ベビーカーは生まれてから買っても遅くないアイテムのひとつと言われますが、私は学生時代に腰を痛めているので、長時間抱っこは無理。ベビーカーは早々に必須アイテムリストに入っていました。

 

日本にいれば改札も通れる、コンパクトで軽量なベビーカーを購入する予定だったけれども(帰国時に2台目買うかもね)、パナマでは、

 

・ 歩道/道路状況が悪い → 太くて頑丈なタイヤがベター

・ 細道は少なく、車移動が多い → 大型・重量級でもOK

・ 車社会 → チャイルドシート必須

 

特に、週末は夫の車はあるものの、平日は自分でガンガン歩いて移動するので、歩き回っても壊れない & 買い物しても荷物置きに困らない収納スペースのあるベビーカーをポイントに、各種ベビーカーを見ていました。

 

 

 

 

 

 

ふ〜らふらショッピングモールにあるお店を見る限りでは、パナマはChiccoとGRACOが2大ブランド。他にもちらほら知らないブランドが色々ありましたが、

 

パナマは在庫維持をしない、その時の入荷品のみを販売する傾向。お店に行く度にラインアップが微妙に変化していて、実は去年12月に目星をつけていたベビーカーも1月時点で既に無かったり、入荷する商品もよく見たらアメリカで販売しているものの型落ちした商品しかなかったり、欲しい商品がなかなか見当たらなくて、結構深刻に凹んでいました笑い泣き

 

使用可能期間は0歳〜4歳くらいと、意外にも長く使えるベビーカー。そもそも安い買い物じゃないし、ぶちゃいくなベビーカーだと外出する時のテンションはもちろん、4年どころか数回すら使う気持ちになれない。平日の戦力にならないどころか大きな箪笥の肥やしになってしまう。

 

いろいろグダグダグダグダ悩みましたが、結果として無事に満足いく仕様のあるベビーカーをGETできました!!

 

 

 

 

 

 

購入したのは、アメリカブランドの GRACO Modes LX。

 

トラベルシステムという、ベビーカーとカゴ型チャイルドシート/ベビーキャリーが一緒になっているタイプ。

(GRACO Website参照)

 

 

 

カゴの付け外しを工夫することで、チャイルドシートとして活用もできて、ベビーカーにも活用できる代物。カゴのまま家にも運べちゃうから、家→車→外出先までを1つのカゴで動ける便利タイプ。

 

 

ベビーカーに直接装着するとこんな感じ。

 

対面にすることもできます。お外を見せるのもいいけど、しばらくは私の自己満に対面で設置して歩きたいデレデレ

 

チャイルドシートとして設置するとこんな感じ。

 

カゴを取り外すと、フレーム部分は、こんな感じ。底の収納スペースが非常に大きいので、ママリュック/マザーズバックも余裕で収納できます。

 

片手で折りたたみができて、折りたたむとこんな感じ。サイズ感は大きいけれども、重さは3kg程度(7.5lb)なので、個人的には問題ない程度。

 

普通のベビーカーを設置するとこんな感じ。あちこち変形/折り畳みできるので便利 & 無駄に楽しいです。

 

この状態でも片手で折りたたみができて、折りたたむとこんな感じ。ベビーカー付きでは重さは7.3kg(16.1lb)。折りたたむシーンは少ないはずなので、ちょっと重いけど、筋トレにいいでしょってことで。笑

 

 

外出する前の新生児期間は、新品ベビーカー/フレームごと家に持ち込んで高い位置からも扱えるバウンサーとして活用 (パナマの家はタイル張りなので屋内走行でも床痛まない) & 赤ちゃんにもベビーカー慣れしてもらい、

 

外出するようになったら、カゴだけをバウンサーとして継続利用、

 

カゴからベビーカーへの移行は、随時成長を見ながら... 

 

ってな感じに、フル活用していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

カゴ型チャイルドシート耐久重量 15kg程度 (35lb)

ベビーカー耐久重量 20kg程度 (50lb)

 

と重量への耐久性は高いです。なので、カゴ型もベビーカーも、重さよりも赤ちゃんの成長具合によって使い分ける感じになるよ、と、店員さんもアドバイスしてくれていました。

 

 

 

 

 

 

肝心の本人デビューは7月(予定)とまだ少し先なので、実際の使った感想はまた少しお待ちください。

 

 

 

とりあえず、これで安心して楽しくお出かけできそうだ!!イェーイデレデレ

 

いいね!代わりにポチッとしてくれると嬉しいです。:)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ パナマ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