8月に入ってもう9日目です。
夏休みも折返しました。
残り3週間を切りました。
夏休みを最大限に活かして
まだまだ伸ばしましょう。
点睛塾では、
自分の身の丈を知り、
決して無理に背伸びをせず、
今の自分に必要なことを
確実にやり遂げていくように
指導を行っています。
行きたい高校はどこにあるのか

 

そこが大事です。

 

県内の公立高校ならば、

先を急ぎ過ぎることは

必要ありません。

 

しっかり復習して、

確実に理解を定着させて、

自分でできることを

ひとつずつ増やしていきましょう。

県外の難関高校を受験したいのであれば
その生徒だけにその対策をします。
 
受験しない生徒たちまで、それに合わせて
先を急がれたら、必要な学習ができずに
確実につけていかなければならない学力が
ついていきません。
中3受験生たちにとって、
18日(土)の学力診断テストで
今の自分に必要な結果を出す
ことが当面の課題です。
あせらず、あわてず、あきらめず、
ひとつひとつを丁寧に仕上げていく。
 
大量の問題は不要です。
1問で十分復習ができ、
十分に理解を深めることができます。
1問から拡げて、深めて、多くの学びを
提供するのは教師の力量です。
 
たくさんの問題を解かせることで、
練習量を増やすことで理解させるのは、
結果的には「生徒たちの頑張り次第」
であって、できる生徒たちはそれで
伸びていくのでしょうが、苦手な生徒、
理解できていない生徒たちは・・・。
中2生たちも受験生たちと
同じように指導しています。
 
中2生たちも、今月末に行う
学力テストから、もう
受験モードになります。
 
志望校判定も出ます。
1年後の自分は
どうなっているのか。
 
どうなっていたいのか。
どうありたいのか。
今、部活動中心の生活で
勉強は二の次になっているならば、
来年苦労するのは明らかです。
今を頑張れる人は、
来年も、3年後も頑張れます。

先生に言われてから動く、

親に言われたからやる、
誰かに指示されないと
動けないのではいけません。
学校での授業スタイル、
集団授業形式と同じ方法で、
学習することで、自主性や
主体性も備わってきます。
ただ面白い、ただ楽しい、
とにかく今わからないことだけ
教えてもらえればいい、
そういう授業を望むならば、
点睛塾は合わないかもしれません。
明るく楽しく元気よく
積極的に学んでもらうように
していますが、生徒たちにとって
厳しい面もあります。
わからないから教えて…
と安易に質問してきたら、
何がわからないのか、
自分の状態を考えて、
何が原因でわからないのか
を考えてもらいます。
解き方や答えを教えるだけで
いいのならば、我々には簡単で
楽なことです。
 
考え方を教えて、
生徒自身にやらせる、
自分で答えまで導かせるように
することは大変ですが、とても
大事なことです。
与えられたものを処理する、
できなけれはすぐ誰かに頼る…
のではなく、
与えられなくても
自分である課題を見つけ出し
まずは自分で動けるように
していきます。
生徒自身が何の苦労もせず
簡単に答えや解き方を教えて
もらっても、その場、その時は
わかるのでしょうが、数日後には
またわからなくなっていることが
多いものです。
 
自分では考えていないから。
先生が考えて解いてあげたのを
見ていただけだから。
そうなるのは当然のことです。
わかったつもりになるのです。
わかったつもりをなくしていく。
それが学習する上で、指導する上で、
とても重要なことです。
 
それはとても難しいことです。
 
その難しいことをやらないで
避けていくのか、それとも、
自分にとって必要なことと気づき、
やっていくのか、
それによる結果は明白です。
 
与え過ぎず、
教え過ぎず、
頼り過ぎず。
 
残りの夏期講習も

 

根気よく厳しく指導していきます
 
 
 
 
 

いつもありがとうございます

 

点睛塾 塾長 川元信也

 

 

点睛塾ホームページ
 

点睛塾Facebook

 

 

公益財団法人

日本習字教育財団

点睛塾大分大道教室
綺麗な字は一生の宝物

無料体験随時受付

幼児・小学生学びのクラス
マザークラス 

学校の宿題、学校の勉強のサポートもします。

漢検・英検対策も行う学びのクラスです。

小学生英語の授業もあります