めですが、

なかなか体験できないバラまみれの工場訪問。

なんとなくGWの予定が決めかねている人、

ブログでご紹介しておきます。

 

image

 

遺跡とバラと迷宮のモロッコーバラの蒸留工場を訪問するツアー