洗浄方法 | おかだ眼科 徒然日記

おかだ眼科 徒然日記

大阪吹田にある おかだ眼科 です。
おかだ眼科スタッフが徒然なるままに日々の日常を御紹介します。

2021年、最初のブログですアップ
皆さん、今年も宜しくお願い致します鏡餅
年明け早々から緊急事態宣言が出ていますが、どんどん明るい話題が増えることに期待したいですねニコニコ


さて、コンタクトレンズの装用時間については、以前に話しましたので、本日はソフトコンタクトレンズ(以下SCL)の洗浄方法についてお話します。



SCLの洗浄方法は、大きく分けて2種類ありますチョキ


1番知られているのはMPSですかね。洗浄、すすぎ、消毒、保存の全てを1本で行います。ワンボトルケアなどとも呼ばれていますキラキラ

保存液にもなるので非常に使い勝手が良いのですが、目に入れても大丈夫なぐらい洗浄力は弱く、擦り洗いをしないと汚れが落ちないという欠点がありますあせる

ちなみに消毒できると書いてありますが、擦り洗いをして、汚れを落とした時のみ消毒効果が期待できます。ワンボトルだからと言って、つけておくだけである程度のケアができる、と誤解をしないようにしてください笑い泣き



もう1つは過酸化水素タイプで、中和タイプとも呼ばれています。

このタイプは擦り洗いではなく、浸けておくだけのケアになります。薬品の力で洗浄し、目につけても大丈夫な状態に戻して(中和して)から使うという流れです。

再度、装用するまでに時間が掛かることや、すすぎ液として使えないことが欠点ですが、擦り洗いと違い、誰がやっても毎日同じ洗浄効果が得られるのは素晴らしい利点だと思いますグッド!



MPSから過酸化水素に変更することで、アレルギー性結膜炎が改善するケースも少なくありませんひらめき電球

決してMPSが悪いということではありません。ただ、擦り洗いの回数や質に、個人差があるということです。丁寧にするも、雑にするも、その人次第ですねニヤリ



どちらも利点・欠点があり、難しい選択ですが
可能であればどちらも持っておくのが良いのではないでしょうか虹

勿論、レンズ素材との相性もありますので、購入店で相談して頂くのが1番ですが

どうか皆様が快適なCLライフを送れますようにべーっだ!