中間考査が間近に迫っている生徒たちは
この三連休、自発的に塾に来て、
自主的に自習に取り組んでいます。

家ではなかなか集中して勉強しない、

家では誘惑が多くて勉強できない、

という生徒たちも、

塾を上手に使ってテスト勉強に励んでいます。

塾で自習すると、

どうしてもわからないことは

先生に質問することですぐに

解決できて、次に進むことができます。

塾で自習してくれると、私たち教師も、

生徒の勉強の様子を見ることができて、

状況を掴むことができ、

正しい勉強をしているか、

理解不十分のまま進んでいないか、

をチェックし、修正することができます。

仲間同士で教え合うことも、

互いに成長できるので

とても大事なことです。

 

もちろん、点睛塾では

自主的に行われている

いつも通りの光景です。

教えてもらうことで

わからなかったことがわかるようになり、

解けるようになっていきます。

 

教える側も、友達に理解してもらえるように

丁寧に説明することで、自分の理解度も

チェックできます。

『自主的』・『自発的』どちらも

自分から進んで物事を行うことを言います。

広辞苑によると、
「自発的」とは、
自分から進んでするさま。
 
「自主的」は、
他からの干渉などを受けないで、
自分で決定して事を行うさま。
 
 「主体的」は、
ある活動や思考などをなす時、
その主体となって働きかけるさま、
他のものによって導かれるのでなく、
自己の純粋な立場において行うさま。

 

独立した状態か、

働きかけるという要素があるか、

などにより微妙な違いがありますが、

いずれも「自分から動こう」という

ニュアンスがあります。

テスト前だから勉強しに来なさい、

◯時から◯時まで自習しなさい、

補習するから来なさい、

・・・と教師が働きかけているうちは

生徒に自主性や主体性は身につかず

指示待ち人間」になってしまいます。

自発的に自主的に主体的に学ぶように

意義付け、動機付けをしていくのも

塾の役割、教師の指導のひとつです。

自主性と主体性は違います。

 

自主性とは

単純にやるべきことが明確で、

そのやるべき行動を人に言われなくても

率先してやること。

 

主体性とは

何をやるかは決まっていない状況でも

自分で判断して行動すること。

 

自主性のないところに

主体性は育ちません。

自主性があって主体性が育ちます。

 

主体性を伸ばすには、

まず自主性を伸ばすことです。

 

2020年に教育が大きく変わります。

主体的に学ぶことを

より求められるようになります。

 

主体的に学べていますか?

主体的に行動できていますか?

その前に、

自主的に行動できていますか?

 

先生に言われたから勉強する、

親に言われたから塾に行く、

補習をしてもらえるから行く、

で、自主性があると言えるのでしょうか。

 

点睛塾の生徒たちには、

勉強する意義や受験の目的など、

今、勉強することの必要性を

指導していますので、生徒たちは

自主的に学ぼうとしてくれています。

自主的に能動的に学んでいくうちに、

主体性が身についていき、

新しくなる大学入試にも対応し、

社会に出てもしっかり対応してくれる

と思います。

たくさんの塾があり、

それぞれの塾に方針があり、

それぞれの塾に良さがあります。

 

点睛塾も他の塾と同様に

成績を上げさせる、

志望校に合格させるという

使命を全うするため、

日々指導に専念しております。

生徒たちの自主的な学習や

能動的な学習を邪魔しないように

注意しながら。

 

ウチの子は、

言われないと勉強しない、

 言われても勉強しない(笑)・・・

指示待ち人間だなと感じるならば

是非点睛塾で仲間たちと一緒に

やってみませんか。

無料体験はいつでも受付けています。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます

 

点睛塾 塾長 川元信也

 

 

点睛塾ホームページ
 

点睛塾Facebook

 

 

公益財団法人

日本習字教育財団

点睛塾大分大道教室
綺麗な字は一生の宝物

無料体験随時受付

幼児・小学生学びのクラス
マザークラス 

学校の宿題、学校の勉強のサポートもします。

漢検・英検対策も行う学びのクラスです。

小学生英語の授業もあります