絵本で心を育てよう!おかちゃんの「こころの種まき」

絵本で心を育てよう!おかちゃんの「こころの種まき」

絵本=子どもが読む本と思っていませんか?
ぜひ大人に読んでいただきたい、そんな絵本をご紹介していきます。
絵本の意外な魅力を楽しんでください。

 

テーマ:

あっというまに12月になっちゃってましたね汗

 

なかなか更新できなくて心苦しい限りです。

 

 

ということで、久しぶりに活動報告。

 

先日、河内長野市男女共同参画推進講座として

 

2回連続講座を担当させていただきました。

 

 

実は、こちらの講座は
 

2年前に初めて担当させていただいて

 

今回2度目のご依頼でした。

 

前回参加された方が今回も参加してくださっていて

 

「やっぱり前回とプログラムを変えててよかった」

 

と内心ホッとしたのでした。

 

みなさん積極的に参加してくださり

 

終わってから、会場の1階にある図書館へと一目散DASH!

 

どの絵本を借りたのかなはてなマーク

 

 

 

 

ほんの少しですが、アンケートをご紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

色々と考えられて大変良かったです。

絵本の話だけでなく、心理学も学ばせて頂き

うれしく思います。

(60代 女性)

 

先生の気さくで楽しいお話で、あっという間の時間でした。

子どもと一緒に読むときとは違う視点で

絵本を味わうことができる・・・

新しい発見でした。

(40代 女性)

 

絵本って、心理学との結びつきが強いと

改めて感じました。

文章や絵から、見る人や角度によって

違いがあるものだと思いました。

(40代 女性)

 

 

普段、何となくやりすごしてしまっている人との関わり方

自分の気持ちを見つめ直すきっかけをいただきました。

相手のことを考えると、大切な人に自分の気持ちを

しっかりと伝えること、いつも心に留めていきたいと思います。

(40代 女性)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

初回は、雨の中

 

2回目は、雪がちらつく中

 

みなさんご参加くださり

 

本当にありがとうございましたビックリマーク

 

そして、河内長野市人権推進課の

 

Oさん、Yさん

 

大変お世話になりました。

 

 

またお会いできるのを楽しみにしていますラブラブ


テーマ:

今日は、講座中止とお詫びです。

 

加東市にて予定しておりました

 

「子どもとの向き合い方講座」ですが

 

諸事情により中止となりました。

 

参加を予定されていたみなさまには

 

深くお詫び申し上げます。

 

参加予定の方々には

 

主催者さまより、謝罪および中止のご連絡があるかと思います。

 

またどこかでお会いできますように。

 

 


テーマ:

今年も、新たにご縁をいただくところがたくさんあり

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

10月14日(土)におじゃまするのは

 

兵庫県加東市。

 

加東市まちづくり活動の認定を受けた講座です。

 

「子どもとの向き合い方講座」と題して

 

絵本と心理を使ったワークショップを開催させていただきます。

 

 

詳細&お申し込みは、下記をクリックしてください。

 

絵本でこころを育てよう!「子どもとの向き合い方講座」

 

 

昨日は、京都府南丹市八木で本番があったのですが

 

毎回思うことは

 

世の中のおかあさんって

 

ほんと、がまん強いんですね。

 

自分より子どものこと

 

自分のことより家族のことが最優先。

 

自分のことは優先順位のずっとずっと下の方・・・

 

 

これじゃあ、こころも体も持たないですよね。

 

おかあさんのこころが安定していないと

 

子どものこころも安定しないし

 

おかあさんが笑顔でないと

 

子どもも笑顔でいられない。

 

ってことは、

 

おかあさんが笑顔でいれたら

 

子どもも笑顔になり

 

おとうさんも笑顔になって

 

家族円満音譜

 

 

一日5分でもいい。

 

自分の時間を作ってみてください。

 

自分の時間を作ることは

 

決して、子どもをないがしろにすることではありません。

 

決して、子育てをサボっているのではありません。

 

むしろその逆!

 

子どもが毎日笑顔で

 

すくすく育つために

 

おかあさん自身の時間を大切にするのです。

 

ぜひ、罪悪感なんて持たずに

 

おかあさんのこころが安らぐ時間

 

リフレッシュタイムのつもりで

 

講座にお越しください。

 

お待ちしています。

 

詳細&お申し込みは、下記のタイトルをクリックしてください。

 

絵本でこころを育てよう!「子どもとの向き合い方講座」

 

 

 

 


テーマ:

バタバタして、報告ブログも滞ってますあせ

 

6月29日は、

 

大阪市立波除小学校PTAさんで「絵本カフェ」でした。

 

なんと、今年で4回目ビックリマーク

 

子育てに役立つ心理的なお話をわかりやすくお伝えしながら

 

絵本をご紹介しました。

 

 

