中1集団授業クラスです。
毎週火曜、木曜日、金曜の
19時20分〜21時45分、
週3日、みんな頑張って、
真剣に授業に参加してくれています。
{D24BB7BB-9024-4216-B312-1CC1F8FDD20E}

まだ中1なのに・・・

そこまでやらなきゃいけないの?

 

中1だから頑張るのです。

中学生の最初の学年だから、

1年目だからやるのです。

{9BCC17C2-008A-452A-B546-080FA4F1AD36}
大人の仕事でもそうですよね。

・・・始めたばかり、つまり1年目は、

初めてのことが多くて、

わからないことが多いもの。

 

これまでに経験していないから、

自己流で対処しようとすると

大きな失敗に繋がったりします。{51FBFDDD-4790-44CE-9529-6B47E49897CE}

どうすればいいのか、

どう動けば良くなるのか、・・・

それを良く知る人から教えてもらう

アドバイスをもらう方が、

正しい方向に進めるものです。

{F7FCCAB8-D075-49EC-A02A-4B7CF9EC6710}
1年目だから、

経験が無いから苦労することも、

それによって嫌なこともあって

当たり前なのです。

 

1年目だから頑張っておくと、

2年目は1年目の経験を基に、

より良い方法を見つけられます。

{6A548A74-93C9-4F74-9858-81DDDEBBCF81}

小学生の1年目、

中学生の1年目、

高校生の1年目、

大学生の1年目、

社会人の1年目、

・・・どんな1年目も

期待と不安が入り混じるものです。

思い通りにならないこともあって

投げ出したくなることもあるでしょう。

 

また、1年目だから、初めてだからと

慎重になり過ぎたり、遠慮することも

あるでしょう。

 

1年目だからこそ失敗を恐れず、

積極的に全てのことを吸収するつもりで

攻め」の姿勢でいった方が、

後々の自分が楽に進んで行けます。

{774F7447-D412-490B-87EC-1DF9D61E4C8D}

中学1年生・・・

勉強のことは、中学校生活に慣れてから

対策を考えよう・・・とする人が多いように

思えます。

しかし、それだと、

中学校生活に慣れることを

優先している間に、勉強について

不安や苦手ができることもありますし、

それに対して対処しようとしても、

せっかく慣れた生活の中に、

塾などのプラスαの学習時間を

追加挿入していくことは、子どもにとって

苦痛になることもあります。

 

中学入学と同時に、

中学1年生のうちに、

自分のペースを作ることも

大切なことです。{754E18EE-873A-4E5F-969D-7011CC3334AB}

1年目といえば、

今年はとても重要な1年生がいます。

 

新高校1年生(現中3生)です。

 

2020年大学入試改革、

センター試験の廃止、

これまでの高校1年生とは違うのです。

 

高校入試が終わって、
解放感に浸り過ぎていては、

自分を苦しめることになります。

 

高校1年生での頑張りが、

2020年 新大学入試の結果を

左右します。

{1DBF721A-1CB3-4DF1-82AD-5C62E53F4EDB}
高校生生活の1年目、

高校1年生のときに頑張っておけば、

高2、高3と進級していっても、

それほど苦労することのなく、

順調にステップアップできて、

第一志望大学現役合格の可能性が

高まるはずです。

 

困ってから頑張り出す、

今を楽しんで、後で苦労する、

・・・ことを選択するのか、

困らないように頑張る、

今を頑張って、後で楽をする

・・・ことを選択するのか、

自分で判断すれば良いのですが、

それは全て自己責任で。

 

中3受験生として、受験勉強で

身についた勉強の習慣を崩さず、

日々の勉強、日々の努力を継続し、

高校1年生の間 頑張って、

自分のペースをつかみましょう。

 

高校での学習は、

困ってから頑張ろうとして

何とかなるものではありません。

 

2020年大学入試改革の

当事者である新高1生(現中3生)は

決して油断せず、努力を継続して下さい。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます

 

点睛塾 塾長 川元信也

 

 

点睛塾ホームページ
 

点睛塾Facebook

 

 

公益財団法人

日本習字教育財団

点睛塾大分大道教室
綺麗な字は一生の宝物

無料体験随時受付

幼児・小学生学びのクラス
マザークラス 

学校の宿題、学校の勉強のサポートもします。

漢検・英検対策も行う学びのクラスです。

小学生英語の授業もあります