装用時間 | おかだ眼科 徒然日記

おかだ眼科 徒然日記

大阪吹田にある おかだ眼科 です。
おかだ眼科スタッフが徒然なるままに日々の日常を御紹介します。

皆さん、こんにちはニコ
朝晩に寒さを感じ、秋らしくなってきましたね紅葉


今日はコンタクトレンズ(以下CL)の話をしてみようと思いますひらめき電球


当院ではテストレンズを置いていないので、処方はしていませんが、CL眼障害の治療を行いながら、使い方の指導を行っています目

今はほとんどの人がソフトコンタクトレンズ(以下SCL)を使っていますので、SCLの話をします。

まず、装用時間に関して、5時間はSCLを外すようにと説明しています。
角膜の酸素不足を解消するためには、それぐらい眼鏡の時間を作りましょう。「寝てる間に5時間以上は外してますよ」と言う方もいらっしゃいますが、目を閉じている時の酸素供給は、目を開けている時の1/3ですので、起きてる間にいかに外すかがポイントです。


今はシリコンハイドロゲルという素材のSCLがあるので、極度の酸素不足になる人は減っているのだとは思いますが、角膜の酸素不足だけでなく、アレルギー性結膜炎の点から考えても12時間の装用が望ましいですねグッド!



ちなみに

睡眠時間=7時間(とすると)
外す時間=5時間
装用時間=12時間

と考えています


外す時間を確保するためには、眼鏡がないといけません。家で不自由なく過ごせるだけの視力が出る眼鏡を用意してくださいメガネ
CLを外すと見えない→だから外さない
これが1番の悪循環です爆弾

強度近視も例外ではありません。「近視が強いので、眼鏡が合わないんです」という方も多いのですが、目を痛めていい理由にはなりません😭眼鏡を頑張りましょう



1食抜いただけでは栄養失調にならないのと同じで、1回長時間装用しただけでは、酸素不足にはならないかもしれません。が、これは蓄積です。コンスタントに外していくことが眼病予防となりますビックリマーク

角膜が酸素不足になると、角膜に新生血管が入りこみ、角膜混濁を引き起こしたりダウン、傷つきやすくなったりダウン、細菌に感染しやすくなったりしますダウン

どうか皆様、CLを外す時間を確保して、目を痛めないCLライフを送ってくださいキラキラ