 

おやつも、昨年同様豪華で

 

ご近所のホテル大阪ベイタワーのケーキ付きなのですキラキラ

 

女子にはたまらんです。

 

 

当然のことながら

 

毎年ネタを変えてるので

 

毎年参加してくださる方もいて

 

ありがたいです、ほんとうに。

 

 

PTAの役員のみなさんが

 

とってもステキな方々で

 

細かいところの心配りが素敵でした。

 

PTAのみなさん、ありがとうございましたありがとうございます


テーマ:

昨日は、「子育て絵本サロン」プレオープン♪

 

亀岡市にて

絵本と心理を中心に

子育てに役立つ情報をGETしていただこうというサロンです。

 

初日だったのに

写真を撮るのをすっかり忘れちゃったガーン

 

仕方ないので

会場の写真を・・・

 

 

 

 

<子育て絵本サロン プレオープン>
会場:Douce Chambre 瑠璃庵 (JR並河駅から徒歩5分)
住所:亀岡市大井町土田1-27 NON NOビル2階

 

毎月、第二月曜日

午前:10:00~11:30

午後:13:00~14:30

 

プレ料金として、各回 1,000円(お子さま無料)

 

参加者同士のおしゃべりから

子育てに関する情報交換をしたり

絵本や心理について

わかりやすくお伝えしていきます。

 

 

プレオープン初日だった昨日は

絵本に関する情報を求めている方や

子育てに悩んでいる方などが

ご参加くださいました。

 

次回は、7月10日(月)

プレオープン。

 

8月はお休みで

9月から正式にオープンします。

 

お茶とおやつとともに

子育てについて

楽しく情報GETしませんか?


テーマ:

数年前より、何かとご縁のある亀岡市。

 

JR並河駅近くのフリースペース「Douce Chambre 瑠璃庵」にて

 

『子育て絵本サロン』を月イチで開催することになりました音譜

 

 

子育てに絵本の読み聞かせを取り入れ


楽しく子育てしていただくことを目的に
 

絵本の選び方や読み方
 

子育てにかかわる心理的なことまで
 

「絵本」と「心理」についてお伝えします。
 


今回、「サロン」としたのは
 

難しい話をしたり、ガッツリお勉強というスタイルではなく
 

もっと気軽に、参加者同士おしゃべりしながら
 

大切な知識や情報を得てもらえるようにしたかったからです。
 


参加対象者は、
 

乳幼児~思春期の子育て中の方はもちろん
 

子育てサポートのお仕事をされている方や
 

身近な人の子育てをサポートされている方
 

ぜひ一緒に子育てについて語り合いませんか?
 


もちろん、お子さま同伴もOK!
 

おもちゃや、絵本も
 

最初は数は少ないですが
 

今後徐々に増やしていく予定で
 

未就学児も、退屈しないように
 

すぐとなりで遊べるスペースもあります。
 

 
バウンサーも1台ですが、準備していますし
 

赤ちゃん連れでも安心ですよ。
 

 

今回は、メンバー制にして
 

メンバーになった方には、
 

参加費の割引きや、絵本のプレゼントなど
 

特典をいろいろご用意しています。
 

まずは、6月7月のプレオープンにお越しくださいませ♪

 

お申込みは、こちらのURLからお願いします。
(子育て絵本サロン 申込みフォーム)
 


QRコードからでも
 

お申込みいただけますよ♡


テーマ:

21日(日)は、アメリカ村にある

 

絵本Bar ガブにて

 

コミュニケーションの輪を広げよう!「うれしたのし手話絵本」イベントでした。

 

今回、初めて手話で絵本を読ませていただきましたルンルン

 

いつにない緊張感・・・

 

今回、わたしが手話で読んだ絵本は、こちらビックリマーク

 

 

 

人間の人生とよく似てるんですよね。

 

いろいろ失敗するところは

 

まさに、わたしのよう汗

 

 

手話うたは、毎月習っていて

 

イベントでもやったことはありましたが

 

手話で絵本を読むのも結構楽しい音譜

 

手話でコミュニケーション取るのは

 

なかなかできないけれど・・・しょぼん

 

 

 

すこ~しずつ、覚えていこうと思います。

 

もっともっといろんな人とコミュニケーションとって

 

いろんな経験していきたいなラブラブ


テーマ:

先週、13日(土)は

博多へ出張してきました。

 

目的は、

「道徳のチカラセミナー」参加のため。

 

九州をはじめ、全国各地から

道徳の授業に力を入れてる先生方が集まるセミナーでした。

 

 

 

やっぱり、こういうところに参加される先生方は

目が輝いてます!

