むちうちについて

テーマ:

今日はむち打ちについてお話しますね。


むち打ちは圧倒的に自動車の追突事故が多いです。


特徴は、軽い事故であれば受傷直後の検査では異常が認められなかったり


自覚症状もなかったのに、2~3日後から症状が現れ、段々強くなる事を言います


むち打ちの自覚症状・・・


首の痛み、頭痛、肩こり、めまい、手の震え、手足の痺れ、感覚異常、


だるさ、倦怠感、吐き気、集中力の低下、ふらつき感、膀胱障害などもでます。


頸椎捻挫型


頸椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ


むち打ち全体の70~80%を占めているとされています。


首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。


また、首や肩の動きが制限されることもあります。


根症状型


頸椎の並びに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状が出ます。


首の痛みのほか、腕の痛みや痺れ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。


これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、


回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。


・バレ・リユウー症状型


後部交感神経症候群とも言います。


頸椎に沿って走っている脛骨動脈の血流が低下し、


めまい、頭痛、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられてます。


・脊髄症状型


頸椎の脊柱管を脊髄が傷つけられたり、下肢に伸びている神経が損傷され


下肢の知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。


また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります


・脳脊髄液減少症


一時的に隋液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根に最も


強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられています。


脳脊髄液減少症の症状は極めて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。


初期には頭痛が特徴的です。


またこれらの症状にはある特徴がみられ、天候に左右されることです。


気圧の変化に応じて症状が変化します。


長々とすみませんガーン


交通事故をされてそのままの方が多いので、このような症状が出る前に


一度お越しください。


国家資格を有した専門家があなたの症状を和らげます。


住所  平塚市浅間町3-3


TEL  0463-34-7400


院名  おかばやし整骨院