建替え不可の死に地から開発許可取得へ、そして所有権移転。 | 「おいしいおうち」

「おいしいおうち」

料理を作るように楽しく家を創りたい。
ここにはいつもの生活を新しい暮らしに
変える工夫がいっぱいあります。
あなたも・・・家を創る喜びを味わってください。


テーマ:

初めてその土地を見に来たのは、ちょうど5年前、2013年10月8日でした。

 

ひとりの地主さんから「売りたいんだけど…」という希望を聞き、現場調査に来て、

 

分かった事は「すぐには売れない」という事。

 

理由は「未接道」だから。

 

その事実に加えて分かったのは、未接道で建替えの出来ない家がその他に2件ある事。

 

4件並びに建つ家の内、3件が未接道という前代未聞の分譲地。

 

その日から僕の「資産整理」が始まりました。

 

 

最寄り駅から徒歩3分の便利な場所で、それも閑静な住宅地の中。

 

普通ならとてもいい条件の場所で、どうしてこんな資産が出来てしまったんだろう・・・・

 

 

 

4件の内2件の「空き家」の所有者を探し、状況を説明して同時売却の話をし

 

区役所と道路延長の折衝をし、近隣の方々との交渉‥‥

 

だけど区役所からも近隣の居住者からも無理難題を持ち掛けられ、

 

挫折ばかりを繰り返しながら4年も経った時、

 

いろんな状況が一気に変わって一括売却へ進みました。

 

5か月前の4月に売却の契約をして、開発許可申請の手続きを進め

 

ようやく今日、所有権移転が出来ました。

 

 

約60年前の昭和30年半ば、何かの間違った許認可で、

 

本来は建てられないハズの土地に家が建ってしまい

 

普通に一般市場で販売されてしまった住宅。

 

その時代背景に何があったのか、その場所をビジネスとして利用した人が当時何を考えていたのか

 

そして、その場所を購入した現所有者のご両親が、どんな思いで過ごし、

 

どんな思いで子供たちに譲っていったのか・・・・

 

ご自分の買った家が将来建替えの出来ない資産だと理解したのがいつなのかはわかりませんが

 

そのどうしようもない資産を相続したお子さんたちがずっと抱えてきた悩みが、ようやく解決できました。

 

 

来月から解体を始め、12月から開発道路を入る工事に着手して、

 

来年2月末ごろまでには新しく5区画の分譲宅地を創ります。

 

 

「おいしいおうち」らしく、建売分譲にはしません。

 

あくまでそこに住まう人にあった注文住宅の為の宅地分譲です。

 

だけど、出来上がりの街並みにテーマを持たせて、大きな意味でのコミュニティを整えたいので、

 

工務店やそこに創り出すことの出来る「暮らしのカタチ」には

 

少しばかりの条件を加えさせていただきます。

 

いわゆる「建築条件付き売地」です。

 

 

 

場所は西武新宿線「東伏見」駅から徒歩3分。

 

東京都練馬区関町北‥‥

 

正式な販売はまだ先ですが、この横浜で「おいしいおうち」が創ってきた暮らしのカタチ創りを

 

来年はこの場所で行います。

 

 

 

丸5年。

 

ここまでに費やした時間は結構長かったけど、

 

とにかく、死んでしまった資産を生き返らせることが出来たことが

 

ひとまず嬉しいです。

 

ここから、いままで以上にこの場所に行くことが多くなりますが、

 

なんとか街を創りあげるまで頑張ります。

 

by Santa

 

不動産サイトが始まりました!

設計×不動産=土地専門店が発信する「注文住宅」への近道サイト。

是非、土地探しの時はご利用ください(__)

 

 

こちらが『おいしいおうち』のHP 

 

Webサイト『ニッポンの社長』に掲載していただきました

「どんな奴が仕事やってるの?」って思われた方、見てみてください_(._.)_

 

WebマガジンB-plusにて掲載中です☟

元サッカー日本代表の三浦選手がインタビューにやってきてくれた日のはなし...

 

『おいしいおうち』のFBはこちらです 

僕らの家創りのモットーは『Buffet Style』

あなた好みの『暮らしのカタチ』創ります_(._.)_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Santaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス