ズボン?! | 英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

OKAMURA KIDS’ WORLDは、姫路市にいる小学生の放課後に
国籍を超え、世界的視野を持った行動力ある大人へと育むアフタースクール(民間学童)です。


テーマ:

Autumn is coming, no more shorts!イチョウ

もうすぐ秋ですね。

After a brutally hot summer, it's finally cooling off here in Tadera.

だんだんと涼しくなってきましたね。

Soon, we'll all be putting away our shorts and taking out our jackets.

もうすぐ半ズボンの季節からジャケットの季節になりますね。

Although the English word for "jacket" is basically the same as the Japanese katakana version, in American English, "half pants" and "short pants" are never used. Instead, we simply say "shorts".

英語でジャケットというと日本語のカタカナで言うのと同じですが、アメリカ英語は、”ハーフパンツ”とか、”ショートパンツ”っていう言い方はしないんです。シンプルに”ショーツ”って言うんです。


As "pants" are considered plural (because "a pair of pants" consists of two pant legs), most (if not all) English words for different types of pants and legwear are also plural.

”パンツ”は複数形と考えます(足が二本あるからね)いろんな形のズボンの英語も複数形と考えます。
For example: 
例えば
デニムパンツ Jeans
ハーフパンツ Shorts
チノパン Chinos
スラックス Slacks
オーバーオールズ Overalls
ジョギングパンツ Joggers
タイツ Tights

Somewhat ironically, the most common exception to this pattern is the Japanese パンツ, which is usually the uncountable word "underwear" in English, but "underpants" is sometimes used casually (for example, the children's superhero "Captain Underpants").
ちょっと皮肉っぽいですが日本のパンツは例外なんです。これは英語での”下着”の意味になり不可算名詞になります。でも”underpants”はカジュアルに下着を表現する語彙です。

This casual "underpants" version is likely where the Japanese word came from, and why the children here at Kids World always seem to laugh when they learn how to say ズボン in English.osaruosaruosaru

このカジュアルな”underpant”は日本語でパンツという表現が生まれたルーツでしょうか。いつも生徒たちは英語でズボンのことをパンツというと学習すると笑っています。

岡村キッズワールドさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります