英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

OKAMURA KIDS’ WORLDは、姫路市にいる小学生の放課後に
国籍を超え、世界的視野を持った行動力ある大人へと育むアフタースクール(民間学童)です。


テーマ:

As both a teacher, and a language learner myself, it's always something of a relief when the grammar of two languages matches up nicely.照れ照れ照れ

英語の講師として、また語学(日本語)を学ぶものとして、英語と日本語の文法がマッチする表現を見るとホッとします。

 
For example, in Japanese, you can "kesu" the lights, and the lights can "kieru" on their own.
たとえば、日本語で 電気を消す”けす” 電気が自動的に消える ”きえる”を取り上げてみると、
 
In English, we usually use the verb phrases "turn off"/"turn out", and "go out" respectively e.g. "she turned off the lights", "the lights went out all by themselves".メモ
英語では、"turn off/turn out" " go out" をそれぞれ使います。 彼女が電気を消した。"turn off" 電気が勝手に消えた。 のときは " go out"

In English, you can't "go out" the lights, just as you can't "kieru" them in Japanese.
英語では、あなたは 電気を " go out "できない、それは日本語では ”きえる”にあたります。
Collide is one of many other words like "kieru" in both English and Japanese.
このような言葉は英語と日本語で多くみられますね。
 
For example, "both of the outfielders were trying to catch the fly ball and collided with each other."
たとえば、外野手がボールを取ろうとして衝突した。
Just as you can't "go out" the lights, you can't "collide" a baseball player - you can only collide with one.
あなたが電気を " go out " できないように、野球選手”を”衝突する はできなくて、野球選手”が”衝突するというように。
So be careful!
注意して使わないといけないね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岡村キッズワールドさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>