30数年前の借金で督促され、時効の援用で解決! | 福岡の司法書士 武富朋子ブログ

福岡の司法書士 武富朋子ブログ

日々の業務や気になった時事ニュースを紹介していきます。

~平成19(2007)年以前からキャッシング利用の方は過払い金発生の可能性があります~
~長年放置していた借金は消滅時効援用で解決できるかも~


テーマ:

 Nさんは、随分前に「全日信販」から

 

ショッピングした代金の支払いが残っていましたが、

 

督促もすっかり来なくなり、忘れていました。

 

 

 

 ところが、数年前から

 

ニッテレ債権回収

 

から定期的に請求書が届くようになりました。

 

 

 

 その中には、

 

全日信販から債権譲渡を受けた旨”が記載され、

 

放置していたところ、

 

このごろきた請求書には、

 

書面の中に「法的手続の準備に入らざるを得ません

 

 との文章の記載があり

 

電信振込依頼書”とセットになってきました。

 

 

 

 

 Nさんの

 

個品割賦元金は「39,800円

 

でも損害金は「195,006円」で

 

ショッピングの遅延損害金としては

 

元金の5倍になっていますビックリマークビックリマーク

 

 

 

 ショッピングの遅延損害金は

 

消費者金融の損害金より、低利なのですが、

 

Nさんの場合契約日は☆1986年

 

 つまり、32年も経過していたのです。

 

 

 

 Nさんは

 

30年も経っているから時効だろう

 

としばらく放置していたそうですが、

 

何度も来る文書に堪りかね、当事務所に相談されました。

 

 

 

 Nさんには、

 

時効が完成 していても、

 

”時効の援用” をしない限り、

 

相手方債権者は 時効処理 はしてくれない

 

ことを説明したところ、

 

納得して当事務所に依頼されました。

 

 

 

 すぐに、

 

時効援用手続きを取り、

 

Nさんの未払い債務は解消されました。

 

 

 

 Nさんのように、

 

30年以上という方は滅多にないケースですが、

 

10数年督促もないまま経過し

 

突然「債権回収会社から請求書が届いた」というご相談は、

 

増えているように感じます。

 

 

 

 「時効を援用する旨

 

の内容証明を送付するのが一番ですが

 

「自分で手続きするのは不安」

 

「面倒だし」

 

という方は、専門家に相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログはこちらから↓

本HPの過去ブログ
 

 

メール相談・お問い合わせは↓

手紙 こちら
 

 


 

 

「過払い金 /時効援用」 の無料相談 ならこちらへ↓

 

1.
2. 
 借金の消滅時効援用相談WEB

 

 

 

tomosaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス