日曜日も朝から生徒たちが集まって
期末考査に向けて頑張っていました。
個別指導は、
普段指導時間が限られていますので、
今日も期末考査前の中学生は全員、
個別指導担当の教師が朝からつきっきりで
テスト勉強のサポートをしていました。
朝から満席状態、
生徒たちのヤル気でいっぱい。
 
個別指導の生徒のみなさん・・・
朝から有意義な学習ができたことでしょう。
集中して、真剣に、自分の学習ができた
ことでしょう。
 
テスト当日は、
先生も友だちも傍にいません。
先生も友だちも教えてくれません。
テストまでの残りの時間で、
自分ひとりで確実に解けるように
今一度テスト範囲の問題を
自分で解いて、準備しておきましょう。
集団授業クラスの生徒たちには、
日曜日の使い方は、
「自分の学習」
「自分でする学習」
をみっちりやりなさいと
常に指導しています。
 
自宅では集中できない、
寝てしまう、休んでしまう人は、
勉強場所を塾に移して頑張ってもイイ。
自宅の方が集中できる人は、
自宅で自分ひとりの世界に没頭して、
細部までこだわってやればイイ。
朝から塾に来て勉強する生徒もいれば、

午前中は家で自分ひとりで頑張ってみて、
そこで不安な部分を、昼から塾に来て、
先生に質問したり、もう一度頑張ったり、
 
家で朝からテスト勉強頑張ってたけど、
昼食後に睡魔に襲われ、昼寝してしまい、
これではダメだと、15時に塾に来て、
18時まで集中して頑張った生徒も。

一から十まで至れり尽くせりに

先生に頼ってばかりだと、

ひどい場合には、

「上げ膳据え膳」

になってしまう中学生もいます。

 

塾には毎日行ってるのに、

あれだけ多くの時間勉強しているのに、

なぜ、結果が思わしくないの?・・・と

いう場合もあるのではないでしょうか。

 

それは、まさに、
「上げ膳据え膳」・・・
・・・何から何まで人の世話になって、
自分では何もしなくてよいこと ・・・

・・・になっているのではないでしょうか。

点睛塾では、

個別指導でも集団授業でも

「与え過ぎ」「教え過ぎ」

生徒のためにならない

と考えて根気よく指導しています。

生徒の質問に対して、すぐに
「教えてあげる」「答えてあげる」
方がラクなので、そうすれば私たちは

助かるのですが、それだと、

答えを出したのは私たちであり、

生徒本人は考えていません。

答えを聞いただけですから、

頭に残りません。

 

だから、何度も同じことを質問したり、

その単元がなかなか解けないままで

終わるのです。

答えを導き出す過程を

しっかり指導する。

手間暇はかかります。

しかし、それが生徒たちのためです。

教科書の完全理解を目指し、

その理解度を確認するために
ワーク類はあります。


中1は初めての期末考査。

最初が肝心です。
 

問題を解くばかりだったり、

プリントをもらってやるだけで

満足するようなテスト勉強では、

この先、誰もが学年が上がり、

ステップアップをするわけですから、

徐々に対応できなくなってきます。

 

最初が肝心。

中学1年生のときに、

正しい方法で勉強する習慣を

身につけて欲しいと願い、

毎日指導しています。

私たち教師が、指示しなくても、

強制しなくても、自発的に動き、

自主的に自習に来て、

主体的に自分のやるべきことをやる。

 

今日も、自主的に来て頑張った生徒たち。

この習慣、この考え方が当たり前となれば、

この先も勉強で苦労することは少ないと

思います。

 

成績を上げるのは当然のこと。

塾に通い、指導されたことを素直に

受け入れ、素直に実行すれば、

成績が上がるのは当然のこと。

 

その先、ずっと先にある高校入試、

そして、高校生になってからの学習、

大学入試、と考えていくと、

塾の責任は大きい。

これからも、生徒たちに自主的に

学びに来るように指導し、

高校入試を見据えた学習の仕方を

毎日の指導で行っていきます。

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます

 

点睛塾 塾長 川元信也

 

 

点睛塾ホームページ
 

点睛塾Facebook

 

 

公益財団法人

日本習字教育財団

点睛塾大分大道教室
綺麗な字は一生の宝物

無料体験随時受付

幼児・小学生学びのクラス
マザークラス 

学校の宿題、学校の勉強のサポートもします。

漢検・英検対策も行う学びのクラスです。

小学生英語の授業もあります