Keith Haring Drawing Game キース・へリング | 英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

OKAMURA KIDS’ WORLDは、姫路市にいる小学生の放課後に
国籍を超え、世界的視野を持った行動力ある大人へと育むアフタースクール(民間学童)です。


テーマ:

Title: Keith Haring Drawing Game

キース・へリングのお絵かきゲーム

For our most recent art class, we played a game where our students rolled dice to help them make original Keith Haring-style characters.
最近のアートクラスでは、キース・へリングの絵のキャラクターをサイコロを振って順番に書いていくということに取り組みました。
Using a printed page of different visual elements (and lots of English, of course!), the dice rolls determined which elements each student had to draw for their own character.

いろんなプリントした違う要素で構成してきます。(もちろん英語をたくさん使って)サイコロでどの部分をだれが描くかを決めます。

 
For example, the first roll would determine which head to draw, the next roll would be the arms etc.
例えば、初めにサイコロを振った人がどのキャラクターの頭を書くかが決まります。次にサイコロを振った人が腕、という感じに進めます。
This game can actually be played with many different types of drawing (I've seen it done with Minions, for example.)
このゲームは絵を描いていくいろんなゲームに使えます。(たとえばミニオンズでこのゲームをしているのを見たことがあります)


However, I chose Keith Haring because the signature style of his thick, bold lines and his interest in "glyphs" made for something visually exciting and fun for the children.
なぜこのキースへリングの絵を選んだかというと、彼の大胆で太い線はとても象徴的でシンボルっぽく見えて子供たちが楽しめるかなと思いました。
At the same time, although sometimes I do teach the children how to draw some of their favorite characters (like Minions and Pete the Cat, for example), I have a reason for choosing more "serious" artists to base my lessons off of.
また同時に、みんなに自分の好きなキャラクターを描く方法を教えたりもします。(たとえば、ミニオンズ、ピートキャットとか)。 でも今回はもっと実際よく知られているアーティストを紹介して子供たちにも僕が幼少期に経験したことを感じてほしいと思いました。

In my parents' home, there's always been a print of Picasso's "Three Musicians" hanging up.  As a child, the abstract-yet-recognizable elements of the painting fascinated me.
僕の実家にはいつもピカソの”三人の音楽家たち”という絵が飾られていました。
子供ながらに抽象的なでも何かを感じられるこの絵に魅了させられました。
 
Now as an adult, when I see Picasso's works, they often seem to resonate with me in some way, and I think it's because of "Three Musicians".
今大人になって、ピカソの絵を見ると、何か共感できるものがります。それはこの”三人の音楽家”が影響しているんだと思います。

Of course, an hour-long art lesson is different than seeing a painting for years, but it's my hope that by exposing my students to somewhat accessible fine artists, fine art will be a little more interesting to them when they inevitably encounter it in their adult lives - even if it's just on a Uniqlo t-shirt.ウインク

もちろん1時間授業と絵を何年も見ているのとは違いますが、少しでも絵画を興味付できたらと思いました。絵画に関して大人になるともっと触れる機会があって興味もわいてくると思います。たとえユニクロのTシャツであってもね!

岡村キッズワールドさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります