交通事故の後遺症

テーマ:

今回は交通事故車ドンッ後遺症ドクロについてお話しますね。



当院では交通事故後遺症にも対応した治療をしています。


当院では交通事故によるむち打ち治療も行っております。



交通事故後遺症は臨床上かなり多く放置すると痛みや機能障害から


2次的障害,たとえば、肩こり腰痛などを起こすことがあります

早期にきちんとした対応と
症状が完治するまで治療される事をおすすめします。



○交通事故による後遺症


むち打ち症 (頚部捻挫)交通事故による後遺症としては


高い確率で発生します。


これは、外力の大小により、 治療期間や後遺症にも大きく影響致します。


治療経過が思わしくなく症状が次第に慢性化するケースも少なくありません。


交通事故による後遺症の特徴は受傷直後にはあまり症状が出ないことです。


受傷直後の検査で異状が認められない場合でも、数日経過して腫れや


痺れとともに むち打ち症の自覚症状が首や背、腰または


膝や脚の痺れなど、広範囲に出ることがあります。

病院、整形外科で自覚症状のある患部が特定され次第直ちに


レントゲン検査などの適切な検査が行われますが


多くの場合は、骨に異常なし、つまり骨折していないので


そのまま治療せずに放置して悪化させてしまう場合が多いのです。


そして、時間の経過とともに頭痛、めまい、吐き気


肘や指先しびれ感、肩や上肢全体の重だるさなどを伴うこともあります。

その場合は放置せずに、きちんとして治療をしておかないと


5年後、いいえ10年20年後に大きな後遺症を残します。



当院では、手技(私達の手の技で、緊張している筋肉などの痛みの原因を


解消していきます)、ストレッチ、姿勢改善、温熱療法、低周波、超音波、


干渉波、テーピング、運動療法などを組み合わせ、患者様の症状にあわせた


痛くない無理のない治療を、経験豊富なスタッフが完治するまで責任をもって


行いますので、交通事故にあわれた方は是非当院へお越し下さい。


住所  平塚市浅間町3-3


TEL   0463-34-7400


院名  おかばやし整骨院