豊府中学進学を目指している小6生たち。

豊府中学校に進学することが目標ではなく、

豊府中学校に進学し、

中高一貫校のメリットを最大限に活かし、

いち早く大学受験を意識した学習を始め、

志望大学のランクを高くできるようにし、

現役合格を確実に勝ち取り、

卒業後に自分のやりたい仕事に就き、

幸せになることが目標です。

そのためには、
豊府中の適性検査だけに

対応していては足りません。

 

向陽中、岩田中、大分中など私立中学に

合格できる学力を身につけること、

つまり、中学受験に対応した難易度の

高い学習もしておくことが、先々の自分を

自分が助けてくれることになります。

 

点睛塾でもこれまで毎年、生徒たちは、

向陽中や岩田中、大分中も合格して

豊府中に進学していっています。

中学受験のための学習をしてきた生徒たち、

難しいことにも挑戦し続けてきた生徒たちは

大学受験に向けても早く始動できています。

今年度は、夏期講習から

豊府中適性検査対策授業

をスタートします。

毎年、豊府中対策を受けた生徒は、

ほぼ豊府中に進学しております。

 

昨年度も、3名の生徒たちのために

豊府中対策授業を行い、

3名が豊府中に進学、

豊府中で中高一貫校の意図を
きちんと理解し、大学受験を見据えて

毎日頑張っています。

点睛塾は、少人数指導ですので、

生徒一人ひとりそれぞれの考え方を

いつも丁寧に確認していくことができます。

良き仲間良きライバル

しかし、その集団の中にいることで

満足してしまい、なかなか伸びないで

悩んでいませんか。

 

すぐに理解できる子どもたち、
成績優秀な子どもたち

に合わせた授業を、
無理して受けていませんか。

 

受験生にとって夏休みは最重要な時。

 

友だちとワイワイ楽しいだけでは

成長が見られぬまま、あっという間に

夏休みが終わってしまいます。

 

自分よりも成績の良い友だちの前で、

「わかったふり」をしていませんか。

 

この夏の頑張りが、合格を左右し、

進学後の自分を助けてくれます。

 

 

中2集団授業クラスの生徒たちも

頑張ってくれています。

 

夏講の最終日に行う学力テストから

現在の中3生が受けている学力テスト

と同じレベル、受験生レベルの問題に

取り組みことになります。

1年後の夏、

自分の思い通りに受験勉強を

進めていられるかどうか、

今年の夏の頑張りで変わります。

 

学期・・・

どの科目も学習内容が

さらに難しくなり、

多くの生徒が躓く時期、

つまり、ライバルとの差が

さらに大きくなる時期。

 

中2の2学期を乗り切るためには、

この夏、しっかり復習し不安な部分を

できる限り少なくすることが大切です。

点睛塾では、

集団授業クラスでも個別指導でも、

生徒たちの自主性、主体性を育てる為、

与え過ぎず教え過ぎず の指導です。

 

当然のことですが、

「知らない」こと、「初めて」のことは、

勿論、丁寧に考え方から教えます。

一つの問題でホワイトボード一面使って、

生徒たちの理解を促すように、

板書も丁寧に書くようにしています。

 

 

 

 

 

 

今日と明日、

7月6日(金)・7日(土)は、

今年度2回目の『学力テスト』です。

 

先を急ぐばかりではなく、

年6回定期的に行っている

この『学力テスト』で、

しっかり復習させ、振り返らせて、

着実に実力をつけてもらいます。

 

あせらず、あわてず、あきらめず

地道にコツコツ努力を積み重ねることで

じわじわ学力が高まっていきます。

 

中3集団授業クラスの生徒たち。

 

中学校での期末考査や実力考査が

終わったからといって、ゆったりしては

いません。受験生としての意識が高まり、

明日の『学力テスト』に向けて、

自分の弱点克服に努めています。

 

 

今週の火曜日に大分県教育委員会が

発表した

平成30年度大分県立高等学校

 入学者選抜学力検査(第一次)の分析

についても、中3受験生たちに報告しました。

 

平成30年度大分県立高等学校入学者選抜学力検査(第一次)の分析

 

数学の結果を見ると、

60点満点が一人もいない、

50点台がたったの19名、

トップ校である上野丘の合格者でも

8割取れていない、

7割にも到達していない人がいる

という事実もわかります。

 

 

入試の結果から見えてくること、

正しい事実を見て、正しく判断し、

今、自分は何をしなければいけないか、

しっかり考えて夏講に入ろう、と

生徒たちに話しました。

 

生徒一人ひとりそれぞれの現状があり、

生徒一人ひとりそれぞれに志望校がある、

自分のやるべきことを確実にやっていく

ことが大切なので、入試の分析をしっかり

見て、正しく判断することも大切です。

 

自分の好きな科目ばかり、

自分でもできることばかり、

を続けていても成績は上がりません。

 

自分が苦手なこと、自分ができないこと、

を「できる」ように努力していくことが

必要です。

勉強するのは子どもたち本人です。

 

保護者様にいろいろと
お話することも大切なのでしょうが、
子どもたち本人に
折に触れて

言って聞かせる、

そして、それをやらせてみる、

それを私たちが見て、

修正すべきは修正することが

より大切です。

 

生徒たちに、常に言い続けています。

 

親が勉強するのではない。

親が不安がったり悩んでも、

キミたち本人が「気づく」ことを

しなければ好転しない。

 

早い人で高校卒業時で3年後、

大学行く人で7年後、

自立しなければならない。

 

高校受験、そのための受験勉強を

通じて、強く成長して欲しい。

自主的に、主体的に、

自分のことは自分で責任を持つ

くらいの気構えで、毎日努力を

積み重ねて欲しい。

 

 

点睛塾の中学生たちは

今日と明日、『学力テスト』です。

夏の前に、自分の弱点を

客観的に見て、判断して、

夏の学習を、より効果的に

していきます。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます

 

点睛塾 塾長 川元信也

 

 

点睛塾ホームページ
 

点睛塾Facebook

 

 

公益財団法人

日本習字教育財団

点睛塾大分大道教室
綺麗な字は一生の宝物

無料体験随時受付

幼児・小学生学びのクラス
マザークラス 

学校の宿題、学校の勉強のサポートもします。

漢検・英検対策も行う学びのクラスです。

小学生英語の授業もあります