 

良い授業をしたい!と思って

一生懸命研究し、準備し

模擬授業された先生方と

なんとかヒントを得ようと

積極的に参加されている先生方。

 

わたしも、脳がパンクしそうなくらい

脳をフル回転に、メモしまくりでした。

 

 

やはり、学校の先生って

無意識のうちに、結論を誘導しようとしてしまうんですね。

答えの出ないものに対して

物足りなさを感じたり

子どもたちに結論を委ねることができないといった

傾向にあるようです。

 

もちろん、そうでない先生もいらっしゃいましたが。

傾向として、強いかな

と思いました。

 

 

そして、もう一つ気づいたことは・・・

こういったセミナーに参加される先生方は

ご自身で課題を乗り越えていける先生が多いけれど

問題は、そうでない先生方が圧倒的に多く

心身ともに疲弊してしまっている先生方を

どうフォローしていくかではないかなと思いました。

 

目の前の仕事に追われ

長時間労働で

心身ともに疲れ切って

とてもじゃないけど

道徳の教材研究なんてできない。

 

そんな先生でも

「これなら自分にもできるかも」

「楽しく授業ができるかも」

「道徳の授業、大好き♡」

ぐらい思ってもらえるプログラムを作りたい。

 

今回、先生方の生の声を聞き

どんな風に教材研究されているのか

どんな風に授業を組み立てているのかを知ることができ

絵本教育研究所だからこそできる

授業プログラムができそうです♪

 

絵本教育研究所は

今後も、現場の先生のお声を聞きながら

プログラム開発に力を入れていきます♪

 


テーマ:
ホームページやリーフレット、名刺などに使用している
 
顔写真を撮りなおしました。
 
今使ってる写真は
 
ずいぶん前のものだし
 
髪もバッサリ切っちゃったので
 
ホームページ&リーフレットのリニューアルに合わせて
 
写真も撮りなおそうってことになったんです。
 
 
今回、撮影してくれたカメラマンは
 
五藤恵さんキラキラ
 
 
結婚披露宴や、いろんなイベントなどで撮影されている
 
現役カメラマンカメラ
 
今日は、短い時間で
 
大急ぎで撮影していただきました。
 
 
めっちゃカッコイイですよね~カッケー
 
撮られることに慣れてないわたしは
 
緊張しまくってガチガチあせ
 
そんなわたしを
 
ファインダー越しに優しく声をかけてくれて
 
笑顔を引き出してくれる
 
さすがプログッド!
 
 
さあ、近日中に
 
アメブロもホームページも
 
髪を切った笑顔のおかちゃんに変身しますよルンルン
 
乞うご期待ハート

テーマ:
気になる作者がいます。
 
「百年たってわらった木」の作者 中野美咲さんという方です。
 
 
この絵本がどんなお話なのかを
 
先にご紹介しましょう。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
森の中に100年も生きている
 
とてもかっこいい木がありました。
 
えだは、ぐんと上にのばし
 
葉っぱはするどく
 
木の肌は、ツルツルピカピカ。
 
 
ところが、100年たっても
 
なかなか友だちができないことに悩んでいた100歳の木は
 
ある日、しょんぼりと葉を下に向けたとき
 
りすの親子がやってきたことがきっかけで
 
ありのままの自分でいいんだと気づいていくというお話。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
一見、どこにでもある
 
自己肯定感をテーマにした絵本だと思われがちなのですが
 
実は、この作者
 
小学6年生の女の子が書いたお話なんです。
 
 
2002年おはなしエンジェル子ども創作コンクールで
 
小学校高学年~中学生の部で
 
最優秀賞を受賞した作品に
 
おぼまことさんが絵をつけて
 
くもん出版から出版された絵本です。
 
 
奥付を読むと
 
もっとびっくりしました。
 
 
2歳の頃から本を手放したことのない程の読書好き。
 
旺盛な好奇心で、テニス、水泳、手芸、編み物など
 
さまざまなものに興味を持つ。
 
また、近所の公民館で
 
開かれている科学セミナーに欠かさず参加するほど、
 
科学(生物・地学)が好き。
 
 
 
一体、この女の子って
 
どんな子なんだろう・・・って気になりませんか?
 
 
わたしが小学生のとき
 
こんなこと考えたこともなく
 
勉強も大きらいでしたので
 
小学生で、こんなお話を書けるなんて
 
うらやましいというか
 
どんな教育を受けたら
 
こんな人になれるんだろうって
 
興味津々なのです。
 
 
 
大人も子どもも
 
自己肯定感の低い人が多く
 
自分のことが好きになれなかったり
 
自信が持てなくて悩んでいる人がたくさんいます。
 
 
どうしたら中野美咲さんのような
 
ありのままの自分でいいと思えるようになれるんだろう。
 
 
27歳になった中野さんに会って
 
作品を書いたときのこと
 
そして、今現在
 
どこでどんな暮らしをしているのか
 
聞いてみたいと思う今日この頃。
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス