imageimage

今年の1月から、一か月に一度、

大森にある葡萄屋ギャラリー1Fにて、

月の星座について、参加者とディスカッションする研究会を発足しました。

詳細は、私のFACEBOOK PAGE『岡本翔子のMoonBook』で検索してみてくださいね。

↓こちらからもご覧いただけると思います。

 

岡本翔子さんの月星座・研究会

 

 葡萄屋ギャラリーについてはまた詳しく書きますが、

最近、大森近辺ではコミュニティが出来上がっておりまして、

前から知り合いだったミュージシャン&版画家の松本里美さんが、image

金・土・日と英国風のティールームを1Fでやっております。

 

 英国好きつながり、音楽つながりで、

そのカフェを1か月に一度借りて、講座などをやることになりました。

 

 葡萄屋ギャラリーの二階は、やはり友人、水越景子さん主催のギャラリー。

 

 さて第一回目は、「月の星座が牡羊座&牡牛座」をテーマに、     image

実際に月星座・牡羊座&牡牛座の方に参加していただき、

残りは、月星座もバラバラなのですが、占星術に興味のある、

いつも私の公開講座などに来てくださる方たちで埋め尽くされ、

楽しい研究会となりました。

image

 あるエピソードを書きますが、

何年も前から私の講座に来てくださったり、

私の主催するモロッコの砂漠ツアーにも参加してくださったKさんは、月が牡羊座。

太陽星座は蟹座で、どちらかというと控えめで情が厚く、温厚な印象のKさん。

主婦でもあり、美味しいものが大好き、ソムリエの資格も持っています。

あまり牡羊座っぽいところが見受けられない方なのですが、

FBでこの研究会の記事をアップしたところ、

一番先にお申込み!早っ!

そういえばKさんは、大概、私が主催するイベントにいつも一番乗りで申し込んでくるんです。

そういうところがまず、月・牡羊座ですね。

 

 1月の研究会では、私の説明に、自己申告する形で、

Kさんに質問。「自分の中でどういうところが月星座・牡羊座だと感じます?」

「高校生の時に、バレー漫画『アタックNO1』が好きでバレー部に入部。

ほとんど泣きながら、相手が打ち込む球を受ける、ひたすら受けるというのに燃えました」

参加者みんな、これには大爆笑。

「苦しくったって~、悲しくったってコートの中では平気なの♪」という歌が浮かびました。

 

太陽も月の牡羊座だったら、多分、アタッカーでしょう。

攻めて、攻めて相手を打ち負かす。つまり「勝つ」にこだわる。

ところがそもそも受け身的な蟹座X月が牡羊座となると、

「勝つ」というより「負けたくない」という意識が強いのかもしれません。

アタッカーというよりレシーバーでしょう。

 

 球をひたすら「受ける」「受け止めて」「負けない」=「勝つ」につながっていく。

太陽星座・蟹座x月星座・牡羊座の性質の出方として、いかにも!とみんなで納得しました。

 

 するとほかの参加者の方から、興味深い意見が飛び出しました。

「うちの息子は天秤座で、月が牡羊座なんですが、サッカーをやっていまして、

だれも引き受けないから僕がゴールキーパーをやって、みんなを「守る」って言うんですよ」

勝負が命のスポーツの世界で、みんながそれで平和にやっていけるんだったら、ゴールキーパーの役を担う。

天秤座x月が牡羊座、そういうパターンもあり(笑)。

 

 今回の研究会は、会場の関係上、MAX15名なのですが、

FBにアップした途端、たった一日で満席になってしまい、

ブログでは告知しませんでした。

 

 次回は2月24日(土)18:30~20:30。

テーマは「月星座・双子座&蟹座」。

まずはご自身の月星座が双子座&蟹座の方を、5,6名は参加していただき、

残りはどの月星座でも参加いただけます。

 

 ただし今回の企画は、実は私が本を書くにあたり、

その時間を何とか捻出するために

春から某出版社のWEBマガジンで「月の星座について」連載をします。

 

 いまだに雑誌連載6本+『MOONBOOK2019』の執筆、

さらに1年に約2,3か月は日本にいないので、

なかなか新しい本を書く時間が作れなかったのですが、

長年の担当編集者・武居さんにお尻をたたかれて(愛のムチですね)

引き受けたWEB連載、それを書くための研究会です。

 

 

 人気講座ですのであっという間に埋まってしまうかもしれませんが、

月星座、双子座&蟹座の方で興味がおありの方は、

Face Book ページに連絡先が記されていますので、

事務局マツオカさんまで、お申し込みください。