一年半前に映像化すると知って書いた「閃光のハサウェイ」

 

公開延期です。


あんま興味ない?


ガンダムあんまり知らない人にも知って欲しいのでざっくり解説しますけども。

 

 

ガンダムとかアムロとかシャアとか出てくる初めの作品がいわゆる「ファースト」ガンダム。

 

次が「Zガンダム」(ぜーたがんだむ)

 

→これは主人公が結構暗くて、最後の最後には。。。

 

その次が「ガンダムZZ」(がんだむだぶるぜーた)

 

→これは逆に主人公明るくて批判あり(笑)

 

そんで映画として「逆襲のシャア」

 

→これはνガンダム(にゅーがんだむ)が出てくる話。アムロとシャアの物語が決着します。

 

続きの小説として「閃光のハサウェイ」がありました。

 

ここまで同じ世界の話。

 

他にもOVA(オリジナルビデオアニメ)といって、ビデオ売りする細かい作品群もあります。厳密にいうと小説はそれぞれ続編じゃなかったりするけども。

 


このハサウェイというのは人の名前で、彼はシリーズにずっと登場している準主役級「ブライトさん」の子供なんです。

 

ファーストガンダムでは19歳の士官候補生だったブライトさんも、閃光のハサウェイでは45歳の大佐に。

 

ハサウェイ自身も「逆襲のシャア」に登場してたりしましてね。

 

「閃光のハサウェイ」は親に秘密で色々あって色々ある話で、もうね。


泣けちゃうわけよ。

 

小説は平成元年に出ていたものの、これまで映像化されていませんでした。

 

本棚から発見。ぼろい。元々が古本なんだよな確か。

 

なぜか上巻は角川文庫で中・下巻はスニーカー文庫でした。

 

懐かしさ溢れ出る・・・。

 

それが初めて映像化よ。でもコロナで延期。

 

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』新たな宇宙世紀を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクト第2弾 近日公開リンク『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト

   

 

 

 

これ、偉いなあと思うのは、小説の挿絵である美樹本晴彦ベースのキャラデザなのよね。

 

美樹本晴彦といえばマクロス。

 

私はマクロスプラスとマクロス7しか知らないのだけど。

 

 

お後がよろしいようで。。。